北九州Y建築家に終の棲家と人権を奪われた被害者の苦難の道のり、

実に巧妙な手口で半年遅れの欠陥住宅を引き渡し、責任を取らずに逃げてしまい、夫を雨漏りの犯人に仕立て上げ、最後は報復行為を

全体表示

[ リスト ]

 
平成23年7月21日最高裁の差し戻し判決
 
 
私たちのような案件を途中で引き受けてくださった
 
 
欠陥住宅全国ネットの弁護士の幸田雅弘先生の差し戻し判決でしたので
 
 
記事と致しました。
 
 
この判決は欠陥住宅被害者にとって朗報だと思います。
 
 
幸田先生は正攻法で闘う先生です、前の弁護士によって、流れを変えられ
 
 
これは危ないと思い、先生にご相談申し上げました。
 
 
最初から・・・・。
 
 
 欠陥住宅巡る訴訟、最高裁が再び審理差し戻し
 
 
購入した新築マンションに欠陥があったとして、大分県の男性が設計事務所と施工業者に計約3億5000万円の損害賠償を求めた訴訟の差し戻し上告審判決が21日、最高裁第1小法廷であった。

 金築誠志裁判長は「放置すれば居住者の生命、身体、財産を損なう危険が生じる欠陥がある場合は、実際に事故が起きていなくても設計、施工業者に損害賠償を請求できる」との判断を示し、原告敗訴とした差し戻し後の2審・福岡高裁判決を破棄。審理を再び同高裁に差し戻した。

 判決は、設計、施工業者が賠償責任を負う欠陥の程度について、〈1〉建物の強度不足につながる鉄筋の腐食や劣化〈2〉居住者らの健康を損なう危険があるほどの漏水や有害物質の発生――などと具体的に提示。こうした欠陥があったかどうか審理を尽くすべきだとした。
 
 

 
最高裁HPよりご紹介
 
 
事件番号        平成21(受)1019
事件名         損害賠償請求事件
裁判年月日      平成23年07月21日
法廷名         最高裁判所第一小法廷
裁判種別        判決
結果           破棄差戻し
判例集等 巻・号・頁
 
原審裁判所名     福岡高等裁判所
原審事件番号     平成19(ネ)576
原審裁判年月日   平成21年02月06日
判示事項
 
裁判要旨
 最高裁平成19年7月6日第二小法廷判決・民集61巻5号1769頁にいう「建物としての基本的な安全性を損なう瑕疵」には,放置するといずれは居住者等の生命,身体又は財産に対する危険が現実化することになる瑕疵も含まれる
 
 
-----
(以下PDFよりご紹介)
 
主 文
 
原判決を破棄する。
本件を福岡高等裁判所に差し戻す。
 
理 由
上告代理人幸田雅弘,同矢野間浩司の上告受理申立て理由第2について
 
1 本件は,9階建ての共同住宅・店舗として建築された建物(以下「本件建物」という。)を,その建築主から,Aと共同で購入し,その後にAの権利義務を相続により承継した上告人が,本件建物にはひび割れや鉄筋の耐力低下等の瑕疵があると主張して,その設計及び工事監理をした被上告人Y1並びに建築工事を施工した被上告人Y2に対し,不法行為に基づく損害賠償として,上記瑕疵の修補費用相当額等を請求する事案である。なお,本件建物は,本件の第1審係属中に競売により第三者に売却されている。
 
2 第1次控訴審は,上記の不法行為に基づく損害賠償請求を棄却すべきものと判断したが,第1次上告審は,建物の建築に携わる設計・施工者等は,建物の建築に当たり,契約関係にない居住者等に対する関係でも,当該建物に建物としての基本的な安全性が欠けることがないように配慮すべき注意義務を負い,設計・施工者等がこの義務を怠ったために建築された建物に上記安全性を損なう瑕疵があり,それにより居住者等の生命,身体又は財産が侵害された場合には,設計・施工者等は,不法行為の成立を主張する者が上記瑕疵の存在を知りながらこれを前提として当該建物を買い受けていたなど特段の事情がない限り,これによって生じた損害について不法行為による賠償責任を負うというべきであって,このことは居住者等が当該建物の建築主からその譲渡を受けた者であっても異なるところはないとの判断をし,第1次控訴審判決のうち同請求に関する部分を破棄し,同部分につき本件を原審に差し戻した(最高裁平成17年(受)第702号同19年7月6日第二小法廷判決・民集61巻5号1769頁。以下「第1次上告審判決」という。)。
これを受けた第2次控訴審である原審は,第1次上告審判決にいう「建物としての基本的な安全性を損なう瑕疵」とは,建物の瑕疵の中でも,居住者等の生命,身体又は財産に対する現実的な危険性を生じさせる瑕疵をいうものと解され,被上告人らの不法行為責任が発生するためには,本件建物が売却された日までに上記瑕疵が存在していたことを必要とするとした上,上記の日までに,本件建物の瑕疵により,居住者等の生命,身体又は財産に現実的な危険が生じていないことからすると,上記の日までに本件建物に建物としての基本的な安全性を損なう瑕疵が存在していたとは認められないと判断して,上告人の不法行為に基づく損害賠償請求を棄却すべきものとした。
 
