ここから本文です
エアガン関係が多いです ツイッターに投稿した内容を定期的にまとめてる感じです気楽に絡んで下さい(ツイッター hiro-ARS)

電動MP7マイコン制御

メカボが割れちゃっので
このあとAmazonでメカボ単体を
購入して分解

このメカボのシム調整って
めんどうですね〜

イメージ 1


トリガーの機構はあまり
弄りたく無かったので
そのまま使ってみたら
接点スイッチとしては
問題無さそうだったので
配線だけ引き直して使いました
(写真撮るの忘れました)

これで最後はセレクターの
スイッチのみになりました
こちらはトリガーユニットに
基盤とスイッチを取り付け
セレクタープレートが
フルオートの時に押す様に
取り付けました

イメージ 2

イメージ 3


配線もぎゅうぎゅうに
なっちゃいましたが

プリコックと
20発or40発or無制限の
調整ボリュームを付けて
完成です

イメージ 4


実際には組んではばらしが
何度も何度も続きました

実際の作動の状況の動画です
https://youtu.be/bZAR_95fc5k

イメージ 5


今回は全ての部品が小さくて
キツかったです(ToT)

この記事に

電動MP7マイコン制御

今回のMP7は野戦で使っている
ガスブロみたいに
ゲーム中にガチャガチャ弄りたいが
目標なのですが

上マルイの電動MP7
下VFCのガスMP7

イメージ 1


動作として
撃ち始める時にチャーハン引く
弾切れになったら
ボルトリリースレバーで復帰出来る
電動として作っていきました

この辺りは今まで何丁も
作っているので
問題無いなぁと思っていました…が
後々苦労することになりました

スイッチの数は
メカボの1サイクル検出
フルオート検出
トリガー検出
ボルトリリース
チャージングハンドル?
の5つになります

電コンノーマルの機構を見てみると
メカボから飛び出てる
カットオフレバーが
トリガー付近までパーツで繋がり
セミオートの時接点を外す
フルサイズ電動と同じ様な仕組みですが
全てが小さく配線を通す隙間も
無い状態でした

イメージ 6



フルサイズメカボの様に
メカボの中にスイッチも仕込めないので
今回はレバーから1サイクル検出
することにしました

イメージ 2


これが結構シビアで
途中ピスクラやカットオフレバーの
破損に繋がったのだと思います…
MAC10の時はもっと上手く
いったのにな…(ToT)

イメージ 3


メカボ単体でのテストで
セミオートが出来るようになったので
次は解除のスイッチを仕込みました

ノーマルのボルトリリースレバーは
下から上に動くダミーギミックでしたが
ボルトリリースっぽくさせるには
上から下に動く様にしなければ
ならなかったので
家に有った同じ直径のスプリングから
ノーマルと逆の動きになる様に
作り上から下に動く様にしました

そこで問題が…マイクロスイッチですら
入る所が無い(ToT)
結局外側を薄く削り
レバーを下げるとスイッチオフに
なる様に取り付けて
ギリギリ目立たない感じに
出来ました

イメージ 4


正直な所数回に一回は
失敗しそうなレベルの
加工でした(^_^;)

チャーハン部分のスイッチも
内側に無理矢理仕込んだので
写真すら撮れませんでした…

もうね
スイッチを付けた基盤を
ピンセットで取り付け
固まり始めるまで耐える状態です

この頃から少し無茶だったかなと
思い始めそれでも
メカボ単体のテストをしていると…

イメージ 5


割れました…
やっぱりコン電メカボって
ノーマルスプリングでも
割れるんですね(ToT)

つづく…

この記事に

電動MP7マイコン制御

インドアでメインで使ってるのが
エアガンがマルイの
電動MP7です

イメージ 1

交戦距離の短いインドアでは
初速も0.2gで60と低いし
拡張性もあるし
すごく使いやすいんですよね〜

ただメインで使ってるからには
これにも空撃ちしないように
オートストップ付けたいなと
前々から思っていたのですが
外用のエアガンを先に
弄ってしまうので
後回しになっていました

電動コンは前にMAC10で
マイコン制御で色々やっていたので
スペースは狭いですが
内側で要らなくなる部品を
外したり削ったりで
何とかなるだろうと
おもっていのですが…
今までで一番と言っていいほど
苦労しました(^_^;)

