全体表示

[ リスト ]

映画「ひろしま」上映

1953年に製作され映画「ひろしま」の上映運動が行われている。
私も含めて塢夕孫坩儖会により塢融垳幼誘茲脳絮任鬚靴泙后
 日時:2011年12月16日(金)18時30分(開場18時)
 場所:戸塚公会堂ホ−ル(戸塚駅西口徒歩8分)
 参加費:大人999円 高校生以下500円
    *当日券のみ(先着560名)
 
内容は
少年少女105人の手記を集めた文集「原爆の子」(長田新編)が原作。広島県教職員組合が呼びかけ全国の教職員一人50円、50万人が製作資金を出し合い、独立プロとして制作。一般公開が難しく多くの市民の鑑賞とはならなかった。1955年、ベルリン国際映画祭長編映画賞を受賞する。
多数の広島市の中学・高校生と父母、教職員、一般市民等約9万人が手弁当のエキストラとして参加。原爆が投下された直後の惨状を再現した。
福島の原発事故を契機とした放射能への不安が身近になった今、各地で上映運動が広がっている。
 
予告編を見て下さい。
 
 
 
是非多くの方に、ご来場頂き、「人類にとって『核』とは何かを」改めて考える機会にして欲しいと考えます。
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事