ここから本文です
B級的トランスな日々

1968年生まれの『VIVO』

来年で丁度50周年という超老舗の喫茶店でお昼を食べる事にしました。

イメージ 1

リバーウォーク近くにある『VIVO』。この付近に行くとどうしても『悟空』のラーメンを食べたくなるのですが、ここも随分前から気になってました。という訳で漸く伺う事にしました。

イメージ 2

イメージ 3

そして我々のお目当は、580円の「セット・メニュー」。しかも3つの中から2つに絞るのがこんなに難関となるのは超珍しい ^^

イメージ 4


イメージ 5

セット・メニューには "おにぎり2ヶ" と "みそ汁" が付いてくる。勿論、お腹も満たされて有難いが、酒粕の様な香りのする "みそ汁" が何とも粋だ。

イメージ 6

相方は案の定「焼そば」を注文。ソースが甘いのが一寸残念でしたが、鉄板で提供してくれるのが高ポイント! あの弾ける音を聞くだけでも食欲が増して来るのだから不思議なものです ^^

イメージ 7

梵様は、チャンポンとどっちにしようか、かなり迷いましたが、八つ橋 鉄板の魔力には勝てず「スパゲティ」にしました。全てに当てはまるかどうか全く確証ありませんが、歴史の長い喫茶店のチャンポンって意外と専門店のより地味にハマってしまう法則が個人的にあるものですから (笑)。

イメージ 9

でもこのスパゲティも地味に美味しいです。具材もシンプルですが、このボリュームと値段で終日提供してもらえる事に感謝です。(因みに「ハンバーグ・焼肉定食」は鉄板でなく、お皿での提供との事なのでお知らせしときます ^^)


イメージ 8


『SNACK & COFFEE  VIVO』
福岡県北九州市小倉北区室町2-6-15
093-571-5641
7:30 - 15:00
日曜定休

この記事に

開くトラックバック(0)

今更言うまでもありませんが、小倉方面へ行くと必ず寄るのが黄金市場。そして思わず相方が見つけたのがコインパーキング近くにある

イメージ 1

お持ち帰り専門店『焼鳥やまちょう 本店』

この画像からは分かり辛いかもしれませんが、赤提灯に "3本100円" の表示 ! それを相方が見逃す訳がない ^^

イメージ 2

イメージ 3

で、自宅用に幾つか買ってみました。

レバー・砂ずり・ハツ (以上が各々3本で100円)
豚バラ・鳥皮・ホルモン (以上が各々4本で200円)

注文を入れた後、大将が全てのものに味噌ダレの様なのを塗り始めた ! 一瞬、頼んでもないのに何て事を、と思ったのですが、既に "後の祭り" ・・ ^^;

しかし! いざ自宅で食べると味噌っぽさなどなくザ・王道のタレ。しかもこれが仲々美味しい。値段が安いのはクラブ帰りの学生の為に、と大将が言ってた通り一串あたりのネタの数は他の店に比べて少ないですが、それでもこの値段は超有難い ^^

しかも炭火焼の良い香りもしっかり付いて、相方に先見の目(??)があったのかと頷いてあげた梵様なのでした ^^

『元祖 やきとり 持ち帰り専門店 焼鳥やまちょう 本店』
福岡県北九州市小倉北区黄金町3-25

この記事に

開くトラックバック(0)

『まるきん』を出て、お茶でもしようと伺ったのが『le peuplier』

イメージ 1

こういう感じだと分かりやすい場所にありそうですが、下至津交差点の角っこにあるので下手をすると見落としがちなお店です。

イメージ 2

イメージ 3

店内はこじんまりして、所謂 隠れ家的 "に・お・い" を感じさせる空間

イメージ 4

相方は「アールグレイティー」、梵様は「コーヒー」のケーキ・セットを注文

イメージ 5
相方のケーキは「イチゴのタルト (400円)」


イメージ 6
梵様のケーキは「フルーツショートケーキ (360円)」


見た目もですが味も素朴で値段も良心的。しかも全てが手作りの様で、オーナーはカフェスペースを遥かに上回る厨房に付きっきりで、こちらに然程かまう事もなくゆったり寛げるのが良い。(とは言え、非常に気さくでさり気ない接客です ^^)

そして、改めて わ・た・く・し は、スポンジ系の程良い甘さのケーキが大好きである事をここで再確認させられました (笑)。今となってはこういうタイプの店、有りそうで仲々無いのでちょっとした存在となりそうです。

イメージ 7


『le peuplier (ル・ププリエ)』
福岡県北九州市小倉北区下到津1-3-1
093-583-1253
10:00 - 20:00
木曜定休

この記事に

開くトラックバック(0)

ちょっと間を置くと無性に食べたくなるものって必ずありますよね。そんな一軒がこちら小倉北区の

イメージ 1

ま る き ん

イメージ 2

メニューはいたってシンプル ^^

イメージ 3

先ず、玉子 (茹で) を相方と2つ頼み

イメージ 4

「カツカレー S」も2つ注文する (因みに梵様はお初です)。

イメージ 5

我々にとってここのカレーはスナック感覚の一品。が、そこに目には見えない重厚感が加わりお腹が超満たされる。ルーはサラッとしてるにも関わらずに・・・だ。

しかもライスはSサイズとは言え、それ相応なボリューム。しかも当然ながらカツのサイズはSでない ^^ これが450円で満喫出来るのだから恐れ入るばかりだ !

イメージ 6

途中から辛みスパイスを加えて頂く。独特な程良い辛さが何とも癖になる。

イメージ 7

茹で玉子のむき方が余りに酷かったので、画像は省略気味 (笑) ですが、辛みスパイスとの相性も抜群。ワンコインの幸せを思う存分満喫致しました ^^

イメージ 8


『まるきん』
福岡県北九州市小倉北区田町7-15
TEL  非公開
日曜定休
11:00 - 14:00 位迄

この記事に

開くトラックバック(0)

天神方面の散策を終え、テイクアウト用にこちらにも立ち寄りました。

イメージ 1

『福岡三越』地下2階の『ブルーフォンセ』。工場が呉服町にあるそうですが、そちらでは直売場を置く事もなく、超潔くここ1店舗のみの営業です。

既に『ジャック・大濠本店』で買い込んだので、今回は2品に絞りました ^^

イメージ 2
限定モンブラン (567円)

イメージ 3
ミルフィーユフレーズ (451円)

これらも普段ならセレクションしないタイプですが、敢えて購入してみると甘み抑えめの滋味な ウ・マ・サ・・・。イートイン・スペースもない対面販売のみのスタイルは或る意味 時代に逆行した "超独創且つ超孤高" 的でハマりそうです ^^


『ブルーフォンセ』
福岡県福岡市中央区天神2丁目1-1 福岡三越 地下2階
092-771-8220
10:00 - 20:00
不定休 (三越に準ずる)

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事