北九州(現福岡)Y建築家に終の棲家と人権を奪われた被害者の道のり

実に巧妙な手口で半年遅れの欠陥住宅を引き渡し、責任を取らずに逃げてしまい、夫を雨漏りの犯人に仕立て上げ、最後は報復行為を

全体表示

[ リスト ]




依頼者の利益より業者の利益を守る建築設計事務所の役割とは?










【執筆者】河合 敏男(弁護士)は 幸田先生の関係者です。




下記に国民生活センターの住まいの基礎知識−トラブルを未然に防ぐために− 

バックナンバーの記事を貼り付けました。

http://www.jia.or.jp/img/nav/logo.gif


業者の下請けの建築家(似非建築家)を見破る方法は?

例えばキッチンの換気扇、2階に使えない換気扇を勧めた勉強不足の建築家、

図面の間違い、施工中に次々に仕様部材の変更、

契約通りの施工をさせることができない。

直ぐ、キレル、威喝する建築家を見破る方法は?

ありますか?



施工中から雨漏り、引渡し直前も雨漏り、

雨漏りが起きても電話連絡の対応は一度もなく、引渡し後、

間もなく(3ヶ月ぐらい)次々と雨漏りが起き、

平成17年9月建物全体に雨漏りが起きても現場には来ません。

担当者も同じです。その後、

施工業者の社長(当時常務)、建築家と一度だけ現場(和室)で会いましたが、

目をそらして勿論、双方とも雨漏りを出してすみませんの

挨拶はありませんでした。

施工業者の現社長、社員の口癖

「雨漏りが起きる家は家ではない。」

唯一、手直しに入られた親族の大工さんだけは夫にも私にも

「本当に酷い建物だった」と陳謝がありました。



実はY建築家は施工業者オ〇〇組の下請けの建築家でした。

一生の住まいを業者に丸投げした下請けの建築家、

新築の住宅を想像を絶する程の欠陥住宅を引き渡し、

雨漏りがあっても電話の対応もない、現場にも駆けつけない。

引渡し後は「弁解の余地はありません、私が見届けます」

言葉を並べて施工業者と逃げて逃げて、

卑怯なのは夫を雨漏りの犯人に仕立て上げ、ありとあらゆる言葉で貶めた。

そして、施工中から引き渡し後も大きな声で威喝、

施工業者の「破壊行為」に立ち合い、訳の分からない説明。

10年保証という品確法(法律)を無視した「確認覚書」に署名、立ちあい、

控訴審の最後は自分は関係ない、元担当者が私どもの家に行って説明したと

原告と施工業者の証拠があったにもかかわらず、並べ立てた。


途中で放り出した建築家、最後は報復行為に。

思うようにならなかったら、何度も悲鳴と捉えられるような言葉
(メール証拠資料あり)

時には施工業者の大工さん(手直し)に謝りながら、施工業者のせいに、

裁判では依頼主のせいに。

長きにわたって、依頼主の終の棲家と人権を奪ってしまった。

公益社団法人日本建築家協会は

このような建築家を会員としてあるべき姿だと思いますか?

Y建築家(K・・・・大学教員)

分かりやすく建築を学ぶ子供たちの教育上よくないと思うのですが?

法律は守るべきだというのが公益社団法人日本建築家協会では?

それとも国土交通省にお任せですか?

欠陥住宅の窓口もありますが、

公益社団法人として欠陥住宅を未然に防ぐ手だてがある筈?

せめて法律を守らせることが職能団体として責務だと思います。

欠陥住宅の始まりは業者の下請けの建築家、建築士から始まると思います?

でも一般消費者は見破ることは出来ません。

契約後、突然、豹変するからです。

これが依頼者を欺く手口でした。





消費生活・消費者問題に関する事例や対処方法を紹介しています。


http://www.kokusen.go.jp/images/logo.jpg

住まいの基礎知識−トラブルを未然に防ぐために− バックナンバー

 住宅、マンション、土地などを購入する際に知っておきたい基礎知識や注意点を紹介します。
  • 連載は終了しました。
    連載期間:2014年6月号(No.23)〜2015年8月号(No.37)


記事一覧


2015年8月号(No.37)


2015年7月号(No.36)


2015年6月号(No.35)


2015年5月号(No.34)


2015年4月号(No.33)


2015年3月号(No.32)


2015年2月号(No.31)



2015年1月号(No.30)


  • 第8回 建物の性能とは(後編)[PDF形式](157KB)
    【執筆者】河合 敏男(弁護士)
    前回に続き、建物の性能について紹介します。今回は(1)衛生についての性能(2)使用上の安全性(3)耐久性(4)快適性(5)意匠性などを解説します。

2014年12月号(No.29)



2014年11月号(No.28)



2014年10月号(No.27)



2014年9月号(No.26)



2014年8月号(No.25)



2014年7月号(No.24)



2014年6月号(No.23)






書庫 建築家の懲戒処分申立書






















開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事