ここから本文です
福岡で住み心地のいい家は、福建住宅株式会社
福建住宅株式会社、社長のブログ ラーメン記事もあるバイ!

書庫全体表示

イメージ 1

ブログ訪問ありがとうございます。
↓↓↓
 
イメージ 2
↑↑↑↑
この家の写真部分をクリック!クリック!!
ブログ、また来てください♪
福岡市城南区樋井川の住み替える家、上棟です。
クレーン車とオペレーターさんと大工さん7名、現場監督の総勢9名で朝8時より作業開始です。
前面道路は片側通行となるため警備員さん3名による誘導をさせていただきました。当然道路使用許可は事前にいただいています。

イメージ 2

1階の柱を建てていきます。

イメージ 3

時折ある長い柱は通し柱(とおしばしら)といって1階から2階までの長さがある柱です。

柱の次は梁・桁(はり・けた)です。縦方向に施工する材木を柱(はしら)と呼び、横方向に取り付ける材木を梁・桁(はり・けた)と呼びます。

イメージ 4

木造住宅の各部の名称図です。

イメージ 5

梁・桁が組み上がった状態です。木造住宅の構造を支える骨組みの様子が棟上げの時はよく分かります。

イメージ 6

1階部分が組み上がった時点で計測器を使い、家の傾きがないかどうか。水平垂直を調べジャッキで調整して傾きを無くし、仮筋交い(かりすじかい)を取り付けて水平垂直にします。
写真で柱に取り付けてある斜めの材木のことを筋交いといいます。本筋交いは上棟後の大工工事で取り付けますが、上棟時に先ず仮の筋交いである仮筋交いを取り付けます。

つづく

家づくり(新築、リフォーム、リノベーション)なら、
地元で創業40年福建住宅株式会社へお任せください♪
ご相談お問い合わせは下記の福建住宅HPへ!
福建住宅株式会社
住所:福岡市南区曰佐5−12−1
電話:092−593−7000
  
福建住宅株式会社「注文住宅」の3大特長
他会社さんと大きく違うメリットです!

 

《このブログは福建住宅株式会社社長のブログです。》

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事