ここから本文です
豊の国動乱物語
歴史ファンタジー小説ブログでミニ大河ドラマ風にしてみました。

書庫全体表示

無様な敗走

「全軍大友を追え!逃がすな!」

義久が叫び、義久の本隊も動き始めた。

根白坂を降り、小丸川を渡ろうとして、義弘は見慣れた兜が転がっているのに気づいた。

「待て。止まれ。」

「あの兜首をこれへ。」

家臣が兜首を義弘に渡した。

「石宗。月隈石宗ではないか。」

家臣がキョトンとしていると

「わしの年来の友人じゃ。」

そう言って義久は涙を流した。

「戦が終わったら我らの手で葬ってやろう。それまでは丁重に扱え!」


義弘の軍を始め島津軍が大友を追い、北上し始めた。

大友の軍は退却においてもバラバラで、武具を置いて逃げる者もいた。

「耳川までなんとか逃げよう。」

「そうじゃ。そこから北は我が領地じゃ。島津も追ってこまい。」

そんなことを口走りながら逃げていた。

1時間も走らないうちに雑兵が叫んだ。

「川じゃ。耳川が見えてきたぞ。」

「やっとか。」

「バカ!こんなに小さい川じゃないぞ、耳川は。」

そこは名貫川であった。

「どこじゃ?耳川は」

やっと耳川が見えてきた時、島津軍がついに追いついた。

「川に飛び込め!」

臼杵鎮続が叫んだ。

しかし、数日前からの雨で川は濁り、水かさが増していた。

武具を捨てていて抵抗できずに討ち取られたり、飛び込んで溺死したものが大勢出た。

一方、島津は耳川付近ではほとんど兵を失わなかった。



義久の本隊が耳川に着いた。

「川を渡って追いかけてはいないだろうな。深追いは無用。」

義久は辺り一面の屍を見いやった。

「戦いは我らの勝ちじゃ。戦は終わった。これらの兵も手厚く葬ってやれ。」

義久は家臣に指図した。



田原紹忍の放った早馬が、ようやく牟志賀の宗麟のもとに着いた。

「何だと…」

宗麟は「敗北」の言葉を聞いて愕然とした。

「どうされましたか?」

神父が宗麟に聞いた。

「我が軍が負けた。我らもここを経つ。豊後へ戻る。」

「荷物をまとめますゆえ、しばらくお時間を。」

「荷物などどうでもいい!退却じゃ。」

「お味方の兵を待ちましょう。」

「負けた兵が何の役に立つ?島津が耳川を越えて追いかけてきてるそうじゃ。もはや一刻の猶予もない。すぐに我らだけで退却じゃ。」

そう言って、宗麟は牟志賀にいた者を連れて豊後へ向けて出発した。


田原紹忍や大友の兵がようやく牟志賀にたどり着いた。

「大殿様!」

紹忍らは簡易な教会や礼拝堂を探して回った。

田原親貫が礼拝堂を壊そうとしている村人を見つけた。

「待て!この建物はわが大殿が建てられたものだぞ。」

「そんなこと知ったことじゃないわ。あんたら大友の武将か?大友のせいで、我らがどれだけ迷惑を被ったか。わしらの神社を壊したから仕返しにこれを壊しているんだよ。」

親貫は返す言葉が見つからなかった。

「一つだけ教えてやろう。神社・仏閣を壊せと命じた人は南蛮人と国へ帰って行ったよ。」

「何だと…」

「紹忍殿!紹忍殿ー!」

親貫が紹忍のもとへ駆け寄り、村人から聞いたことを話した。


その頃宗麟たちは宇目の梓峠まであと数里のところまで来ていた。

「村だ。少し食料を分けてもらおう。」

「御免。すまぬが少しご飯を分けてくれぬか?」

「ここには人に分けてやるだけのご飯はありません。」

「少しだけでも…」

「ないものはない!」

村人は宗麟の南蛮風の格好や南蛮人をみて頑なに拒んだ。

「仕方ない。あの峠を越えたら我が豊後じゃ。もう少し辛抱しよう。」

梓峠を越えて見えた村でも、宗麟たちは食料を分けてもらうことが出来なかった。

それどころか、宗麟らの姿をみるだけで戸を閉めている者もいた。

「一体どうしたというのじゃ…」

豊後国内では、大友宗麟・義統親子が柞原八幡宮に矢を射させたことが知れ渡っており、そう仕向けたのは南蛮人だと間違って広まっていたのである。


宗麟たちはようやく府内へ着いた。

一日遅れて紹忍らも府内へ着いた。

「皆の者、よくやった。大義。」

宗麟は力なく家臣に言った。

宗麟は梓峠辺りでの出来事がずっと気になっていた。

(以前は農民もわしを崇めてくれていたというのにどうしたのじゃ…)

(あの時農民が武器を持っていたらわしらは殺されていたかもしれぬ)

宗麟のなかで今まで築きあげてきたものが崩れさろうとしていた。





【紀行】耳川…大友兵が退却時に溺死した川

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事