ここから本文です
近江幻視行
知れば知るほど滋賀は神秘的・・・

書庫おしらせ

すべて表示

あまり深く考えずにブログのタイトルを「近江幻視行」としましたが、後から何となく意味があるような気がしてきました。 私も含め多くの人々が日々目の前の現実と戦いながら生きていますが、休日など一息ついた時に辺りを見渡してみると、見慣れた景色がいつもと全く違って見えたり、その景色の中に遠い日の幻を見て優しい気持ちになったり切ない気持ちになったりします。 このブログでは文章とともに滋賀県各地で撮影した画像や動画を掲載していくつもりですが、単なる画像や動画ではなく、そこに幻と言うか、何かスピリチュアルなものが感じられるようなものを目指していきたいと思っております。 ◆このブログの管理人「ひろき」がずいぶん前からやっいるブログはこちらです。 https://blogs.yahoo.co.jp/xxxxxxxhiすべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 神山というのは、たとえば大和の三輪、近江の三上山といったように、あまり高くはない。 けれども、何か共通の美しさと神秘性を備えており、遠くからでもすぐそれとわかる。 この文章は白洲正子さんの著書「かくれ里」の一 ...すべて表示すべて表示

  • 幻の根之堅州國

    2017/12/30(土) 午後 10:22

    地名には歴史の謎を解く上で非常に重要なヒントが隠されていることがあります。 実際、古事記や日本書紀に登場している地名が今もほとんどそのまま残っている地域があり、その場所が歴史的に重要な場所であったことを裏付けています。 ...すべて表示すべて表示

  • 晩秋の夜 その3 石山寺

    2017/12/5(火) 午後 11:16

    2017年、秋の夜の紅葉巡り、最後は大津市の石山寺です。 石山寺は747年に創建されましたが、本堂は巨大な珪灰石の岩盤の上に建てられ、その周辺にもごつごつとした巨岩が威容を誇っています。 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事