全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

アロハ・タワー

ダウンタウンの海側、ホノルル港のピア8は、客船の時代に、ハワイの玄関として賑わったところです。

そこに建つアロハ・タワーは、高層の建物ができるまでは、ハワイで一番高い建物でした。

イメージ 1


このタワーの10階の展望台からは、ホノルル港の一帯を見ることができます。

西側は、ホノルル港、サンドアイランドの工場、そしてホノルル空港の滑走路も見ることができます。

イメージ 2


遠くには、ワイアナエ山地も見渡せます。

北側は、ダウンタウンから、カリヒの方向です。

イメージ 3


南は、ホノルル港口から、サンドアイランドの先端の公園、そして太平洋です。

イメージ 5


東は、アラモアナの方角、背の高い二本の建物は、コンドミニアム、ウォーターフロント・タワーです。

イメージ 4


手前の緑の屋根は、「アロハ・タワー・マーケット・プレイス」。
最近になって、撤退するレストランがいくつかあって、少し寂しくなりました。

この展望台も、小さなものですから、たくさんの人がくるという場所でもありませんが、ホノルルのある時代を思って、のんびりと時間をすごすには、いい場所だと思います。

開く コメント(5)

ピース・サービス

ハワイ州と広島県、ホノルル市と広島市は、それぞれ姉妹都市の関係にあります。

その関係で広島市からホノルル市に贈られた「平和の鐘」のレプリカが、ハワイ出雲大社の門前に置かれています。

毎年8月に、この「平和の鐘」の前で、平和を祈念する「ピース・サービス」が宗教をこえて行われます。

式典はまず出雲大社によるお祓いから始まります。

イメージ 1


続いて、各宗教団体や行政の代表の方が、挨拶されます。

宗教界からは、仏教、キリスト教、ユダヤ教の代表の方が、お話をされました。

イメージ 2


この方は本派本願寺(西本願寺)の方です。英語でお話と唱を詠われました。

ホノルルのYMCAの代表の方が、千羽鶴を捧げ、そのあと、ホノルルと広島のYMCAの方が、挨拶をされました。

イメージ 3


カイムキYMCAの子供たちは「We are the World」を合唱します。

イメージ 4


式の最後は、参列された方々が順番に鐘を撞いて、それぞれに平和を祈りました。

イメージ 5


第二次世界大戦が終わってから66年がたち、戦争を経験した我々の両親の世代は老齢になっている今、平和の意味は、私たちよりも、さらに若い世代の方々に引き継がれなけれならないという主催者のお話は、まさにそのとおりだと感じました。

なお「平和の鐘」は、普段は残念ですが、撞くことができませんので、ご了解下さい。

開く コメント(2)

カイルア・ビーチ

久しぶりに、カイルア・ビーチへ行きました。

やはり、ここは、ゆったりと時間が流れていて、くつろぐことが、できる場所です。

イメージ 1


思い思いに、ビーチで横になったり、波打ち際で遊んだり。

気持ちが、おだやかになるのが、わかります。

カネオヘの半島の向こうには、シルエットのようなクアロアの山並みも見ることができます。

イメージ 2


午後の時間ですが、日差しも、さほど強くはありません。

白い砂も、カイルアの特徴ですね。

イメージ 3


砂浜からは、ラニカイの入り口の石塔も見えます。

イメージ 4


のんびりと海を見ていたら、時間はあっという間に過ぎてしまい、今回は、ラニカイへ行くことができませんでしたが、それだけ、カイルアを楽しむことは、できました。

開く コメント(4)

今日のワイキキは、雲が少しでていますが、合間から、日の光も、たっぷりと注いでいます。

いつもの、アウトリガー・ワイキキ前のビーチから見た、今日のダイヤモンドヘッド。

イメージ 1


海に入っている人が少ないような気もしますが、どうやらその理由は、

イメージ 2


クラゲに注意という、案内が出ているからのようです。

まあ、そんなことは気にしないという人も、それなりにいるようですが(笑)。

イメージ 3


砂浜を歩いて、シェラトン・ワイキキに向かいます。

ヘルモア・プレイ・グランドのプールは、もう家族連れで、賑わっています。

イメージ 4


インフィニティ・プールは、ホテルの影にはいっているので、ちょっと暗い感じですが、それでも、プールと海の違いはわかりますね。

イメージ 5


今日から、明日日曜日にかけても、このような、少し雲が多めになりそうな、ワイキキです。

開く コメント(5)

子供の頃から、コマーシャルで親しんでいた「この木なんの木」のあるモアナルア・ガーデンは、ホノルル空港の北側にあり、日本からの旅行の方には、人気のある場所の一つです。

緑の公園は、どこをみても、モンキーポッドの木ばかり。

イメージ 2


イメージ 3


広い緑地が広がる、ホノルル市民の憩いの場所です。

イメージ 5


花を付けている木もありました。

イメージ 4


中央にある、このひときわ大きなモンキーポッドが、たぶん「日立に木」だと思います。

イメージ 1


この公園は、ハワイ王朝縁の場所であり、カメハメハ5世が子供のころ過ごしたというコテージもあります。

その意味でも、ハワイの人々にとっては、意味のある場所でもあります。

公園には何箇所か片隅にですが、この看板があります。

イメージ 6


モアナルア・ガーデンは、今は民間の財団が管理しているのですが、その管理費用のかなりの部分は、日立からの寄付金によってまかなわれているようです。

このような、繋がりがあるのも、日本とハワイにとって、大事なことだと思います。

開く コメント(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事