1月の観察会、伊豆半島と沼津の巨樹ということで巡ってきました!

珍しく海老名ジャンクションの渋滞もなく、沼津には30分ほど早着します。
まず岡宮浅間神社の大クスから。

イメージ 1
なんたって強烈な日差しで、とんでもなく固い写真となってしまいました。
でも、皆さん巨樹の素晴らしさには圧倒されたみたいです。

イメージ 2
函南町内で食事。
丹那のコロッケが美味しいと大評判!
プリンも500円のところ1個150円にて特別にご提供いただきました!
大満足の食事でした。

イメージ 3
午後に入り天地神社の大クス。

イメージ 4
春日神社の大クスと巡ります。

イメージ 5
そして今日のメイン、河内の大杉と出会います。
急坂を登った甲斐がある勇姿です。

イメージ 6
そして戸田峠から富士山を愛でます。
素晴らしい絶景!

そして渋滞もなく、1時間近く八王子へ戻ってくることができました。
というわけで反省会ですが、いつも行っている店が都合で入店できず、ちょっとしたレストランに部書を変更!
これが大正解で、美味しいハンバーグにありつくことができました!
めでたし、めでたし!

イメージ 7
某○ばめグリルなんかよりも数段美味しいハンバーグでした!



この記事に

開く コメント(3)

22日、NHKの観察会が山梨県上野原市で行われました。
午前中は晴れの予報で、午後から曇り。
結局夕方には雨に降られちゃいましたが、東京に帰ってきたら雨は降っておりませんでした。
まあ、天気には恵まれたと思います。

朝1発目は山の神のモミ。

イメージ 1
木の下の土を利用するのに掘ったとかで、モミが倒れそうな雰囲気・・・・・
それでもしっかりと元気に生きております。

イメージ 2
近くの高台からは富士山がばっちり!
雪を抱く富士山は、やっぱり良いですね〜♪
その後、ふるさと長寿館に立ち寄りトイレとお買い物。
一挙に30名近く訪れたものだから、店員のベテランの叔母山が大パニック・・・・・
気をつかって声をかけても、( `,_・・´)フンッ!ってな感じで無視されました。
感じ悪いし・・・・・・

だから、もう一人の優しそうなおばさんに声をかけたら、しっかりお礼を言われてしまいましたが、工も対応が違うんですかね?
あそこは公的な施設だよね〜〜〜〜〜、やっぱりね〜

そして気分を悪くしつつ、一の宮神社の大杉へと向かいました。
ものすごい背の高いスギです。

イメージ 3
皆さん上を向いて口をあんぐり・・・・・・・
これだけ背の高いスギはそうそうありません。

で、お待ちかねの昼食の長寿食です。
見た目以上に量があり、満腹になるってのは長寿食ではないですね。

イメージ 4
なかなか美味しゅうございました。
女性には量が多いらしく、蕎麦やらジャガイモやらがこちらに回ってきます・・・・・・
さらに腹が破裂寸前なのはいうまでもありませんぐ。

イメージ 5
午後は堀之内のケヤキからスタート。
フクロウがいるらしいですが、今回は発見できませんでした。

最後に笹子峠の矢立スギへ。
今回は中型バスで、峠手前ではバスが転回できなくて、大慌て。
なんとか運転手さんの機転で、事なきを得ましたが、猛烈に反省です・・・・・

イメージ 6
何故か個々には流し目オヤジの曲が聴けるゼンマイ仕掛けの拡声器があります。
皆さんいじり倒したらしく、しっかりと壊れており、事なきを得ました。
このあとに笹子峠の酒蔵、笹一酒造に立ち寄り試飲をしこたま飲んで良い気分で帰ってきました。

年末に近いので、中央道も混雑気味。
いろんな所で細かい渋滞があり、最後は首都高を諦め信濃町から下道を。
今回の運転手さんに色々と助けられた一日でした。

この記事に

開く コメント(4)

環境省調査で、福井県大野市、岐阜県郡上市の巨木調査に出かけてきました。

旧白鳥町の石徹白がメインで、白山中居神社の森も調査しました。
ビックリだったのは、中居神社のスギがあまりにも立派なことで、樹高も詳細に調べると日本一のものも存在しているかもしれません。

初日は東京から福井まで電車で移動し、大野市のホテルで一泊でした。

途中に見たのは子持杉で、何度見ても迫力はすごいです。

イメージ 1

そして西光寺の大杉。

イメージ 2
この杉の枝振りも見事です。
大野市内のサンレア21というホテルに宿泊、このホテルがまたなんとも最高でした。
ビジホであるのに、部屋は12畳ほどの広さがあり、お風呂は足を伸ばしては入れるほどです。
こんなビジホ、見たことないです!