3 しかしながら,原審の上記判断は是認することができない。その理由は,次のとおりである。
 
(1) 第1次上告審判決にいう「建物としての基本的な安全性を損なう瑕疵」とは,居住者等の生命,身体又は財産を危険にさらすような瑕疵をいい,建物の瑕疵が,居住者等の生命,身体又は財産に対する現実的な危険をもたらしている場合に限らず,当該瑕疵の性質に鑑み,これを放置するといずれは居住者等の生命,身体又は財産に対する危険が現実化することになる場合には,当該瑕疵は,建物としての基本的な安全性を損なう瑕疵に該当すると解するのが相当である。
 
(2) 以上の観点からすると,当該瑕疵を放置した場合に,鉄筋の腐食,劣化,コンクリートの耐力低下等を引き起こし,ひいては建物の全部又は一部の倒壊等に至る建物の構造耐力に関わる瑕疵はもとより,建物の構造耐力に関わらない瑕疵であっても,これを放置した場合に,例えば,外壁が剥落して通行人の上に落下したり,開口部,ベランダ,階段等の瑕疵により建物の利用者が転落したりするなどして人身被害につながる危険があるときや,漏水,有害物質の発生等により建物の利用者の健康や財産が損なわれる危険があるときには,建物としての基本的な安全性を損なう瑕疵に該当するが,建物の美観や居住者の居住環境の快適さを損なうにとどまる瑕疵は,これに該当しないものというべきである。
 
(3) そして,建物の所有者は,自らが取得した建物に建物としての基本的な安全性を損なう瑕疵がある場合には,第1次上告審判決にいう特段の事情がない限り,設計・施工者等に対し,当該瑕疵の修補費用相当額の損害賠償を請求することができるものと解され,上記所有者が,当該建物を第三者に売却するなどして,その所有権を失った場合であっても,その際,修補費用相当額の補填を受けたなど特段の事情がない限り,一旦取得した損害賠償請求権を当然に失うものではない。
 
4 以上と異なる原審の判断には,法令の解釈を誤る違法があり,この違法が判決に影響を及ぼすことは明らかである。論旨は,上記の趣旨をいうものとして理由があり,原判決は破棄を免れない。そして,上記3に説示した見地に立って,更に審理を尽くさせるため,本件を原審に差し戻すこととする。
 
よって,裁判官全員一致の意見で,主文のとおり判決する。
 
(裁判長裁判官 金築誠志 裁判官 宮川光治 裁判官 櫻井龍子 裁判官 横田尤孝 裁判官 白木 勇)
 
 

 
 ¤ˤۤó\֥�¼ ½»¤ޤ¤\֥� ¡ëì¸ͷú Ãíʸ½»Âð¡ʻܼç¡ˤØ(ʸ»ú¤򥯥ê\å¯) 
 
 
  変わらぬ応援をいただきましてありがとうございます。 
 

 
 前任の弁護士事務所に
 
被告、補助参加人、施工業者の顧問弁護士が・・・・、
 
電話もファックスも同じです。

この記事に

閉じる コメント(44)

顔アイコン

希望の光にだぶる・・・・m

2011/7/23(土) 午前 11:05 [ トム ] 返信する

顔アイコン

今後の欠陥住宅の被害者の為にも、重要な判例ですね。
正義を信じ、頑張ってください。

通常の考えが通る世の中になって欲しいと願ってやまないです。

応援しております。

2011/7/23(土) 午後 2:57 きぼう 返信する

司法はあくまで正義を貫き、正義を是として正しき道へ導くものであると私は信じてなりません。人を騙す仕事などもってのほか!
正しい真理、正しい判決へと導く司法の裁量を願います。
hirokaたんガンバレー♬♫ 〜♫♬

