ここから本文です
真空管アンプの自作と、クラシック音楽&家庭菜園&鉄道写真などなど
開設して4年4か月、自作真空管アンプの紹介とクラシック音楽、家庭菜園、鉄道写真、自然、食の安全・安心など欲張りのブログです。

書庫全体表示

 今回は、このコーナーでは、3台目のEL34プッシュプル・アンプの紹介となります。前回のEL34アンプは、2台ともUL接続のプッシュプル・アンプでしたが、今回紹介するのは、五極管使用でのアンプです。
 EL34(6CA7)は、私の好きな球で、これまで、かなりの数のアンプを作りました。壊した数も多いのですが、残してあるのも多い方です。 そのため、球のストックも相当数、持っていますが、全てかなり前に購入したものばかりです。本数では、松下(ナショナル)と、シーメンス製が多くありますが、私はメーカーには、あまりこだわらないほうです。「ムラードやテレフンケンのEL34が最高」とおっしゃる方が多いようですが、とても高価なので、今の手持ち分で十分です。
 
■我家のEL34(6CA7)
 
イメージ 1
 
一番、左がシーメンス社のもの。他のものと比べると細身です。かなり前にまとめて購入したものですが、今は結構、高いので驚いています。
松下製、このタイプの前はハカマが金属だったような記憶がありますが、それは持っていません。国産球は貴重です。
真中は、JJ製(旧テスラ?)写真では良くわかりませんが、頭が丸みがあり形があまり好きではありません。(自分のハゲ頭を見ているようです  )
右側の2種類はロシア製。黒い箱の物はエレクトロ・ハーモニクスと書いてありますが、ソブテック製ではないでしょうか?
一番、右側はソブテックの太管ですが、見た感じでは五極管ではなく,ビーム管構造のEL34のようです。このEL34をアンプに挿してみると、何となく音まで太く感じます。個人的には、あまり好みませんが、何となく珍しいと思い6本購入したものです。
全体としてメーカーによる音の違いは、私の耳では良くわからない。というのが正直なところですが、何となく松下製(ナショナル)が好みかな〜という程度です。
 
 
イメージ 2
このアンプは、10年ほど前に作ったものですが、友人からの依頼で、前回紹介した前段がSRPPドライブのPK分割によるEL34のUL接続ppアンプ製作時にタムラの出力トランスとシャンペンゴールドのシャシーでアンプを作って欲しいとの話があったため、OPTを購入して出来あがったばかりの、このアンプは、1か月ほどで解体。タムラの出力トランスと共に別のアンプが嫁入りしました。電源トランスも別のアンプに流用したため、現在は、壊したシャシーの残骸だけ残っています。
プリントした当時のアンプの写真が1枚、部屋から出てきたので、スキャナーで読み取り掲載しました。今見たら、放熱用の穴が無いですね。 まあ大丈夫ですが・・・・・
 
■回路図です。
 
イメージ 3
 
このブログでは、同じ回路のアンプの製作を、おすすめしているものではありません。また、アンプの試聴結果は、個人的な感想です。したがって、このブログ内記事の回路図等は、参考にしないで下さい。同じ回路のアンプを、お作りになるのは自由だと思いますが、全て自己責任の上、製作くださるよう、お願いいたします。投稿者としての責任は一切持ちません。真空管アンプ製作は、高電圧等による感電死や、火災、火気事故、シャシー加工時での怪我など、注意が必要です。安全第一で楽しいアンプ作りをしましょう。
 
 回路図の出力管のバイアス抵抗は、もう少し低い抵抗値のほうが良いと思いますが、この時は、UL接続も後からやってみようと思っていたためと、6L6系も兼用としたため420Ωとしました。
 いつものように、自己バイアスで、出力管のEL34の配線である、ソケットの1番ピンと8番ピンを繫いでいるのでEL34と6L6系(6L6GC/5881など)もそのまま挿し換え出来るコンパチブルアンプになっています。回路は、グリッド接地型、いわゆるムラード型です。PK分割と共に私の好きな位相反転回路です。
 五極管なので、電源部のチョークは省略しても、ハムは全く出ません。この程度の電源で十分だと思います。
ノグチのPMC-283Mは、ヒーター巻き線が多いのですが、6.3V3Aを2本取ると、5V3Aしか取れません。
 したがってEL34のヒーターは1.5A/本なので、この回路だと5814Aの分、多少オーバーしますが、ほとんど影響はありません。初段の6201(12AT7)は5V点火ですが、実際には5V以上になっていて、動作上、問題はありませんでした。このアンプは、かなり馬力のある、力強い音であったことを記憶しています。
 
