ここから本文です
B級的トランスな日々

書庫全体表示

豪雨の唐津遠征でしたが、鳥栖に向かうとまるで嘘の様に晴れてました

先ずは久々の『鳥栖アウトレット』詣でに向かい、端から端までじっくり散策 でも洋服は想像
通りに何処も似たり寄ったりアイテムで衝動買いには至りません (笑)

でも、食卓用にお気に入りコースターを見つけられたのはラッキーでした。

で、唐津が AFTERNOON SHOW ならば、鳥栖で EVENING SHOW の〆食いですっ。
昼がラーメンなら、夜はココのうどんと決めておりました 

イメージ 1

ここの評判の良さは色々聞いてましたが、実際に食べてみないと始まりません。今回旅に出た最大
の理由も腹黒さ増す一方の相方たっての希望だった訳 w

イメージ 2

イメージ 5

お昼、ヘビーに食べたから質素なメニューで挑みたかったんですが、前夜からの打ち合わせ通りに
相方は「ごぼう天うどん」と「揚げいなり」、Bon ちゃんは「わかめ(玄海産)うどん」と裏メニ
ューの「栖鳥丼」(忙しい時間帯でなければ注文出来るみたいです。因に450円)。

イメージ 6

こちらが Bon ちゃんの玄海産わかめうどん。元々わかめ大好きなんですが、歯応えがかなり強く
噛み応え充分

イメージ 7

出汁は優しさの中にもキリッとした Bon ちゃんの様な研ぎ澄まされた佇まい・・・

イメージ 8

自慢の自家製麺は少し不揃いながらも、かなり力強くてもっちりしちゃってます この引き
の強さと弾力はオリジナリティー溢れてますねっ。

イメージ 9

こちらが「栖鳥丼」。やっぱり噂通りに旨かったです。醤油ダレの加減が良い感じで、玉葱が
エエ脇役やってます。御飯の盛りも多いので今日の Bon ちゃんには嬉しいプチ拷問でした

イメージ 10

相方のは素うどんが来た後から、揚げたてのごぼう天が配膳されました。ごぼう天マニアの相方に
はさぞ堪らなかった事でしょう。まるで Bon ちゃんに初めて遭遇した日の様に輝く様な瞳をしち
ゃってました ww

イメージ 11

イメージ 12

この揚げいなりは、外はカリカリに揚げられてるけど、中はモッチモチで熱々。90円で、こんな
異次元な一品が味わえるとはコスパ高いです

イメージ 3

御土産用に芋天まで頂いちゃって超恐縮でした。有り難うございます。横から撮ってないので分か
り辛いけど、この芋天 厚みが滅茶滅茶有るんです

お初の訪問でしたが、大将も女将さんも非常に気さくで居心地も凄く良かったです。次回はお昼時
にビシッと色々食べてみたいです。

イメージ 4

某ビールメーカーの応募券で当選したという、冷蔵庫兼テレビが仲々お茶目でした。地デジ前の
商品なのでデジタル・チューナー付けてるみたいでした。

Macintosh Classic みたいでお茶目ですなっ

『かつみ屋』
佐賀県鳥栖市元町1256-4
0942-82-0149
11:00 - 20:00
日曜定休

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事