北九州(現福岡)Y建築家に終の棲家と人権を奪われた被害者の道のり

実に巧妙な手口で半年遅れの欠陥住宅を引き渡し、責任を取らずに逃げてしまい、夫を雨漏りの犯人に仕立て上げ、最後は報復行為を

全体表示

[ リスト ]



アクセス解析より

ウレタン塗装の失敗





見本 担当者が郵送

イメージ 1

皆さん、参考になさってくださいね。これも騙しの手口です。





 
この塗装を見た建築家は、浴室の前で座り込んでしまった。
 
 
裁判になると
 
 
最後まで手直しをしなかった
 
施工業者オ〇〇組
 
 
請負元の聞き取り調査では
 
 
日にちが経ったらいい色に落ち着きますと
 
 
 
言った施工業者と一体となっている。
 
 
本来なら、施主の立場に立つのが
 
 
設計監理を委託されたY建築家のあるべき姿だと思います。
 
 
施工が始って直ぐに豹変、
 
 
    常に施工業者の立場に立っていたのが建築家でした。         
 
 
塗装に関して、
 
 
ある建築家(名古屋)よりコメントをいただきました。
 
 
以前の自社物件において、
 
建具や和室木部のウレタン塗装仕上げを行いましたが、
 
当初の施工業者の塗装物件やサンプル提出等において、
 
合格レベルに達していなかったので、
 
他の塗装業者を当社にて探しました。
 
 
やはり、図面という紙に描いた以上、完成させる為には最善の努力をし、
                                  
実らせなければならないと思います。
 
それが建築家の仕事だと思われます。 





■ 何もかも重なって出来た欠陥住宅
 
 
■ 請負元→ホームズ(名義貸し)→施工業者
 
 
   請負元→施工業者、契約の経緯については関知していません。
 
 
  建築士事務所協会の役員3名 「九州で1,2になるような酷い欠陥住宅」 
    平成18年11月の発言 
 
 
 
 塗装の件も私たちが設計事務所へ連絡
 
 
  室内のすべての壁、扉のウレタン塗装を現場で仕上げたところ、
 
  すべて失敗   (通常は現場でしない)福岡市1級建築士、2級建築士、
             大手ゼネコン1級建築士他より)
 
 
  その後、現場を見た建築家は、浴室の扉の前で座り込んでしまった?
 
        他の施工ミスの時のY建築家の発言
 
        hiroka一人の時にわざと施工ミスをやっているわけではないと怒鳴っ
                 た。
 
 
             施工業者は建築家の推薦
 
 
 
                     予備室の開き戸 
 
  
 
 
    
                             浴室の折戸
 
 
 
 
 
                  1F トイレの開き戸のノブ回りと下端
 
 
 
 
 
■ 建築家はトイレの前から施工業者の現社長に電話、
 
  上手な塗装業者がいるので
 
  そこでやって欲しいと夫とhirokaの前で話をしていたようだ???
 
  補足 建築家の推薦の業者は却下、なぜ、却下されたのだろう???

  最終的には工場ですべてやり直しということになったけれど?
 
  処がその後、室内でも綺麗な仕上げができるという連絡。
 
 
  失敗をした塗装業者が何度もやり直し、又、失敗、
 
  その後、次の業者が嫌々ながらやり直しをしたが、巧くいかなかった。
   
 (私たちの状況に驚いていた、普段、施工業者と仕事はしない、現場監督から
 
  電話があったが断った、その後、社長自ら、電話があり、引き受けたという経
    緯
 
 
  最初に「これだけ失敗した塗装は元には戻らない」と言われた。
 
  「本当に酷い仕上げだ」
 
  結局、最初の塗装から7〜8回塗装のやり直しをした、
 
 
  設計事務所の担当者は一度も来ない、
 
  一度も来ない現場監督、業者に丸投げ。
 
 
  くる日もくる日も前の家から現場へ、鍵を開けて業者を待つ、
 
  養生、後片付け、拭き掃除。
 
  室内でウレタン途装をすると
 
  部屋の中が白い煙で覆われ床板は真っ白くなる。
 
 
  夜、夫が仕事を終えて現場へ・・・・私を迎えに来る毎日・・・・、
 
   誰も来ない現場、とうとう、施工業者へ連絡したところ、
 
  一度だけ、現社長が顔だけ出した。
 
 
  ほとほと疲れた・・・・・死ぬかと思うほどきつかった。
 
 
       断熱材他の手抜き、契約違反、質を落とされた。
 
 
 
                       階段から2Fの引き戸
 
 
 
 
                  
                  2F スロープからリビングへの引き戸
 
 
 
 
 
                       2F トイレの開き戸
 
                                              左側の壁はひび割れ
 




















欠陥住宅の温床にならないように情報を発信していきます


欠陥住宅被害者を増やさないように』


公益社団法人日本建築家協会会員・Y建築家




https://house.blogmura.com/chumonhouse/(文字をクリック)
 
ヤフー一戸建注文住宅(施主) 
 
人気ブログランキング 


 変わらぬ応援をいただきましてありがとうございます。

 


http://www.police.pref.fukuoka.jp/seian/kotai/stdv/045.html

福岡県警察ストーカー被害を防止するために

勝手にお気に入りなさった人は拒否いたします。

又、身元の分からない方との交流は致しません。

交流のない人のナイスは要りません。
 




警察庁サイバー犯罪対策


念のため、記録は取りつづけています。

その理由、民事暴力相談センターの担当者の助言として。


開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事