北九州Y建築家に終の棲家と人権を奪われた被害者の苦難の道のり

実に巧妙な手口で半年遅れの欠陥住宅を引き渡し、責任を取らずに逃げてしまい、夫を雨漏りの犯人に仕立て上げ、最後は報復行為を

全体表示

[ リスト ]







とにかく私共に関わっていただいている関係者は雨水を止めることに知力を結集し、私どもも必死に説明、写真を見ていただいている。


イメージ 1



最初から気になっていた斜めの形状、面におさめる設計。手直しの最中、メーカーも含めて関係者からこれは危ないという話が頻繁にあったがその通りになった。その上、見えないところでは契約違反、質を落とす、手抜き、とうとう、白アリまで飼育してしまった。

施工図面も殆どないような家造り、請負元の話としてサッシの施工図面が少しだけあったそうだ?再三、施工図面を要求したが渡してもらえなかった。


※ 屋根の交差する部分の施工の難しさ、形状

雨漏りが起きない建物になるためには形状を変えないと無理である。
水が集まるような傾斜の屋根ばかり、逆勾配の庇に通気口になっているところが居住空間、樋もない。他にも滝のように流れる箇所に樋がない。当然雨漏りが起きるリスクがあるということになる、すべて対策不能の設計であった。

オ〇〇組が引き受けた以上、オ〇〇組の担当者である1級建築士の現社長が改善を求めるべきである。オ〇〇組は高気密・高断熱で通気工法を施工する場合、この工法をどれだけ理解していたか、 

リビングの庇以外は軒の出もない軒天に通気口を設けると当然、雨水が浸入しやすくなる。ヤ〇〇建築家は設計計画段階でテラスの雨水処理の仕方、軒の出の長さ、水勾配などを考えて無理のないデザインかを確かめる必要があった。

その上、スロープと階段のサッシに水抜き穴がない。複層ガラスにアルミサッシ、水抜き穴は旭硝子も警告と書いているように水抜き穴がなければ室内に雨水が入る恐れがある。(現に階段、スロープに雨水が入った)
建物全体に施工中から雨漏りを引き起こした以上、双方ともに未必の故意だというべきである。

 請負元は答弁書の中でかりに雨漏りがあったなら設計の問題である。
又、ヤ〇〇建築家は最初から施工中の雨漏りを認めている、業者関係者によると施工中から頻繁に雨漏りがあったことは事実である。その上、原因究明もせずに施主に説明もないまま、途中で放置した、ますます、雨漏りが酷くなるのは当然のことであった。結末は木造だったら潰れたほどの水損被害。




 どんな目にあっても


私のブログは弁護士の先生方や建築関係者の方たちも訪問いただいています。

欠陥住宅被害者が増え続ける現状、

ブログをはじめてから建築家、建築士、設計事務所

建設会社、ガーディンニングの会社関係者から心あるコメントを

頂いています。

又、引渡し後、手直しの最中、数多くの大手メーカーの関係者から

資料を送っていただくなど、公的機関も含めて

色々なご支援をいただきました。

家を建てて良かったと思えるような社会になりますように。


心ない建築関係者や

加害者側に立って考える方たちにとっては

目障りなブログかも知れません、

また、欠陥住宅被害者でない方、

受け取り方次第もあるかと思いますが、


すべて事実と証拠資料に基づいて記事にしています。


控訴審でY建築家の報復行為にあい、


まさか、報復行為を容認する関係者は

いないと思いますが?


裁判が終わっても嫌がらせ、


毎日、ストーカーに遭っていても


ひるまず、頑張りますのでどうぞよろしくお願いいたします。































欠陥住宅の温床にならないように情報を発信していきます


欠陥住宅被害者を増やさないように』


公益社団法人日本建築家協会会員・Y建築家
K・S大学教員








この記事に

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事