全体表示

[ リスト ]

小太郎の左腕

著者 和田 竜
 
1556年。勢力争いを続ける武家の戦に現れた左構えの種子島に絶妙の腕前をみせる11歳の少年小太郎。戦局を変えるその銃弾が導き出す結末とは・・・
 
前の2作に比べると悲しいお話に仕上がってる感じだなぁ、と思った。
 
んでも、この人が時代小説の新旗手であるのは間違いないと思う。
 
次回作が早く出てくれるといいなぁw

この記事に

閉じる コメント(4)

左構えでも撃てるもんなんですねえ・・・って小説だしね。
でもすごい面白そう。

2012/9/28(金) 午後 3:41 ピースのおかん 返信する

顔アイコン

小太郎か…。
小次郎だと思って何故に銃?と思ってしまいました

2012/9/28(金) 午後 9:01 ジャバ 返信する

前2作よりは面白くないw>アマダム

2012/10/4(木) 午後 6:42 ディオ! 返信する

小次郎と武蔵が実はスナイパーだったという話も面白そうですなw>ジャバさん

2012/10/4(木) 午後 6:43 ディオ! 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事