ここから本文です
真空管アンプの自作と、クラシック音楽&家庭菜園&鉄道写真などなど
開設して4年4か月、自作真空管アンプの紹介とクラシック音楽、家庭菜園、鉄道写真、自然、食の安全・安心など欲張りのブログです。

書庫全体表示

前回までEL34/6L6GCのアンプは全てプッシュプル・アンプでしたが、今回はシングル・アンプを紹介します。しかもEL34/6L6系のコンパチブル・シングル・アンプ、おまけに三極管結合と五極管結合の切替、NFBのON/OFF切替、さらには・・・・・何と直熱管の6B4G(オクタルベースの2A3の6.3V管)も兼用できるという、コンパチブル・シングル・アンプです。
 多くの方が、このアンプのタイトルを見た時、EL34と6L6系のコンパチブルについては、それほど疑問は感じなかったと思いますが、何故、直熱管の6B4Gの兼用が可能なのか不思議に思われた方も多いのではないでしょうか。何故、6B4Gが兼用できるかは回路図の説明の部分で説明をするとして・・・・・まずは、その姿から紹介します。
 
イメージ 1
 
写真では、松下(ナショナル)製のEL34(6CA7)を挿してあります。
EL34の代わりに6L6GCなどでも良いのですが、直熱管の6B4Gを挿してみると・・・・・こんな感じです。(整流管は5AR4のままですが、出力管に合わせ、ST管タイプの5V4GなどでもOKです)
 
イメージ 2
 
6B4Gだと、見た目がだいぶ変わりますね。。。。。。。。。
配線の様子ですが、切替スイッチを5個も使用しています。・・・いつものように綺麗な配線ではないので、あまり良く見ないで下さい。
 
イメージ 3
 
■何故、6B4Gまで兼用で挿し替えができるのか?
 
EL34と6L6GCなどとはEL34のピン接続の1番ピンがG3で、6L6系はNCなので1番ピンと8番ピンを接続し、両方の球のプレート損失を超えないよう設計すれば基本的には、そのまま挿し換えて兼用が簡単に出来ます。
 しかし、どうすれば6B4Gも兼用に出来るかですが・・・・直熱の古典管アンプを作られた方であれば、回路図の電源部のヒーター(フィラメント)のハムバランサー部分の切替スイッチを見れば、その理由がわかると思います。
実は6B4Gのグリッドとプレート、ヒーター(フィラメント)のピン接続は6L6、EL34と同じなのです。(6B4Gのグリッド=6L6の第1グリッド) 問題は6B4Gは直熱管のためカソードがありません。したがって自己バイアスの場合は、フィラメントにハムバランサーを入れ、中点からバイアス抵抗とコンデンサを入れなければなりません。幸い6L6、EL34などのカソードピンの8番ピンは6B4GはNCです。従って、回路図のようにハムバランサー部分に切替スイッチを付ければ使用できるのです。6L6やEL34の時はハムバランサーからのアースとなり、好都合です。お分かりいただけたでしょうか?(なお、2A3や6B4Gの自己バイアスの場合、通常はバイアス抵抗は750Ωを使用しますが、ここでは800Ωにしました)
初段管には見た目も考え、6SL7を予定していましたが、ラジオ用の6AV6の手持ちが多くあったので、これを使用しました。6AV6は7ピンのMT管ですが、シールドケースに収めたためか、見た目の違和感はあまり感じません。(私の勝手な思い込みですが・・・・)
 
■回路図です。
 
イメージ 4
 
このブログでは、同じ回路のアンプの製作を、おすすめしているものではありません。また、アンプの試聴結果は、個人的な感想です。したがって、このブログ内記事の回路図等は、参考にしないで下さい。同じ回路のアンプを、お作りになるのは自由だとは思いますが、全て自己責任の上、製作くださるよう、お願いいたします。投稿者としての責任は一切持ちません。真空管アンプ製作は、高電圧等による感電死や、火災、火気事故、シャシー加工時での怪我など、注意が必要です。安全第一で楽しいアンプ作りをしましょう。
 
