ここから本文です
HIROCKY’S☆CLUB
演歌歌手☆田川裕之・ヒロッキーの♪ENKAな☆気まぐれBLOGです!

書庫全体表示

7月を迎えて

お元気ですか?
東京は真夏なんですよ。
電車は冷房が寒すぎたり〜で、体調気をつけましょうね!
先週は、テレビのニュースで、うちの田舎・田川地方の大雨が報道されてましたが、

また台風の影響で注意が必要ですね。
昨年の朝倉の集中豪雨によるたいへんな被害もまだまだ復興中でもありますし、
どうか大きな被害などありませんようにと思い祈るばかりです。

月末は、うちのスクールのイベント&後援会の懇親会でした。

7月に入りました。

今年音楽生活60周年を迎える恩師・平尾昌晃先生。
今月21日、一周忌を迎えます。

先生の音楽生活30周年記念のコンサートからの出会いでしたから、
30年になりますね。
先生とのエピソードみたいなものは尽きません。

思いは少しでも、いや、僕でやれるだけ、先生に恩返しで応えていける自分に。
公私ともに先生といた時間。先生から学んだ財産をまた先生の息のかかった場所
で、僕を存在させていただける機会を与えていただけました。

今月から、平尾昌晃歌謡教室でクラスを担当します。

あまりにも大きな大きな先生でしたが、生涯先生は、歌手、作曲家、プロデューサー、チャリティ・ボランティア活動と。いつも妥協なく、常に平尾昌晃で。
先生は「これからの歌い手はなんでもできる人間じゃないといけないよ」と導いて
くださり、僕も歌手でいることを軸にどれも中途半端にしないようにと、
ものすごく無器用ながら、先生の下、ずっと頑張ってきました。
先生が目標でした。

いいえ、先生はスターであり、日本を代表する音楽家。
売れない歌手でも、歌を芯に先生のような「人間」になりたかった。
そんな僕の無器用さを一番わかってくれてた。
だからこそ育ててくれたんだと思います。
本当にいつも自然体で。

もっともっと教わりたかった思いが、叶わない現実を受け止めた時、
「きっと先生だったら、こう言うな」「きっと先生だったら、こうするな」って、
いつも先生を感じながらの毎日。
僕の中の先生との世界。
これからもずっと変わりません。

ずっといます。

イメージ 2



★レギュラー番組「夢劇場音楽堂」テレ玉毎週水曜日あさ5:30〜放送中!
田川裕之公式ホームページ
イメージ 1http://tagawa-hiroyuki.com/

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事