全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全704ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

祐徳稲荷神社の門前商店街にある、和装処「SARUKU」。
最近祐徳稲荷神社の参拝客の、外国人観光客にも人気の着物レンタル。
夏場は浴衣が似合いますよね。

鹿島おどりに花火大会・・・浴衣を上手に自分着れるようになりたいなぁというのは、一度はちらりと思うことですが、なかなか自分では機会がないのでうまくいきませんよね。
このSARUKUでは、夏の期間、浴衣の着付け教室を全2回3000円で教えていただけるようです。
レッスン日は要相談。7〜8月の期間のいろんな夏祭りに、ちょっと浴衣でお出かけしてみませんか?

問い合わせ:祐徳和装処SARUKU 【電話番号】080-4273-0127

この記事に

松福のラーメン

イメージ 1

鹿島でラーメン屋といえば、皆さん真っ先に松福ラーメンが頭に浮かぶのではないでしょうか。
老舗(?)と言っていいのかどうかわかりませんが、ずいぶん昔からある、おなじみのラーメン屋さんです。
思えば小学校1年の頃だったでしょうか・・・初めて外食というものを意識的に経験し、ラーメンというものをお店で食べたのがこのお店でした。
子どもから大人までラーメンは愛されるメニューですが、いまだに職場でも毎日のように出前を頼む光景がおなじみです。つい先日、ちょっと時間がなかった時に、久しぶりに松福ラーメンをお店で食べました。

出前もいいけど、やっぱり何でもできたてを食べるのが一番!卵入りを注文しましたが、やっぱり美味しい!
たまには、お店で食べるのもいいですね。

この記事に

イメージ 1


夏休みに入ると、一気にうだるような暑さを感じるのは、世間の空気が夏休みモードに入り、なんだか弛緩してしまうからでしょうか?
布団を干すだけでも我慢大会のようです。
さて、大人はぐったりですが、子供たちにとっては楽しい夏休み。
先日8月1日の祐徳夏祭りのご紹介をしましたが、この夏祭りに合わせて、門前商店街でもイベントが開催されますので、そのお知らせです。
門前商店街の夏祭りの代名詞と言えば、鯉つかみ!
祐徳稲荷神社の太鼓橋の下あたりで、ワイルドに鯉つかみです。参加費は無料!鯉は持ち帰りできますし、有料ですが、門前で鯉の洗いにしてもらうこともできます。
おとなでもワクワクするこのイベント。
ぜひ子供のうちから手づかみで鯉をとるというワイルドな体験をやってみませんか?

この記事に

 鹿島おどり

イメージ 1

鹿島の夏の風物詩と言えば、鹿島おどり。
ヤッサヤッサの掛け声でおどる一声浮立、鹿島節、鹿島小唄と3曲。
中心商店街で市民総参加で2日間おどりまくるものです。
今年は8月4日(金)、5日(土)の19:00〜開催となっています。
私の職場は4日参加です。1年に1度の浴衣の日ということで、毎年楽しみにしています。
踊る人も、見学する人も、一緒に楽しみましょう!

鹿島おどりの歴史は鹿島にとって忘れることのできない大水害、通称《7.8水害》に端を発します。
鹿島の災害の中でも忘れる事ができないものがこの、「7.8水害」であり、 昭和37年(1962)7月の出来事です。
かつてない集中豪雨で、甚大な被害をもたらしたこの水害を機に、災害から復興と、市民に元気を取り戻そうと、翌年昭和38年からはじまったのが、この鹿島おどりです。

この記事に

祐徳夏祭り

イメージ 1

8月1日は、祐徳夏祭りの日です。
日本では夏越の大i祓ともよばれる行事で、形代の紙などに災厄や穢れなどを乗せて、海や川に流してしまう神事です。祐徳稲荷神社でも毎年8月1日に行われており、境内では茅の輪くぐりでも行われます。この輪をくぐることによって災厄や病を避けられると信じられています。

また、境内には灯籠も並べられ、昼夜の楽しみが味わえます。

夜には祐徳稲荷神社の外苑では地元の皆さんの盆踊りも行われます。ぜひ夕涼みにおでかけください。

この記事に

全704ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事