試聴の結果ですが、6B4Gはフィラメントの点火が交流(AC)なので、若干ハムが出ますが、ほとんど気になりません。しかし、できればDC点火にした方がよかったと思っています。6B4Gは2A3に似た音を出してくれます。
意外といいのがEL34の三極管接続のNFBなしの音です。EL34の三極管結合が、こんなにイイ音がするのかと感心します。
 しかし、このアンプ、先の大地震(当地は震度6強!)で棚の小型スピーカーがアンプに落下、そのため写真でわかるように電源のブロックケミコンの頭がつぶれて破損しています。そのため、あらためて電源を入れ、各部の電圧を回路図に記入しようと思いましたが、危ないので止めました。新しくケミコンを交換しようと思いましたが、別のアンプを作りたいので、このアンプは部品取り用に解体の予定です。(最近はアンプが増えすぎたので、新しいアンプを作るときは、既存のアンプを壊して部品を流用するようにしています)
いつ壊すかわかりませんが、少しもったいない感じも少ししますね。。。。
  このアンプは、アマチュアだからこそ出来るアイディア・アンプだと思っています。このようなアンプを設計するのも楽しみの一つです。私が作るアンプの半分以上は、何種類かの球が使用できるコンパチブル・アンプのためか、ローカル仲間からは、「コンパチ・じじい」と呼ばれています でもコンパチブルは止めた方がいいです。切替のスイッチがないアンプならいいですが、ヒーター電圧やB電圧の切替までやると、スイッチ操作の間違いで球を一発で破損させます。・・・・・・・
 
【関連記事のご案内】
EL34、6L6のプッシュプル・アンプについては、書庫の「EL34・6L6系アンプ集①」に何台か投稿してあります。ぜひ訪問してみてください。
 
■ご参考
  「オーディオ父さんの独り言」のブログ名でおなじみのKiyoちゃんがEL34のパラシングル・アンプの記事を投稿しています。
 下記のアドレスをクリックすれば、直接Kiyoちゃんのブログ記事に繋がります。訪問してみてください。他にも真空管アンプの記事が満載です
 
では、今日はこのへんで・・・・・・・HIROちゃんでした。
  

この記事に

  • 顔アイコン

    HIR​Oちゃん こんばんわ。

    ロードラインの意味が少し分かる様になりました。
    まだまだ、勉強が必要です。

    [ ぶんぶく ]

    2014/6/28(土) 午前 0:03

    返信する
  • 顔アイコン

    ぶんぶくさん、おはようございます。コメントありがとうございます。
    正直、私は長い経験だけでアンプを作っているようなものなので、真空管の知識については、いまだ理解していないところもあります。勉強が必要ですね。

    HIROちゃん

    2014/6/28(土) 午前 9:05

    返信する
  • 顔アイコン

    あまりにコンパチ過ぎてそそっかしい私では操作ミスをしてしまいそうです(^_^;)

    元新潟のU

    2014/6/28(土) 午前 9:48

    返信する
  • 顔アイコン

    Uさん、こんにちは。。。。
    このコンパチはヒーター電圧が全て6.3Vなので、それほど問題はないです。もっと複雑なコンパチブル・アンプがまだまだありますよ。。。。そのうち順次紹介します。自分しか操作が出来ないようなヤツです。(笑い)

    HIROちゃん

    2014/6/28(土) 午前 10:44

    返信する
  • 顔アイコン

    コンパチ、いいですねー。
    いろんな球の音を聴けるということですね。
    ちょっと、回路に工夫すれば、可能です。
    僕もやってみようかなァ。

    シングルアンプでやってみたいですね。
    回路が簡単なので・・・。

    [ のんき ]

    2014/6/29(日) 午前 10:12

    返信する
  • 顔アイコン

    のんきさん、こんにちは。
    これから、まだまだ多くのアンプを紹介しますが、ほとんどコンパチブル・アンプです。
    また、現在、新しいシングル・アンプを計画中ですが、これもコンパチの予定です。お金がないので部品が買えません。なので、どのアンプを壊して部品(トランス)取りをするか、思案中です。ここんとこ新しいアンプに使うお金は、どんなアンプでも、ストックの真空管や抵抗、コンデンサなどがあるので、だいたい0円で出来ちゃいます。シャシーも壊したアンプの残骸を利用し、再塗装などして再利用します。トランスを買うお金がないのです〜

    HIROちゃん

    2014/6/29(日) 午前 10:58

    返信する
  • 顔アイコン

    HIROちゃん先生こんばんは。
    ご無沙汰してます。
    すっかり英国古典管にはまった私です。
    Pen族、水平偏向出力管、11E1、12E1などなど。クオード型でアンプ作りましたし、350B用に作ったアンプはテレビ球に乗っ取られました。
    うちじゅうのアンプの出力管が英国管になってしまいました。6080までもGECで。
    300BPP作ったら次は直熱5極管かな。むふふ 削除

