ここから本文です
真空管アンプの自作と、クラシック音楽&家庭菜園&鉄道写真などなど
開設して4年4か月、自作真空管アンプの紹介とクラシック音楽、家庭菜園、鉄道写真、自然、食の安全・安心など欲張りのブログです。

書庫全体表示

今回は、UL接続と五極管接続の動作の切替が出来る、コンパチブル・プッシュプル・アンプを紹介します。このアンプは6F6、6V6、6L6系、EL34等が、そのまま挿しかえられることが出来るアンプとして設計しました。
 出来あがったアンプの外観です。この写真では6L6GC(5881)を挿しています。なお、写真では写していませんが、このシャシーはボンネット付きのシャシーとなっています。シャシーの厚さは、コンパクトですが、2mmとなっているため、強度は、しっかりしています。
 
イメージ 1
 
■このアンプの回路の特徴について
 
 このアンプの特徴は・・・・・・
 
 (1)出力管の動作は、軽い動作となっているために、出力管として
    6F6、6V6、6L6系、EL34等、多くの球で音の違い、見た目
        を楽しむことが出来るコンパチブル・アンプとなっている。
 (2)同じ出力管でもUL接続と五極管接続の2種類の切替を行う事
    で、音の違いを楽しむことが出来ること。
  (3)ドライブに、出力管の6BM8を使用していること。初段は6BM8
   の三極部のみで五極部を三極管接続とし、パワードライブによる
   PK分割で位相反転を行っています。
   そのために、PK分割回路での6BM8のカソード抵抗と、プレート
   抵抗の値は10KΩと低くなっています。
   (三極部1段のみ増幅なので、若干、入力感度は低く感じますが、
   通常の使用では全く問題はありません。コントロール・アンプなし
   でCDデッキの出力を直接入力しても十分な出力を得ることが、
   出来ます。
 
■回路図です。
 
イメージ 2
このブログでは、同じ回路のアンプの製作を、おすすめしているものではありません。また、アンプの試聴結果は、個人的な感想です。したがって、このブログ内記事の回路図等は、参考にしないで下さい。同じ回路のアンプを、お作りになるのは自由だとは思いますが、全て自己責任の上、製作くださるよう、お願いいたします。投稿者としての責任は一切持ちません。真空管アンプ製作は、高電圧等による感電死や、火災、火気事故、シャシー加工時での怪我など、注意が必要です。安全第一で楽しいアンプ作りをしましょう。
 出力トランスは東栄変成器の20W用のプッシュプル・トランスを、はじめて使用してみました。軽い動作なので20W用で十分です。コア材は何を使用しているかわかりませんが、安価で、なかなかいい音のトランスだと私は思います。 
EL34は、6V6や6L6などとソケットのピン接続が異なりますが、1番ピンと8番ピンを接続しておくとEL34も使用できるようになります。
 この回路だと出力管の動作が軽いので、電源トランスのB電源容量は230mA〜250mA位でも合計の電流値はオーバーしないのでOKです。
 なお、6F6・6V6などで使用する場合と6L6・EL34で使用する場合には、B電圧の切替スイッチで電圧を変えます。
 
試聴の結果ですが、音には人それぞれ好みもあると思いますが、私個人としては6F6のUL接続とEL34のUL接続の芯のしっかりした音を好みます。
6V6や6L6GC(5881)などのビーム管は五極管接続(ビーム管なのでビーム管接続といった方が良いのかな?)の方が、ビーム管としての特徴が出て、力強さの中にも広がりのある音のように感じます。
 
EL34は、私の好きな真空管。EL34を使用したアンプは、まだまだあるので、今後も順次紹介していきたいと思います。
 
【関連記事】
 
■このアンプ以外のEL34のUL結合プッシュプル・アンプ(2台)の紹介は、こちらです。
 
■6L6GC/EL34 兼用プッシュプル・アンプの記事はこちらです。
  
それでは今日は、このへんで・・・・・・・HIROちゃんでした

この記事に

  • 顔アイコン

    5極管は総じて清楚な音質ですね 6F6のアンプは製作した事はありませんが。同等管のUY42sとCZ504Dパラロフチンがありますが、やはり清楚な音質でした。EL34は、ギターアンプ(解体で現存なし)で、評判が良かった記憶があります。6V6はHIROちゃんに融通してもらった、U−606+PT-80で孫用ギターアンプ チャンプで、元気なアンプです。ロフチンのコンパチ挑戦して下さい.HIROちゃんならすぐつくちゃうかも?。最近はシングルアンプばかりのFJです。

    [ kfu**ta1j* ]

    2014/6/25(水) 午後 4:10

    返信する
  • 顔アイコン

    FJさん、こんばんは。コメントありがとうございます。最近は私もシングルが多いですが、このところアンプ作りは、仕事の関係もあり、お休み中です。
    5極管の音も悪くないですよね。それから、6F6(42)やEL34の3極管結合もいい音がしますね。
    6F6/6V6/6L6/EL34のコンパチアンプは、まだあるので、そのうちまた紹介します。

    HIROちゃん

    2014/6/25(水) 午後 7:55

    返信する
  • 顔アイコン

    僕も東栄の20wのPP用トランスを持っています。
    でも、黒色のカバーがない、金色むき出しのトランスなんです。
    6L6GCとこの東栄のトランスで、アンプを作りたいと思っていました。
    トランスカバーを考えてから使おうと思っている内に随分長い時間が過ぎました。

    自作でトランスカバーを作った経験が有りますでしょうか?
    ・・・。

    [ のんき ]

