過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

7月の横浜市教育委員会定例会、8日(月)10時00分開催。傍聴10名。報道関係者2名(東京、時事)

一般報告:2件。
請願等審査:0件。
審議案件:1件(非公開) 

★「福島県への教員派遣研修について」(一般報告)
 ・3回目(2017年から)
 ・参加教員は主に「主幹教員候補者」(幹部教員で今後管理職になる可能性大)
 ・報告資料を添付
イメージ 1

教育委員からの発言、
「参加者は手上げか?若手か?
「研修後、学校運営や授業にどのように
「当日、私も参加。福島の人に感謝。事務局はよくやった
「この研修は成功研修であった。ぜひ継続を」
*添付資料からわかるが、研修内容に福島の子どもたちの健康(不安)についての観点はない。聞くところによると、保護者や子どもたちは放射能汚染の不安について語る事さえできない状況にあるようだ。「村八分」にさえ、あると聞く。このような状況にある子どもたちに寄り添うことが本当の研修であると思うが、意図的に避けていると思わざるを得ない。
 そこで、傍聴後、所管の教職員育成課に出向き、担当者(係長?)と質問や感想を伝え、今までの2回分の報告集などの情報開示を行うことを伝え、情報開示請求の手続きを行った。

★ 「子どもアドベンチャ−2019の実施について」(一般報告)
 ・キャリア教育の観点から
 ・プログラム数:76
教育委員から
「今までやってきて、学校での効果は」
事務局から
むにゃむにゃ」
教育委員(経済界)から
「AI関連は?絶好の機会なので是非今後」
事務局から
「検討したい」

公開時間は約30分
 
次回予定  7月22日(月) 10:00
           月 1日(木)13:30(小学校教科書の採択)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事