北九州Y建築家に終の棲家と人権を奪われた被害者の苦難の道のり

実に巧妙な手口で半年遅れの欠陥住宅を引き渡し、責任を取らずに逃げてしまい、夫を雨漏りの犯人に仕立て上げ、最後は報復行為を

全体表示

[ リスト ]




願いを込めて再度、記事にいたしました。


第3回口頭弁論 : 4月17日(月)14:00〜
多くの傍聴支援をお願いいたします。


 仏教では無常(むじょう)という言葉があります。この言葉を私は常ならずという意味で解釈しています。世の中のことは全て移り変わっていくもの。一つ所に留まることはないのです。どんな不幸な状態がやって来ても、その不幸が果てしなく続くことはありません。
 必ずいつの日か終わりが訪れる。そうして誰のもとにも幸せは必ずやってきます。」








hirokaは梅田さんを支える会に入っています。先日、送られてきたニュースレターを私自身が書き写した記事です。4月17日、多くの傍聴支援をお願いいたします






2016/01/11 に公開
●元原発作業員梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判 ● 1月8日(金) 最終弁論     ◆ 結 審 報 告 集会 ◆     ●時間:14:30〜17:00     ●場所:日本キリスト教団 福岡中部教会     福岡市中央区大名2-4-36









控訴審に至る原告の所信

 
原告 梅田 隆亮

 
 一審判決に至る4年2カ月の審理については、椛島敏雅弁護団長をはじめ、10数名の弁護士諸先生、又、奇跡としか思われない、現発作業従事者、斉藤征二さん、升元弘さんの2名の証言で、作業現場の性格な実態が明らかになりました。また、専門的な知識を有する方々の意見書や証言もすべて取り上げることなく、労災不支給の決定を追認するだけの判決が出ました。司法独自の責任を全く放棄した判決だと思いました。

 『原子力資料情報室通信』493号に掲載された原子力リスク情報の国際会議でも取り上げられています。13カ月毎に行われる原子炉の定期検査は電力正社員は、炉内作業には従事することはなく、すべて非正規雇用の作業員が参加し、何の災害補償も受けることない人々で点検工事が行われていることはご承知のとおりです。

 参加する作業員の方々もそれぞれの考え方で参加していますが、それでもこの世に生を受けて来た一人の人間であることを重く見ている裁判官もいることは事実です。原告である私が生きている間に正当に評価して頂ける判決がでることを切望します。

 現在、原告個人としては、ある雑誌に高名な作家であり、また仏教者として活躍されている瀬戸内寂聴さんの一文を紹介させて頂きます。

 「仏教にはじっと辛抱(しんぼう)する意味の堪忍(かんにん)という言葉があります。物事はうまく運ばない時は、下手にもがかずじっと耐え抜くことです。人の世は常ならぬときは時の変わり目をじっと待つ事です。

 また仏教では無常(むじょう)という言葉があります。この言葉を私は常ならずという意味で解釈しています。世の中のことは全て移り変わっていくもの。一つ所に留まることはないのです。どんな不幸な状態がやって来ても、その不幸が果てしなく続くことはありません。
 必ずいつの日か終わりが訪れる。そうして誰のもとにも幸せは必ずやってきます。」

との文章を読み参考にして、私は、控訴審に向き合っていきたいと考えています。




第3回口頭弁論 : 4月17日(月)14:00〜

門前集会13:30〜 入廷13:45〜 口頭弁論14:00〜

福岡高等裁判所「501大法廷」中央区城内1−1(地下鉄・赤坂から徒歩5分)

報告集会 15:00〜 場所:福岡弁護士会館(予定)

提訴5周年記念講演  崎山 比早子さん

高木学校メンバー、元放医研(3頁にプロフィール)



欠陥住宅の温床にならないように情報を発信していきます


欠陥住宅被害者を増やさないように












https://house.blogmura.com/chumonhouse/(文字をクリック)
 
ヤフー一戸建注文住宅(施主) 
 
 
人気ブログランキング 


 変わらぬ応援をいただきましてありがとうございます。


固定電話・記録として、午前1:04、11:36 表示圏外表示アリ



福岡県警察ストーカー被害を防止するために

勝手にお気に入りなさった人は拒否いたします。

又、身元の分からない方との交流は致しません。

交流のない人のナイスは要りません。





警察庁サイバー犯罪対策

2月9日〜17日まで記録

念のため、記録は取りつづけています。

その理由として民事暴力相談センターの担当者の助言として。


この記事に

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事