翌日はメインの調査となる白山中居神社と石徹白の大杉です。

イメージ 3

イメージ 4
何度見ても良いですね〜〜〜〜〜
人がまったく来ないのもGOOD!
大スギを独り占めです。

郡上市の巨木も数本取材して二日目も無事終了です。
3日目は帰りがけに福井駅でラッセル車の試運転に遭遇

イメージ 5
ニュースでは知っていましたが、まさか実際に会えるとは・・・・・・
北陸地方では、こういったラッセル車でも間に合うんですね。

帰りはこだまで、ゆっくりと帰ってきました。

この記事に

開く コメント(4)

15日から十和田湖周辺の巨樹調査に行って参りました!
朝の新幹線グリーンで八戸まで。
天気も上々で、取材・調査日和ですね〜〜

八戸でレンタカーを借り、そのまま十和田湖方面に向かい、取材できる巨木は当日中にということで頑張りました。

イメージ 1
奥瀬のブナ、当時は日本一ということでしたが、実際に再計測したところ福島県のものについで2位ということです。

イメージ 2
十和田湖北部の御鼻部山あたりから八甲田山方面。
こんな雄大な景色があったとは・・・・・・・
皆さん十和田湖南岸の休屋に行っちゃうので、この景色を見られる方は少数・・・・
東京近辺にあったなら、大観光地になってしまうでしょう。

イメージ 3
湖畔にある大カツラですが、熊五郎さんたちが付けた名前が乙女の祈り・・・・・・
名付けのセンスを疑うとか、そういう次元の問題ではなく、はっきり言って嫌です。
新しい名前を付けた方が良いでしょう。
カツラは悪くないんですけどね・・・・・・・

イメージ 4
御鼻部山の展望台からの十和田湖。
こちらからの写真はほとんど撮られていませんね。

イメージ 5
翌日は熊五郎さんの住処でもある法量のイチョウに向かいました。
昨年の台風で大枝の折損被害があり、木の大きさは半分になってしまっていました。
でもイチョウなので、100年後には元通りになります。
根元部分の幹に影響は無く、太さは14mと変わりありませんでした。

イメージ 6
蔦温泉周辺の遊歩道も歩いて回ります。
3時間ほどのコースを設定できそうです。
これで一応仕事は終わり、あとは楽しむだけですじょぉ〜〜
蔦温泉周辺まだ紅葉には少し早かったかな〜〜

帰りは那須に立ち寄り、数本の巨樹も調査です。

イメージ 7
乳イチョウ

イメージ 8
那須城趾にある、なかなか素晴らしいコウヤマキ。
これは関東一で間違いないでしょう。

イメージ 9
情勢がよく、枝振りも素晴らしく繁茂している状況で文句なしです。

イメージ 10
15年ぶりくらいで木の股地蔵のカツラにも立ち寄りました。
記憶ではあえぎながら登ったような気がしてましたが、実際には駐車場から3分ほどでした。
ひこばえが多く、主幹が弱っているようです。

イメージ 11
お昼にはロシア料理
念願のピロシキとボルシチ・・・・・・・大変美味しゅうございました
これは何度食べても飽きの来ない、最高に美味しい料理ですね

イメージ 12
最後に剱桂

イメージ 13
なかなかのカツラの巨木でした。
これも15年ぶりくらいの訪問です。
今回は帰りは盛岡から普通列車の旅で帰ってきました。
12本の列車に乗り継ぎ、新幹線代を浮かせます・・・・・・
といっても、相当疲れ果ててしまいましたが



この記事に

開く コメント(4)

に成田で観察会がありました。

成田といえば飛行機・・・・・・・・はい、しっかりと展望所に行ってきました!
機動隊の方が常時待機しておりますが・・・・・

イメージ 1
皆さん、童心に戻って楽しんでおられました。
飛行機オタクの方も一名いらっしゃって、新たな発見がありました!

イメージ 2
まずは印西市松虫寺のスダジイを見学。
これは小さなタブノキですが・・・・・・

イメージ 3
花は咲いておりませんが、吉高の大桜にも立ち寄りました。
その大きさに皆さんビックリ

イメージ 4
お昼には成田名物、ウナギをいただきました。
値段が張るので、会の方でも補助をさせていただきました。

イメージ 5
午後には麻賀田神社の大スギからスタート。
なんとなく不気味な神社で、びんびんと境内には強い気が流れておりました。

イメージ 6
で、市川團十郎の生誕の地、成田市幡谷の神社で、相当な大きさのシイノキを見てきました。

イメージ 7
蚊がたくさんいて、誰かさんが例のごとく10ヶ所ほど刺されておりました・・・・・・・
・・・・・って、自分なんですが
團十郎居住の地の碑もあり、碑は一目見ただけであとはシイノキのドングリ拾いに精を出します。
なかなかの名木だと存じます。

イメージ 8
最後は匝瑳市まで下り、安久山のシイノキを見学です。

イメージ 9

イメージ 10
もう、なにも言うことはありませんね。

イメージ 11
お婆ちゃんがお茶を入れて下さいました!
帰りの首都高が混雑が激しく、八王子には8時近くの到着。
でも、しっかりと反省会はやりました。
来月は栃木県鹿沼市となります。


この記事に

開く コメント(4)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事