ここから本文です
福岡で住み心地のいい家は、福建住宅株式会社
福建住宅株式会社、社長のブログ ラーメン記事もあるバイ!

書庫全体表示


イメージ 6

ブログ訪問ありがとうございます。
8月、残暑お見舞い申し上げます♪
↓↓↓
 
イメージ 2
↑↑↑↑
この家の写真部分をクリック!クリック!!
ブログ、また来てください♪

 
基礎工事、ベタ部分にコンクリートを流し込むベタコンクリート打設工事です。クレーン車を使い基礎部分にコンクリートミキサー車が運んできたコンクリートを流し込んでいきます。先ずは基礎外周部にコンクリートを流し込みます。


イメージ 7

コンクリートを流し込む際に空気が入り込んだりコンクリートがしっかり奥まで入り込まないことがあります。入り込んだ空気、奥まで入り込まない部分をそのままにしているとコンクリートに気泡が残り強度が弱くなります。そのため、コンクリートを流し込む作業をする際に写真で見えるバイクレーターという器具を使い振動により空気を抜きながら作業します。また、このバイブレーターを使うことで奥までしっかりと貫入させます。
コンクリートを流し込む作業のことを業界用語で打設(だせつ)といいます。

イメージ 1

外周部分のコンクリート打設の次は、基礎の部分部分に厚さ150mmになるようにコンクリートを打設していきます。
作業の際には佐新手前に見えるような計測器を使い、コンクリート厚が150mm以上あるか確認しながら作業します。

イメージ 2

コンクリートは圧縮力に優れる材料です。しかし、引張力には劣ります。その引張力に優れているのが鉄筋です。そこで鉄筋とコンクリートを両方使いそれぞれの長所を活かした建築資材が鉄筋コンクリートです。

弊社がつくる家は、基礎全体を厚さ150mmの鉄筋コンクリートでつくるベタ基礎を採用しています。家を支える基礎が平面で地面と接しているので不動沈下にも強い強固な基礎です。

イメージ 3

基礎の部分部分を厚さ150mmコンクリートを打設してコテ仕上げで基礎表面を均していきます。

イメージ 4

基礎配筋にコンクリートを打設しているアップの写真です。

イメージ 5

基礎ベタコンクリート打設工事完了です。

家づくり(新築、リフォーム、リノベーション)なら、
地元で創業37年福建住宅株式会社へお任せください♪
ご相談お問い合わせは下記の福建住宅HPへ!
福建住宅株式会社
住所:福岡市南区曰佐5−12−1
電話:092−593−7000
  
福建住宅株式会社「注文住宅」の3大特長
他会社さんと大きく違うメリットです!
 

《このブログは福建住宅株式会社社長のブログです。》




この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事