ここから本文です

書庫全体表示

 午前9時12分、厳島合戦の古戦場である博奕尾(ばくちお)を後にして再び登山道を登ります。このあたり一帯は、青々としたシダが生い茂っています。

登山道は生い茂るシダの間を通り抜ける

イメージ 1

 午前9時20分、左に「包ヶ浦自然公園」、右に「弥山登山」と書かれた標識のある分岐点に到着しました。標識に従い右の道へ進みます。

左「包ヶ浦自然公園」、右「弥山登山」

イメージ 2

 この辺りから、登山道は徐々に勾配が厳しくなり、息が苦しくなり始めました。少し休憩した後、歩くペースを落とすことにします。細い道をゆっくり突き進んでいくと、進行方向右手、はるか眼下に宮島の街と厳島神社の大鳥井が望めるとこにやって来ました。これまでの登山の疲れが吹っ飛ぶような美しい光景です。

眼下に宮島の街と厳島神社の大鳥井が見える(対岸は本土)

イメージ 3

 午前9時40分、今度は進行方向左手に包ヶ浦地区を、はるか遠くには広島市内の街が見渡せるところを通過しました。海に浮かんでいるのは牡蠣いかだです。

ふもとは包ヶ浦地区、海のはるか向こうは広島市内の街

イメージ 4

 午前9時47分、これまで急だった登山道はなだらかになりました。進行方向右手の眼下には、登山道と並走するロープウェーがゆっくり動いています。一方、左手には、手前に絵の島、その向こうには海上自衛隊の島江田島と西能美島が望めます。道の両サイドにそれぞれ美しい光景を望めることができるのは尾根を縦断する登山道ならでの醍醐味です。

麓の紅葉谷駅から榧谷駅に登る循環式ロープウェー

イメージ 5

絵の島(左手の小さな島)と江田島・西能美島

イメージ 6

 さらに歩くと再び上り坂になりました。ごつごつとした岩をよじ登るようにして登ります。午前9時55分、進行方向左手には、宮島の南東側にぽつんと浮かぶ小黒神島が見えてきました。この地点が、これまで登ってきた登山道の最初のピークではないかと思われます。弥山ガイドブックによると峰の名前はありませんが標高は409.4メートルとありました。この後の道は急な下り坂になります。道と言うより細い溝のようです。大雨のときはここを水が流れるのでしょう。

宮島の南東側にぽつんと浮かぶ小黒神島が見えてきた

イメージ 7

この辺りがこれまで登ってきた登山道の最初のピーク(標高409.4m)

イメージ 8

 進行方向から、ロープウェーの動作音が聞こえてきました。樹木の向こうには、交差式ロープウェーが見えて来ました。榧谷駅までもうすぐのようです。

獅子岩駅(左手上)からやって来る交差式ロープウェー

イメージ 9

 午前10時ちょうど、榧谷駅に到着しました。(榧谷駅は、宮島ロープウェーの中間駅で、山麓にある紅葉谷駅から循環式ロープウェーに乗ってきた人は、ここで降りて、次に交差式ロープェーに乗り換えて獅子岩駅に向かいます。)
 おや、これまで歩いてきた登山道は駅舎のところで終わっているように見えます。この先どちらに向かえばいいのでしょうか。一瞬悩んでしまいましたが、よくよく観察したら、駅構内の下を潜り抜けるトンネルがあるではありませんか。ここが登山道のようです。

登山道は、榧谷駅構内の下を潜り抜ける

イメージ 10

さあ、頭を天井にぶつけないよう背を低くしながらトンネルを潜って先に進みましょう。(続く)

博奕尾〜榧谷駅間のピーク(標高409.4m)