    [ baby ]

    2014/6/29(日) 午後 5:52

    返信する
  • 顔アイコン

    なかなかコンパチにするのは難しいものですね。
    特に多極管はスクリーングリッドの問題が常について回るので。。。
    これに差し替えできるかと思ったらバイアスがまるでダメとかも。
    動作条件良くてもソケットがMOソケットとか。笑 削除

    [ baby ]

    2014/6/29(日) 午後 5:59

    返信する
  • 顔アイコン

    baby さん、お久しぶりです。いったいどのくらいの台数のアンプを作ったのですか?
    Pen族ってPen45ですか?Pen45は、米国球の6V6と同じビーム管ですね。300Bも作るのなら、これも英国のSTC社の4300Aでお作りになってはいかがでしょうか?300Bより高いかも?
    直熱5極管ってPM24Dでも考えているのでしょうか?
    私は球屋さんで見ただけで音は聴いたことはありません。
    欧州球にのめりこむと、米国系球は作る気がなくなり、ハマってしまうようですね。私はお金がなくアメ球のストックが多いので、欧州球はやらず、米国系の球でいきます。
    これから、マイブログも直熱古典管アンプまだまだありますので、時々、見てくださいね。

    HIROちゃん

    2014/6/29(日) 午後 7:44

    返信する
  • 顔アイコン

    baby さん、確かにコンパチブルは少し難しいところがありますね。特に多極管はスクリーングリッドの定電圧化など、いろいろありますが、私が作るEL34などの多極管のコンパチは、最大定格のプレート損失からみれば、非常に軽い動作で電圧も低いです。なので、あまり考えないで作っています。(ダメね〜)私のアンプのほとんどが軽い動作です。(本来のその球の特徴は生かし切れていないと思いますが、それでも私は十分に楽しんでいます)近いうちに、また古典球のコンパチブル・シングルを作る予定です。今のところ少し仕事が忙しいのでアンプ作りは、お休み中です。しかも昨夜、包丁で指先をざっくり!爪の1/3を切り落とし出血止まらず、時間外の急患で止血して今は包帯でグルグル、バイアスピリン剤を飲んでるから血が止まりにくいのです。昨夜はズキズキ痛くて、今も痛いです。これでは当分シャシー加工も出来ません。
    明日の大学の授業は実験なので大変そう・・・・!片手ろくに使えないよ〜!

    HIROちゃん

    2014/6/29(日) 午後 8:06

    返信する
  • 顔アイコン

    作ったアンプは、ええっとね、メインアンプで6台かな。
    Pen族は45、46、46の改良球、Pen族の上位球で11E1、12E1持ってます。あれこれ差し替えしてます。全部エジスワンマツダでブラックプレートです。
    海外で叩き売られてるのを探してくるんですよ。
    古典ビーム管はスクリーンの定格が低く華奢です。だから250Vくらいの動作じゃないと安心して使えないです。
    ビーム管接続でぶりぶり鳴らすならVR105STやらVR150STやらがたくさん必要になってきますね。
    Pen族はKT族より素性の良い音です。ダイナトロン特性もあまり目立ちません。三極管を彷彿とさせる綺麗な高音も特徴。ビッグSTボトルのものは響きがとても綺麗。
    直熱5極管はPM24Dです。

    指の怪我、痛たたたた。爪をザックリやるとそれはそれは痛いですよ。爪が伸びるまで痛いですよ。どうかお大事になさってください。 削除

    [ baby ]

    2014/6/29(日) 午後 8:21

    返信する
  • 顔アイコン

    エ〜っ そんなに短期間で6台も作ったのですか〜。。。。驚きです。
    やっぱりPM24Dなんだ〜 凄い!セレブ?ですな〜

    VR105も3本位持っていましたが、あまり使う気がしません。コンパチにしなければツェナーダイオードの方がいいかも・・・・・でも私はどちらかというと3極管が専門。多極管はせいぜいEL34、6L6、6V6あたりの軽い動作のアンプです。私のアンプの回路はシンプルで、部品はなるべく少なく簡単に・・・・でも多極管ならEsgを定電圧にした方がいいでしょうね。。。。
    指の怪我のお見舞いのお言葉・・・・ありがとさんです。PCも打ちにくい・・・・まだ痛いです。。。。。