    2014/6/25(水) 午後 8:18

    返信する
  • 顔アイコン

    のんきさん、こんばんは。トランスカバーで一番簡単に安く考えるなら、ダイソーの100円ショップに売っている金属製の貯金箱がおススメです。大きさもいろいろあります。缶切りで、お金を入れる穴の面を切り取り、表は黒のスプレー塗料で塗装するとOK。または同じ100円ショップのプラモデル用の透明飾りケース。これもいろいろ大きさがあります。あとは四角いアルミケース(腰高シャシー)工作用の木と接着剤で箱を作りスプレーで塗装してもOK。これらは全部やったことがあります。このブログの8012A送信管アンプのトランスケースは100円貯金箱、811Aアンプのうちダイナミック・カップルド・アンプのトランスケースは汎用アルミケースです。写真を見てみてください。あとはシャシーの後ろ1/3の電源トランスも含めトランスの部分全体をアルミ板やアルミケース(腰高のシャシーでOK)で覆ってしまうのもありだと思います。
    トランスケースなしも自作アンプらしくて、いいと思いますが・・・・裸のトランスのままのアンプ結構、私は作ります。

    HIROちゃん

    2014/6/25(水) 午後 9:04

    返信する
  • 初めまして、オールディーズ、この秋61になる本物のオールディーズです(^^;;

    まず音楽ありき、そしてオーディオも大好き😊

    昭和61年くらいに持っていたオーディオシステム、とても今では買えません
    m(._.)m
    何しろ2回も転職して、収入半分以下😱

    アンプフェチですヾ(@⌒ー⌒@)ノ
    昔使ったパイオニアのA級アンプM-22
    それに何年か前に使ったトライオードの
    300Bの真空管アンプが、自分のベストでした😍

    懐古趣味はありません、、、
    しかし真空管アンプの素晴らしさ
    脳裏に染み付いてます(⌒-⌒; )
    CDよりLP
    トランジスタより真空管
    これが辿り着いた僕の結論です😉
    ベースの弦の丸味と太さを表現出来るのは、LP・真空管アンプの組合せです。
    残念ながら、CDではベースの弦の丸味と太さを再現出来ない。横幅しか表現出来ない。
    進歩した様で退化した分野ですね
    (; ̄ェ ̄)

    ちなみにこのアンプ、費用どのくらい掛かるもんですか😍😍ԅ

    [ オールディーズ ]

    2014/6/25(水) 午後 9:17

    返信する
  • 顔アイコン

    オールディーズさん、こんばんは。LPは今でも良く聴きます。もちろんLP用のイコライザアンプ、コントロールアンプ(プリアンプ)もオリジナルの自作の真空管アンプです。
    この投稿で紹介したアンプの費用は、真空管のメーカーにより大きく変わりますが安いロシア製の球を使って約6万円位、ボンネット無しの普通のアルミシャシーならもっと安く出来ます。また、出力トランスにどの位のクラスのトランスを使うかによって費用は大きく異なります。

    HIROちゃん

    2014/6/25(水) 午後 10:15

    返信する
  • 顔アイコン

    みーっけ! これですね。東栄のOPT-20P。
    僕のトランスに対し、カバー付きのトランスってことでしょうか。
    僕も6L6で3接で使おうかなァ、と思っています。
    6BMを使ってあるんですね。

    シャシーはフード付きとのことですが、フード付きシャシーは「LEAD」製しか知りません。
    どこ製のシャシーでしょうか。カッコいいので高価なシャシーなんでしょうね。

    ・・・。

    [ のんき ]

    2015/5/17(日) 午後 0:59

    返信する
  • 顔アイコン

    > のんきさん
    当り〜・・・ですが、これはケース付きです。のんきさんと同じ裸のタイプを使ったものは「6BQ5・6WC5」の書庫にある6WC5ppアンプです。見てみてください。
    このボンネット付きのシャーシは奥澤製のものです。1万円近くしますが2mm厚のアルミです。まだ使っていないのが1個あり、何に使うかもったいなくてまだ使っていません。

    HIROちゃん

    2015/5/17(日) 午後 1:09

    返信する
  • 顔アイコン

    HIROさん、こんにちは。
    KT88を使ったアンプの記事を見掛けませんが、お好みではないのですか?

    [ AKIHIKO HASEGAWA ]

    2018/9/16(日) 午後 6:50

    返信する
  • 顔アイコン

    > AKIHIKO HASEGAWAさん
    こんばんは。
    KT-88については、今から30年以上前と、かなり昔ですが、当時、会社の上司からの依頼で、KT-88のプッシュプルアンプを作ったことがあります。写真はありませんが、当時に書いた回路図のメモをこのブログで以前に紹介しています。画面右側の「その他アンプなど」の書庫に投稿記事があります。
    あくまで個人的ですがKT-88という球は好きではありません。KT-66のほうが作ったことはありませんが、音としては良いと思っています。
    私の作る技術が無いからかもしれませんが、KT-88は、ただ馬鹿でかい豪快な音のする欧州管と言うイメージです。

    私は、ほとんど米国系の球ばかりで作ってきた中で、好きな大出力管の欧州管はEL34(6CA7)ですね。

    製作したKT-88ppの回路図はこちらです。

    https://blogs.yahoo.co.jp/hirochan29dec2951/67336823.html

    HIROちゃん

    2018/9/16(日) 午後 10:31

    返信する
  • 顔アイコン

    そうでしたか。
    私もEL34は大好きです。

    [ AKIHIKO HASEGAWA ]

    2018/9/17(月) 午前 3:14

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事