全体表示

[ リスト ]

 20101月にアテンディング外科医となって早2年以上が経ちました。
 
 仕事の環境は少しずつ変化してきていますが、自分の興味の対象はやはり手術を中心とした臨床にあります。手術は、定型手術なら人前にできるようになったと思っていますが、周りの名人から学ぶことはまだまだあります。応用型手術も数多く経験しました。こちらも当然のことながらもっと進化していかねばなりません。心臓外科手術を極める道は長く、だからこそとても遣り甲斐があります。
 今後のステップアップのために必要と考えていることを纏めてみます。
 
術前に手術イメージを完成させておく
視野展開
決断と実行
各手順の完遂(特に長い応用手術で)
 
 記述すると当たり前のことですが、それぞれにこれまでの経験症例の裏打ちがあり、僕にとっては特別な重みを持った字面以上の要素ばかりです。
 
 手術とは別に、術前の症例検討の重要性も再認識しています。ハイリスク症例をいかに助けるか、を課題に取り組んでいきたいと思います。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

学生時代に教師と学生として知り合って以来、可愛がってもらった人が死んだ。遺骨は身をもって残した形見だ・・・とつくづくと眺めていると、夫人が「スッと死んだ。手の掛からん良え男やった」と言っていた。豪傑な夫によく似合った妻だ。良い手本だ。

2012/4/30(月) 午後 6:30 [ mar**aka43 ] 返信する

顔アイコン

アルティメット ドクター & USMLE トレーニング /アルティメット メディカル プロフェッショナル

(内科医、外科医、歯科医など)

医療専門にフォーカスしたディスカッション。循環器科医は循環器科学についてディスカッションする。一般医療については話さない。泌尿器科医は泌尿器科学についてディスカッションし、癌医療については話さない。

外国人患者と日本人患者は全く違う。

あなたは知っていただろうか?

外国人患者は、躊躇せず質問し詳しい説明を求めてくることを。

外国人患者は、診察前に自分でインターネットなど様々な方法でリサーチすることを。

外国人患者は、セカンドオピニオンを求めることを。

外国人患者に自信を持って対応できる能力を学ぼう。

外国人患者と信頼関係を築ける方法を学ぼう。

クライアントの業種に合った完全オーダーメイド。テキストの使用なし。

アンセル・シンプソン
ザ ソクラチック レビュー 削除

2012/5/14(月) 午前 0:55 [ アンセル・シンプソン ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事