ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

W-ZERO3を購入して1月半、どうにかしてW-ZERO3もPSPのようにロケーションフリーTVにならないものかと、情報収集して来ましたが、以外にあっさりと出来てしまいましたので紹介します。

■必要なもの
(1)TVサーバーが動作するPC環境(TVサーバーは1,365円のシェアウェア)
--- TVサーバー http://www.vector.co.jp/soft/winnt/net/se307544.html
(2)W-ZERO3

これだけです。

まずはPCにTVサーバーを導入し、別のPCからネットワーク経由でTV映像が閲覧できることを確認してください。(TVサーバー自身の設定はそれほど難しい作業ではありません。)

※ルータを使用している場合は、ルータの設定にWebサーバのポート(デフォルト:80)とTVサーバーのポート(デフォルト:3000)の穴を空け、TVサーバーを導入したPCにポートフォワードしておく必要があります。

さて、ここからが、W-ZERO3の設定です。
まず、W-ZERO3の無線LAN機能を有効にしてください。
次に、WindowsMediaPlayer(WMP)を起動します。
そして、[メニュー]→[ライブラリ]→[メニュー]→[URLを開く・・・]で、

mms://XXXXX:3000/index.asp
(XXXXはPCのIPアドレス、3000はTVサーバーのポートアドレス)

を指定します。
すると、しばらくバッファリングされたあと、TVの映像と音声が出力されるはずです。
index.aspを指定しないとうまく出力できませんので、注意してください。
次に、W-ZERO3からチャンネルを切り替えてみましょう。
こんどは、Internet Explorer Mobile(IE)を起動します。
IEのURLに

http://XXXXX/tv/
(XXXXはPCのIPアドレス)

を指定します。
開いたページの下のほうに
「チャンネル切り替え」という表示があるので、それをクリックするとTVサーバーのチャンネルがプルダウンで表示されます。
これで見たいチャンネルに切り替えたあと、再びWMPにタスク切り替えします。
しばらくするとWMPの映像が指定したチャンネルに切り替わります。

さあ、これで、W-ZERO3もロケフリTVになりました。
これで、日本全国から我が家のTVが見れます。
ぜひ、お試しください。

ただ、無線LANを使用するとバッテリーの消費が激しいです。
補助バッテリーとACアダプターの持参も忘れずに!

■関連記事■
(1)【追加情報1】 わずか1,365円でできた、W-ZERO3のロケフリTV
<http://blogs.yahoo.co.jp/hirolin_m7/24966124.html>

(2)【リモート録画予約編】 わずか1,365円でできた、W-ZERO3のロケフリTV
<http://blogs.yahoo.co.jp/hirolin_m7/25374174.html>

この記事に

  • 顔アイコン

    ここへのポインタは示しといた方がいいかな。 http://muumoo.jp/targetlog.shtml?20060128&0 シェアウェアを使わずに、MSがフリーで配ってるツールだけでやれてます。 ・・・チャンネルは変えれないですが。 削除

    [ bob ]

    2006/2/7(火) 午前 1:58

    返信する
  • 顔アイコン

    コメントありがとうございます。参考にさせていただきました。

    Hirolin☆彡

    2006/2/10(金) 午後 0:47

    返信する
  • 顔アイコン

    えっ?これテレビも見れるんですか?もうほんとにパソコンなんですねぇ。

    [ shi*a*heav*_ind*st*y ]

    2006/6/5(月) 午後 2:40

    返信する
  • アバター

    もうすぐSONYロケフリベースステーションLF-PK1もZERO3で見れるようになると予想しています。

    Hirolin☆彡

    2006/6/5(月) 午後 8:29

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(7)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事