詳しい地図で見る

この記事に

  • 毎回感心するんですが、瀬戸内海の景色は本当に素晴らしいですね。
    僕もこの場所からいつか景色を眺めてみたいです。

    もっちん

    2010/5/5(水) 午前 6:27

    返信する
  • アバター

    もっちんさん
    瀬戸内海の多島美はいつ見ても美しく心が安らぎます。
    この景観は、いつまでもこのままの姿で残っていて欲しいものですよね。
    もっちんさんも、いつか機会があったらぜひご覧になってください。
    ちなみに瀬戸内海を知らない人がこの景色を見ると湖と間違えるようです!(^^)

    Hirolin☆彡

    2010/5/5(水) 午前 11:56

    返信する
  • 顔アイコン

    なんかコースが僕でもまわれそうな気がしますが
    多分無理かな(笑)
    景色もさることながら
    やはり森の中ってがいいな〜

    telesupa

    2010/5/5(水) 午後 1:38

    返信する
  • わぁ〜、ステキ!!
    昔の人もこの景色をみたのでしょうか?? (*^_^*)

    [ moko2014 ]

    2010/5/5(水) 午後 9:22

    返信する
  • 顔アイコン

    山中 枯れてる木が 目に付きますね〜!

    広島のジジイ

    2010/5/5(水) 午後 10:05

    返信する
  • お〜〜かなり登ってきましたね。
    道のとても険しそうです。
    この最後のトンネルも一人で潜るには不安なトンネルですね。
    1時間ほどでここまでですか。
    かなりハイスピードですね。
    疲れるでしょう。

    cancer_cyapu

    2010/5/6(木) 午前 0:05

    返信する
  • 顔アイコン

    こちらもW入りました(笑)

    cancer_cyapu

    2010/5/6(木) 午前 0:06

    返信する
  • 顔アイコン

    中々きつそうですね。
    途中の景観を見るとどうしても登ってみたいコースです。

    細い道もあり、雨に遭うと大変ですね。

    瀬戸内海ってどうしてこんなに素晴らしいんでしょう!
    瀬戸内海に包まれた広島に生まれて最高ですね〜〜♪

    ぽち!

    ☆siruku4442☆

    2010/5/6(木) 午前 0:49

    返信する
  • アバター

    てれすぱさん
    無理しないでゆっくり登れば大丈夫だと思います。
    マイナスイオンたっぷりで気持ちいいですよ〜♪

    Hirolin☆彡

    2010/5/6(木) 午後 8:00

    返信する
  • アバター

    mokoさん
    そうですね。この素晴らしい景色は昔からほとんど変わっていないのでしょうね〜♪

    Hirolin☆彡

    2010/5/6(木) 午後 8:01

    返信する
  • アバター

    広島のジジイさん
    弥山の原生林には枯れ木にもなんとなく風情を感じますね〜(^^;)

    Hirolin☆彡

    2010/5/6(木) 午後 8:04

    返信する
  • アバター

    ちゃぷちゃぷさん
    今から思えば少しハイスピードだったと思います。
    もっと景観を楽しみながらゆっくりと登らないと〜(^^;)

    Hirolin☆彡

    2010/5/6(木) 午後 10:15

    返信する
  • アバター

    ちゃぷちゃぷさん
    またまたWポチ☆☆ありがとう!

    Hirolin☆彡

    2010/5/6(木) 午後 10:17

    返信する
  • アバター

    シルクさん
    広島は温暖な瀬戸内地方があれば、雪深い山沿い地方もあり、まるで日本の縮図のようで気候豊かですよね。
    ぽち☆ありがとうございました!

    Hirolin☆彡

    2010/5/6(木) 午後 10:57

    返信する
  • 今回hirolinさんが博打尾コースを歩くことで実に細やかなレポートになっています。今後はこのコースの人気が出そうですね。

    yamasukihuuhu

    2010/5/8(土) 午後 6:07

    返信する
  • アバター

    Yamasukiさん
    そうですね。でも紅葉谷ルートや大聖院ルートと違って、道のコンディションが良くないので、登ろうと思っている人は充分注意していただきたいと思っています。

    Hirolin☆彡

    2010/5/9(日) 午後 4:46

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事