操作の基本はVFCのガスブロMP7を
参考にしていきました

次回はスイッチの取り付けから
始めていきたいと思います

しかしマルイのメカボって
凄い考えられてますね〜

この記事に

初めて記事を載せた時以来の
AE86ネタになります

AE86ネタってエンジンにしても
足回りにしても書かれ尽くしてますよね

一応さらっと紹介だけ
エンジンはAE111の黒ヘッドに
フリーダムコンピュータで
動かしています…う〜ん定番

イメージ 1


と、ここまでが普通の話しで
今回やってみたのが
エアガンで散々やってきた
音ネタになります

通常車で音ネタとなると
良いオーディオにアンプとスピーカーの
話しになりますが自分のは

アクセサリーのオンオフ
ドアの開閉
ライトのオンオフ
後は独立でスイッチ
これに合わせてモビルスーツサウンドが
鳴るようにしてみました

イメージ 2


システムとしては
車両のバッテリー+の12Vを
マイコン用の5Vにし
電源としました

入力信号はアクセサリーとライトは
12Vのオンオフをリレーを通して
5Vのオンオフにし

ドアの開閉はメーター内から
もう1つおまけのスイッチは
車両の使用してない
リヤワイパーのスイッチを利用しました

イメージ 3


出力はフロント右のスピーカーを使い
普通のオーディオの信号が
逆流?しないように
システムをオンにすると
リレーでオーディオから切り離し
マイコンからの音声を流すように
切り替え式にしました

おまけの独立スイッチは
発進シークエンスの音声を流し
ガンダムSEEDのストライクが
発進する感じにしてみました

これでオペレーターの合図で
『発進する!』って言う遊びが
出来るようになってます

こんなことしても少しも性能面では
アップしませんが色々規制が
厳しい車の改造ですので
乗ってて面白くするネタとしては
どうでしょうか?

最後に作動させている動画になります
是非観て下さいませ

ドア開閉からの動画です
https://youtu.be/EtF3sSl-KWo

こちらがエンジンスタートから
発進シークエンスです
https://youtu.be/MAVMeNI9Pxo

これで『発進するぞ!』なんて言いながら
スタートしたら面白そうw

この記事に

M249のカスタム色々紹介

やっと普通に?使えるようになって
思ったのですが…

このM249ってフィードカバーが開くし
チャージングバンドル?って言うんでしょうか?
ちゃんと動くので無駄に
ガチャガチャしたくなりませんかね?

動画見てると200発のマガジン付けて
フィードカバー閉めて
レバー引いて撃ち始めるこの一連の動作
ちょっとあこがれまして…

でもフィールドで無駄に
ガチャガチャしてても
結局は意味の無い動作に
なっちゃうのかなって思い
それなら発射弾数に制限掛けて
フィードカバーを開け閉めしてから
レバー引かないと撃てないように
してしまえば良くね?って言う
結論になりました!

もうゲームでの戦闘力より
エアガンをガチャガチャしたいだけ
なのかも…

ここまでは良かったのですが
元々フルオートしか無いM249なので
結局カットオフスイッチを
メカボ内に付けてセクターギアの
一回転を検出する事にしました

イメージ 1


こんな感じでスイッチを取り付け
検出に使ってます

この後フィードカバーの開閉と
レバーの引ききった時の検出は
1枚の基板に2つスイッチを追加し
検出する事にしました

イメージ 2


この辺は結構シビアですが
何度か良い場所を探り
取付け出来ました

ここまで出来ると後はマイコンまでの
配線とプログラムなのですが
配線が細いの
音ネタプログラムと
弾数制限プログラムの同時制御で
数週間費やしてしまいました
電子工作的な部分はまだまだ
勉強しないと駄目だなと感じつつ
とりあえずエアガン本体に組み込んだ
画像がこちらです

イメージ 3


かなり配線が増えてしまいましたが
ま、壊れても治すのは自分なので
良しとしました

これにテスト用の10発
STANAG用の30発
箱マガジン用の200発
お手軽用のほぼ無制限の
切り替えスイッチを付けて運用します
そのスイッチがこれです

イメージ 4


この状態に弾帯をガチャガチャさせる
ギミックとおまけ程度のリコイルを
追加しテストしてみました


テスト用の10発に設定しての
動画がこちらです

https://youtu.be/M8B3NbKtXwo

色々試してみた感想ですが
かなり面白いですw
実際の運用は200発での
オートストップになると思いますが
早く野戦で使ってみたいと思っています

5月まで野戦の無い北海道…
悲しいです(ToT)

弾帯ガチャガチャとリコイルは
うちの隊長に敵わんので
スルーしちゃいますw
ちなみに隊長のブログがこちらです

北部工廠
http://orzorz.militaryblog.jp

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事