    HIROちゃん

    2014/6/29(日) 午後 8:45

    返信する
  • 顔アイコン

    停電圧放電管は見た目のグローも綺麗です。立ち上がりでちょっともぞもぞするのも生き物っぽいですし、スクリーングリッドの安定度も良いと思います。巻き添え発振で異常グローした時はかなわんかったですけれど。。笑
    ツェナーよりオススメですよ。
    ただ電源落としても放電開始閾値の電圧が残るのでうっかり感電とかありますね。 削除

    [ baby ]

    2014/6/29(日) 午後 9:14

    返信する
  • 顔アイコン

    もう多極管のハイパワー・ppアンプなんかは作らないですね。たぶん?
    なので・・・・定電圧は必要ないかも?まdあわかりませんが・・・

    これからは、音楽を楽しむことにも少し重点をおきたいですね。

    HIROちゃん

    2014/6/29(日) 午後 9:46

    返信する
  • 顔アイコン

    最近は古典ビーム管PPなので9-10W程度ですよ。
    ハイパワーかな?
    6080PPも10W+10Wです。
    PM24Dシングルも10W+10Wですよ。
    うちの超低能率スピーカーだとフルオケや映画音楽なんかだと苦しい場面が出てきます。普段でも2W食らうので。。。
    だって80dBだもの。 削除

    [ baby ]

    2014/6/29(日) 午後 11:55

    返信する
  • 顔アイコン

    80dBはだめよ。モット能率の高いスピーカーをお使いになったらいかがでしょうか。。。。フロアタイプでなくてもブックシェルフタイプで十分なのがいくらでもありますよ。。。
    あら12時過ぎちゃった。明日(もう今日だ)は朝1時限目から授業なので寝なくちゃ・・・・オヤスミナサイ

    HIROちゃん

    2014/6/30(月) 午前 0:25

    返信する
  • 顔アイコン

    おはようございます。
    秋まで月曜日は定休日なんです。るんるん
    ちょっと特殊なスピーカーなので仕方ないですね。うちの近所の自作アンプの会の人にも同じスピーカー持っていて真空管アンプで鳴らしてる人います。
    困ったことにこのスピーカーは真空管じゃないと鳴らないんです。
    なのでスピーカー取り替えるは今のところ選択肢としては存在しないです。 削除

    [ baby ]

    2014/6/30(月) 午前 10:16

    返信する
  • 顔アイコン

    babyさん、こんばんは。今、仕事から帰ってきました。月曜日はルンルンですか。。。。アンプ作りが出来ますね。私の仕事は非常勤なので週3日の勤務。水曜日、木曜日はルンルンです。8月になると夏休みになるので、後期の授業までは毎日がルンルンでプー太郎です。ただ夏は汗が出るのでアンプ作りは大変ですね。
    スピーカーの件はわかりました。何か新しいアンプを作ったら報告して下さいね。。。。。。

    HIROちゃん

    2014/6/30(月) 午後 7:28

    返信する
  • 顔アイコン

    ステレオ自作 さん

    訪問と「ナイス」ありがとうございます。
    こんな変わったアンプ・・作る人はいないでしょうね。
    先の大震災で一部破損していますが、壊さずに直すことにします。
    これからもよろしくお願いします。

    HIROちゃん

    2015/1/21(水) 午前 9:53

    返信する
  • 顔アイコン

    内緒さん、コメントありがとうございます。400V耐圧の切り替えスイッチは使用していません。このアンプではB電圧は280V程度です。
    現在良く使用するスイッチは日本開閉器の物。パーツ店ならどこでも入手できるでしょう。125Vなら10A、250Vで5Aの表示があります。正しい使い方ではないかも知れませんが、アンプのB電流で何Aということは無く、電流が少ないので500Vくらいなら、あまり気にしないで普通に使っています。

    コンパチブル・アンプは好きですが、人にはおすすめしません。回路も場合によっては複雑になりますし、真空管の規格や動作例を熟知していないと設計ができません。また使い方を間違うと球を壊します。このブログと同じ回路での製作は、おススメしませんし、責任は持てない適当アンプであることをご承知ください。

    HIROちゃん

    2015/8/6(木) 午後 0:15

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事