北九州(現福岡)Y建築家に終の棲家と人権を奪われた被害者の道のり

実に巧妙な手口で半年遅れの欠陥住宅を引き渡し、責任を取らずに逃げてしまい、夫を雨漏りの犯人に仕立て上げ、最後は報復行為を

全体表示

[ リスト ]

恐ろしいの一言









 
真実とは、
 
 
経験という試練に
 
 

耐え得るもののことである。
 
 
 
 
- アインシュタイン -





 
 
 
1級建築士の称号を持っている建築家 ①
 
 
 
マスコミや有名に成りたいだけの建築家が
 
 
言葉だけを
 
 
躍ら せ、パフォーマンスしています。
 
 
その通りでしたね。
 
 
Y建築士より
 
 
 
大変ご迷惑をお掛けしておりますが、
もうしばらくご辛抱ください。
我々も最善の努力をつくし、
一刻も早く囲炉裏の周りで、
笑顔でお会いしたいと思っております。
 
 
最後に、還暦おめでとうございました。
私の母も去年、還暦を迎えましたが、
最近の還暦は非常に若いと思います。
 
逆に今までどう生きてきたかによって、
還暦以降の輝きが違うと思います。
 
hirokaさんには今までどおり元気で、いつまでも
元気で輝いていて頂きたいと思っております。
その舞台が、無事に完成するまで頑張ります。
 
 
 
 
 
建築家へ、
 
あなたに中古住宅を建ててくださいと依頼したわけではありません。
新築の建物です。数々の聞き飽きた言い訳、
凄いというしか言葉が見つかりません。
 
 
 
何もかも人のせいにする建築家、
 
  

施主を陥れる建築家に出遭ってしまいました。












 











私のブログは弁護士の先生方や建築関係者の方たちも訪問いただいています。

欠陥住宅被害者が増え続ける現状、

ブログをはじめてから建築家、建築士、設計事務所

建設会社、ガーディンニングの会社関係者から心あるコメントを

頂いています。

又、引渡し後、手直しの最中、数多くの大手メーカーの関係者から

資料を送っていただくなど、公的機関も含めて

色々なご支援をいただきました。

家を建てて良かったと思えるような社会になりますように。


心ない建築関係者や

加害者側に立って考える方たちにとっては

目障りなブログかも知れません、

また、欠陥住宅被害者でない方、

受け取り方次第もあるかと思いますが、


すべて事実と証拠資料に基づいて記事にしています。


控訴審でY建築家の報復行為にあい、


まさか、報復行為を容認する関係者は

いないと思いますが?


裁判が終わっても嫌がらせ、


毎日、ストーカーに遭っていても


ひるまず、頑張りますのでどうぞよろしくお願いいたします。































欠陥住宅の温床にならないように情報を発信していきます


欠陥住宅被害者を増やさないように』


公益社団法人日本建築家協会会員・Y建築家
K・S大学教員






この記事に

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事