ぶっちゃけデンティストの徒然日記

FC2ブログへ移転しました。URLはこちら https://hkanekodc.blog.fc2.com/

全体表示

[ リスト ]

フィルムバッジ

イメージ 1

 X線装置のある医療機関では、操作する者(医師やX線技師)がフィルムバッジを装着することと義務付けられている。
フィルムバッジとは?
その人のX線被曝線量を測定する、携行用の装置である。

私は仕事中、これを白衣の胸ポケットに付けている。
一ヶ月経ったら業者に郵送して、被曝線量をデータ化するという仕組みだ。
その際には、先月の被曝線量の数値と共に新しいフィルムバッジが送られてくる。
これを一年、計12回繰り返して、年間契約料が税込15120円。

以前は、こんなことをする必要は無かった。
確かに、操作者は患者に比べると装置の近くにいる機会が多いので、それだけ被曝機会も多くなる。
厚生労働省が医療従事者の健康を守るために行っている、ということだ。
法律で定められた放射線業務従事者の線量当量限度は、50mSv/年間。
高出力の放射線治療装置ならともかく、歯科用X線診断装置で被曝する線量など微々たるものだ。
ひと月やっても、データはゼロ(測定不能)である。
義務だから仕方なくやるが、意味があるとは思えない。
被曝する当事者(つまり私)が必要ないと判断すれば、装着免除しても構わないのではないだろうか?
義務化するならば、必要経費くらいは国が補助して欲しいと思う。

閉じる コメント(5)

顔アイコン

レントゲン撮影も医師の仕事ですが、個人病院では看護師がするところばかりです。
結婚していつ妊娠するか分からない中 1日20人は胸写を撮ってます。古い作りで木のドア(;_;)
こんな私たちに装着義務があればいいのになぁ 削除

2010/2/19(金) 午後 3:01 [ なな ] 返信する

アバター

はじめまして。書き込みありがとうございます。

そうですね。一度フィルムバッジを付けてみて、どれくらい被曝しているのか調べてみるのも良いかも知れません。
私の被曝量はゼロですが、歯科用と違って胸部正面X線写真装置は線量も大きいでしょうから。

http://www.c-technol.co.jp/
上記のページから、新規申し込みも可能です。

2010/2/19(金) 午後 3:31 [ ひろゆき ] 返信する

アバター

横浜市で開業の窪田敏之先生が、当記事を紹介してくれています。
http://toshi-politics.blogspot.com/2010/01/blog-post_05.html

ありがとうございました。

2011/3/29(火) 午後 4:05 [ ひろゆき ] 返信する

顔アイコン

私など患者様が自分自身でうまく押さえられない時は当然のように私がフィルムを押さえてあげて、閉められたドアーの向こうでは歯科衛生士がスイッチボタン持ってて「お願いー」て言うと押してくれます。最近ご高齢が多く、結果的に浴びちゃう。何か信頼できるフィルムバッジあったら教えてほしいなぁ。

2011/4/1(金) 午前 1:37 [ bas*ho*o195* ] 返信する

アバター

上の写真は一ヶ月ごとに郵送して業者から線量を報告してもらうガラスバッジですが、その場で被曝線量が分かる製品もありますよ。

http://isotope.c-technol.co.jp/products/sokutei/mydose.html

このタイプのものは、一度購入すれば契約料等は必要ありません。
ただ、今回の原発事故の影響で品薄のようですね・・・。

2011/4/1(金) 午前 9:46 [ ひろゆき ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事