北九州Y建築家に終の棲家と人権を奪われた被害者の苦難の道のり、

実に巧妙な手口で半年遅れの欠陥住宅を引き渡し、責任を取らずに逃げてしまい、夫を雨漏りの犯人に仕立て上げ、最後は報復行為を

今日は母の命日、実に巧妙な手口で半年遅れの欠陥住宅を引き渡し、責任を取らずに逃げてしまったY建築家、夫の雨漏りの汲み出し作業をご覧ください,

責任の行方「法律を無視続けた建築家の資質」一生の住まいを業者に丸投げ、契約後、突然豹変した建築家 、一般消費者はこのような建築家を見破ることは出来ません 逃げた建築家に人生を脅かされた日々、職能団体の責任とは 福岡地方裁判所小倉支部、損害賠償請求事件、第1審判決 2015/1/15(木) 午前 8:39 福岡地方裁判所小倉支部 平成 26 年 9 月 19 日判決言渡 同日原本交付 裁判所書記官 平成 20 年(ワ)第1555号 損害賠償請求事件 (口頭弁論終結の日 平成26年6月6日)             すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

原発労働者の現実と思い「1980年代」及び「2012年以降」の若狭地域原発労働者の聴き取り調査から― 2017 年 1 月 16 日 梅田訴訟学習会レジュメ ...すべて表示すべて表示

土江証人尋問は,なぜ必要か? 弁護団 井下 顕 1  私たち弁護団が証人尋問を求めていた証人土江啓司氏は,梅田さんの労災請求において,最初の調査を担当した厚生労働事務官です。また本件 ...すべて表示すべて表示

闇に消される原発労働者

2017/7/22(土) 午前 0:09

福岡高裁、証人尋問の申請を却下 弁護士 池永 修 2017年4月26日、福岡高等裁判所第2民事部は、弁護団が求めていた土江啓司証人(梅田さんの労災調査を担当した労基署 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事