 EL34のアンプは、壊さずに残してあるアンプが、まだあります。
「オールトランス結合のラインアンプ兼用メインアンプ」、なんていう、変なEL34アンプもあります。
機会を見て、また、このコーナーで紹介したいと思います。
 
【関連記事】
この記事に書かれているEL34のUL結合プッシュプル・アンプ(2台)の紹介は、こちらです。
 
では、今日は、このへんで・・・・HIROちゃんでした
 
 

この記事に

  • 顔アイコン

    EL34は現行管が沢山売っているので初心者にはいいですね。

    元新潟のU

    2014/6/7(土) 午前 7:51

    返信する
  • 顔アイコン

    Uさん、おはようございます。
    たしかにEL34は、多くのメーカーから沢山発売されていて、人気の真空管です。作りやすく、音も良く、おまけに出力も大きく取れますし、姿もスマート。市場から無くなる事はないですね。EL34アンプの愛好者も多いので保守用としても多くあるのでしょうね。
    難点は1.5Aというヒーター規格。(大出力なので仕方ないか・・)6L6GCは0.9Aなのに・・・・三極管接続のシングルアンプを地震で壊してしまったので、また作ろうと思っています。EL34の三極管接続はイイですよ。シングルで十分です。
    最近は大出力のプッシュプルは作る気が、あまり起きません。

    HIROちゃん

    2014/6/7(土) 午前 8:39

    返信する
  • 顔アイコン

    EL34の音が一番良いですね!ヤッパリ5極管はよいですよ。
    3結にしたらさらに良くクシックも聴けてこの球があれば他に欲しいもの無しです。
    私のところも数えてみるとEL34のアンプばかりです。
    それ以外は送信管アンプがちらほら。

    Kiyoちゃん

    2014/6/7(土) 午前 11:37

    返信する
  • 顔アイコン

    kiyoちゃん、こんにちは。
    EL34の三極管結合は、少し2A3みたいな感じ?の音がするように思えます。特性の良い出力トランスを使えば、シングルでもかなりいい線までいくと思いますね。

    HIROちゃん

    2014/6/7(土) 午後 0:01

    返信する
  • 顔アイコン

    はじめまして。のんきと申します。

    EL34、いい球ですね。僕も好きな球です。
    僕はロシア製しか知りませんが、いろいろなメーカーの球をお持ちで羨ましいです。

    時々お邪魔させて頂いて宜しいですか。
    古い記事も読ませて頂きます。
    ・・・。

    [ のんき ]

    2014/6/22(日) 午後 8:35

    返信する
  • 顔アイコン

    のんきさん、訪問ありがとうございます。先程別の方のブログから名前アイコンをクリックしましたが繋がりませんでしたが、今度はOKです。まだ、ブログはじめて2カ月もたっていませんが、今後ともよろしくお願いします。プロフィールも結構詳しくかいてありますので読んでみてください。

    HIROちゃん

    2014/6/22(日) 午後 10:54

    返信する
  • 顔アイコン

    今、6L6ppの製作を検討しています。参考にしています。
    ちなみに私は古稀の爺さんです。

    [ とんちゃん ]

    2017/5/6(土) 午後 7:26

    返信する
  • 顔アイコン

    今、6L6ppの製作を検討しています。参考にしています。
    ちなみに私は古稀の爺さんです。

    [ とんちゃん ]

    2017/5/6(土) 午後 7:29

    返信する
  • 顔アイコン

    > とんちゃんさん
    こんばんは。この電源部はチョーク・トランスを省略していますがチョークは使用したほうがいいですね。

    HIROちゃん

    2017/5/6(土) 午後 7:50

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事