サックス日和

還暦のおじさんのアルトサックスとバリトンサックスの練習日記

格付けチェック

YAMAHAのYAS280とYAS875EXを吹き比べ動画。
演者が意図的に変えて吹いているのでは?と疑いたくなるくらい違う。音の奥行きと輪郭に差が。。。
もし、そうだとしても、最後の説明が沁みる。
僕もそうだと思う。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

4/10 buzz

イメージ 1
buzzコネクションスクリュー(ヤマハ275-475用)
素材は、真鍮よりももっと硬い洋白(ニッケルシルバー)です。
これを変えるだけで、音質が変わる。
先日付けたスウィングチップよりさらに音の輪郭がハッキリして音が明るくなった。...
低音の芯が太くなったようにも感じる。
スウィングチップと重量を比べても格段に重いわけで合点がいきます。
もちろん個々の好みがあるので、これを嫌う人も居るでしょう。
ダークで枯れた音をイメージしている人はどうでしょう?

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

4/7 スウィングチップ

イメージ 1
赤マルのところに貼ってあるはスウィングチップというもの。
商品の説明は以下の通り。
http://www.select-inter.com/b.air_top.html
アルトサックスにも貼ってあるので効果は理解しているつもり。...
今回はバリトンサックスの本体とネックのつなぎ目のところに銀のものを貼ってみたところ、音の立ち上がりがしっかりした。輪郭がハッキリしたとも言える。
マウスピースの近くにも貼ってみましたが、ここは効果がありませんでした。
こんな小さな金属にこんな変化があるのは本当に不思議。
おでこに貼ったら利口になったりして。。。(笑)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

4/4 440Hz

チューナーのセッティングでヘルツ数が指定できますが、何が440Hzなのか?
が分からなかった。
ネットで調べてみると「A」のヘルツ数のことだったんですね。

サックスを習い始めたころは先生からの指摘でチューナーは442Hzでした。
ところが、先日のSing,Sing,Singのときは441の指示。
そして、ピンクパンサーになってから先生の指示で442に戻したところ、ネックに差し込むマウスピースの差込量が増えましてて、コルクがほぼ見えないくらいになってしまいました。その量、おおよそ5mmほど。
1Hzの違いでもこれほど違うとは・・・・。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

4/1 『D』

意識してリードの両端を下唇で支えると低いDが響く。
他の音はそんなに意識しなくても鳴ってくれるがDだけは例外だった。
空振り、リードミスやつぶれた音だったけど、前述の方法だと鳴る。
試しに、他の音もリードの両端を支えるとさらに良く鳴る。ちょっとした発見だ。
これはエアロフォンだと発見できないテクニック。面白くなってきたぞっと。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
スウィングするならForestoneブラックバンブーが良さそう。好みはMS。
使っているリードは本番用にキープしたいと考え、新しく同じMSをゲット。
試奏してみると明らかに固い。個体差か?
と思いつつ、葦のリードがそうだったようにナラシが必要なのかも?
かれこれ2時間ほど吹いてみたところ、馴染んできました。
確かにナラシが必要なようです。良い感じです。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

3/27 息継ぎ

ピンクパンサーの練習中ですが、昨日レッスンを受けたとき先生から息継ぎする箇所の指導がありまして、いままでのところとは違うところでブレスしなければならなくなました。

これがけっこう大変なことで、二日経っても上手くできません。涙
いままで主として小節の境目で息継ぎしていたのですが、これでは「行進しているようなので、怪しいピンクパンサーにはあわない。」ということでこうなりました。
確かに先生の言うとおりですが、僕のスキルが伴いません。。。(T_T)

でも、やっるっきゃぁ無いのだ!!v(~~:

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

3/24 タンギング

リードミスやかすった (音が出ない) りするのはタンギングで甘かったようです。
特に中間のA以上からD以下に下がるときにそうなる。
ノドを広げて、アンヴシュアを緩めて、少し強めにブレスすると具合がよろしい。
運指やリズムはエアロフォンで間に合うが、こればかりはバリトンサックスを吹かないと分からない。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

3/17 Blue Note Tokyo

イメージ 1
表参道のブルーノート東京で思いっきり演奏してきました。
初めて入りましたが、すんごいところだったんですね。
自分には不相応な場所と思いました。
でも、超気持ち良かったぁ〜

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

早いパッセージ

じじぃになってからの習い事は、とにかく飲み込みが悪い。
英才教育の意味はよく分かる年頃です。苦笑

今、練習中のピンクパンサーも一部で早いパッセージがありまして、#F・(G・A・#A)・(B・C・#C)・Dをカッコ内を3連符で上がっています。テンポは120。

流れるように上がっていくには、Bがキモのようです。
この場所ではTAキーを使って#A(♭B)を吹いているので、Bには2とTAキーを同時に放すことになります。
ここで違う音が混じったり、飛んでしまったりします。
そこで、GからBまでを2回繰り返し演奏してから、その流れで上がると上手くいく。
Bでほんの一瞬止まるのが良いのかもしれません。

翌日になって、またすぐにできる訳ではないので、同じようにGからBまで繰り返してから指を馴染ましてからだと、できるようになる。

何が言いたいのか?
早いパッセージでも、どこかにキモがあるようで、そのツボをつかめば短い時間で体得できるようです。
ただし、こんなことはWebのどこにも書いてないようなので、僕だけなのかもしれないけど。。。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事