2011/7/23(土) 午後 5:45 たかちゃん 返信する

顔アイコン

なるほど、欠陥住宅全国ネットの幸田雅弘先生が訴訟代理人を務めてらっしゃるのですね。心強いですね!しかし、二度目の最高裁での破棄差戻しですから原告の方は大変です。最高裁も迅速化のための方策を一刻も早く講じないといけませんね。

応援の轡櫂繊

2011/7/23(土) 午後 10:49 [ フットマン@LAW ] 返信する

お久しぶりです

これは朗報ですね!
裁判って判例が大事ですし、最高裁の差し戻しなら二審が不十分ってこと。
hirokaさんや、同じ問題抱えているみなさんにとって希望の光となりますように。

2011/7/23(土) 午後 10:54 ゆひ 返信する

顔アイコン

こんばんは♪

急ぎ足でポチです〜〜(^_-)-☆

応援の〜〜ポチ☆村ポチ☆

2011/7/23(土) 午後 11:57 えどっち 返信する

アバター

本当に「最初から…」って思いですが、
これからであれ良い先生との出会いがあり、
また今回の判決が欠陥住宅で苦しめられている
方々へ希望を与える判例となったこと良かったです。

2011/7/24(日) 午前 5:08 こーママ 返信する

顔アイコン

おはようございます。

このような判例が出来ると励みになりますね。
頑張ってください。
応援します。

こちらは今日も涼しく過ごしやすい朝です。
今日も元気に頑張りましょう。
今日の村イン&アウト:オールポチ。( ^)o(^ )

2011/7/24(日) 午前 5:27 [ へんちゃんのラジコンと・・・ ] 返信する

顔アイコン

おはようございます。
励みになりますね。
最高裁でこうゆう判断がでると、その判例が履行されるので、良かったですね。^^
オールポチ

2011/7/24(日) 午前 6:13 岸 返信する

顔アイコン

おはようございます。

日曜日。ノルウェーの同時爆破・銃乱射テロ、中国の脱線事故でまた多くの方々が亡くなられました。心からのお悔やみを。
本日もご挨拶のみで失礼しますが、よい日曜日をお過ごし下さい。

本日の凸ポチッ☆と。

また暑くなりそうですね。

2011/7/24(日) 午前 6:38 社会福祉法人光照園 返信する

おはようございます。

今週も1週間、お疲れ様でした、本日のWのポチです。

2011/7/24(日) 午前 6:52 boketinn 返信する

顔アイコン



ありがとうございます。

2011/7/24(日) 午前 7:27 hiroka 返信する

hirokaたん♬♫ 〜♫♬
~~~ヾ(^∇^)おはよー♪ごじゃるごじゃる。
今日は朝から積乱雲!w雷が鳴っておりまする。
と・・・pcの上に何やら動く虫・・・
なんだろうとみてみますと、wカマキリの子ども”w初めてみました。
小さすぎてなんだろうと思いましたが、開いたノートの真上に横になっているのでカマキリのこどもだとしりました。
すでに大人と同じ格好です。w
驚きましたが、どこから入ってきたのかなん?o(*^▽^*)oアハッ♪
では今日も元気に行きましょうか!!
オールin&outですぅ〜♬♫ 〜♫♬
ヽ(´ω`*)ノシ=3=3イッテキマース

2011/7/24(日) 午前 7:34 たかちゃん 返信する

顔アイコン

おはようございます。
涼しい朝です。体に気をつけて下さいね。2ぽち。

2011/7/24(日) 午前 8:24 ぽらりす 返信する

「〈2〉居住者らの健康を損なう危険があるほどの漏水」「などと具体的に提示」されたことは、確かに「朗報」ですねぇ。Hirokaさんの案件のさらなる前進を願っております。

2011/7/24(日) 午前 8:51 mine 返信する

顔アイコン



真夜中にありがとうございます。

2011/7/25(月) 午前 4:41 hiroka 返信する

顔アイコン

最高裁が審理差し戻しをしたということは、やっと光が見えてきましたね。全ポチ

2011/7/28(木) 午後 2:56 シードル 返信する

顔アイコン



判例はとても重要な事です、
被害者にとっては朗報だと思います。
ありがとうございました。

2011/7/28(木) 午後 5:41 hiroka 返信する

顔アイコン

こんにちは。いろんな判断を見ると
第1小法廷がマトモのようですね。☆

2011/8/21(日) 午前 9:45 [ 冷静に新潟県を見つめる会 ] 返信する

顔アイコン



コメントを頂きましてありがとうございます。

2011/8/21(日) 午後 2:53 hiroka 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事