天然温泉|ホテル函館ひろめ荘ブログ@北海道

ブログ始めました!「お気に入り登録」お願い致します。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全51ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

10月に入り、このみなみ北海道ではスケソ刺し網漁が解禁になりました。

イメージ 2

近年は不漁続きでしたが、今年は出だしから好調のようです。

イメージ 3

漁港の岸壁ではスケソウダラを網から外す作業が行われています。

この光景も南茅部の季節の風物詩。

そして、この光景が見られるようになると今年も終わりが近づいていると感じるようになります。

しかし、その作業は寒風にさらされ、冷たいコンクリートの上で手作業で行いますから大変なんです。

作業終了後は冷え切った体を温めにみなさん当ホテルの日帰り入浴にいらっしゃいます。

イメージ 7

今シーズンも当ホテルの2種類の源泉かけ流し天然温泉で疲れを癒していただいて日々の作業を頑張っていただきたいです。

そして、スケソウダラと言えば「たらこ」ですね。

イメージ 4

「たらこ」の街、隣町の鹿部町でも今年は出だしから好調でホッとしているようです。

当ホテルではその鹿部町で加工された美味しい「たらこ」を販売いたしておりますので、いらした際は是非、お買い求めください。

そして、海から山に目を移すと、これまで隆々とした緑色の森林でしたが、トーンが変わり、彩りがカラフルになり始めました。

イメージ 5

紅葉の見ごろまでもう少しですね。

イメージ 6

当ホテルの周辺も秋の風情に変わりつつあります。

アーティスティックな紅葉と秋の味覚を楽しみに是非いらしてください。

【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

山々の緑もだいぶ色が薄くなり、赤や黄色に変わりつつある南茅部。

空気も冷たく駒ヶ岳もくっきり見えるようになりました。

刻一刻と秋の深まりを実感します。

やはり今年も紅葉の見ごろは10月20日ころから始まりそうですね。

食欲の秋、収穫の秋、スポーツの秋、芸術の秋、実りに満ちた秋の行楽シーズンの到来です!

南茅部の早朝の漁港にはさまざまな美味しい魚が水揚げされています。

イメージ 2

当ホテルで大好評の朝食バイキング「朝どれイカ刺し食べ放題!!」のスルメイカ(真いか)にサバ、トラフグ、ヤリイカなどが次々に選別されていきます。

イメージ 3

こちらは秋の味覚の代表格のサケ。

イメージ 4

そして、ヒラメと人気が二分するほどの美味しいカレイの「マツカワ」。

イメージ 5

美味しさ満点!栄養満点!の天然ブリ「まんてん」。

イメージ 6

今や高級になったホッケ。

イメージ 7

これから旬を迎え、当ホテルでもお鍋や真昆布締めのお刺身でご提供するマダラ。

豊富な魚種が水揚げされる恵まれた漁場の南茅部の海。

スケソウダラもこれからですね。

そして、芸術で言えば、クールジャパンとして日本が世界に誇る縄文土偶(JOMON DOGU)、縄文土器(JOMON DOKI)を展示公開している「函館市縄文文化交流センター」

イメージ 8

イメージ 9

米国のスミソニアン博物館での展示で欧米人に芸術性の高さを評価され国宝の道が開かれた北海道唯一の国宝「中空土偶」。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

縄文土器もアートとしてとらえられています。

イメージ 13

食べるものがあり、見るものがあり、そして、当ホテルが誇る2種類の源泉かけ流し天然温泉があります。

イメージ 14

すべての秋が揃う南茅部でこの秋を満喫してください。

【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

日本列島を縦断した台風18号の通過後、ここ函館南茅部は秋晴れの日が続いています。

大謀網(定置網)漁では少し勢いがなくなっていた天然のブリがまた盛り返してきています。

イメージ 2

イメージ 3

南下しようとしたところを台風18号でUターンしてきたでしょうか。

サイズも7〜8㎏を超える丸々と太った立派なブリばかりです。

イメージ 4

美味しさ満点!栄養満点!の南茅部のまんてんブリはホントに美味しいですよ☆

そして、早朝の空気はひんやりと感じるようになってきました。

秋が加速し始めた感じがしますね。

そうなってくると楽しみなのが紅葉ですね♪

イメージ 5

昨年は10月の20日前くらいから見ごろになりました。

イメージ 6

あと1ヶ月先ですねぇ。

イメージ 7

今年も当ホテルを取り囲む山々も見事な美しさを見せてくれることでしょう。

紅葉を見ながらの露天風呂は格別ですよ。

是非、その別世界に迷い込んだかのような風景と2種類の源泉かけ流し天然温泉を楽しみにいらしてください。

【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓


この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

先日まで天然ブリ(まんてんブリ)が大漁で賑わっていたここ函館南茅部にある早朝の各漁港ですが、ここにきてブリも移動を始めたのか勢いがなくなり、その代わり盛り返してきたのはスルメイカですね!

イメージ 2

函館のイカは大不漁と言われながらもここ南茅部では今シーズンもここまで切れることなく入ってきていました。

そして、ブリが減ったここ数日は水揚げが増えています。

イメージ 3

漁港の市場ではまたこんなにケースが積まれるくらいになっています。

やはり奇跡の海岸「南茅部」。

恵みの海に感謝です!

そしてさらに漁港にはこの南茅部の漁協に属さない他港のイカ釣り漁船も集結し始め、毎年いらして当ホテルの日帰り入浴をご利用いただいている八戸からの船主さんの船も今年もまたやってきました。

イメージ 4

南茅部の沖にスルメイカが集まっているようです!

大好評の当ホテル朝食バイキングでの「朝どれイカ刺し食べ放題!!」、まだまだいけそうです!

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

その美味しさ、是非、味わいにいらしてください。

※「朝どれイカ刺し食べ放題!!」はその日に時化などにより漁が無かった場合は、前日に確保しておいたものに代わることもありますので予めご了承ください。

【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

ここ数年、南茅部の前浜に回遊して来る天然ブリの群れ。

今年もまた8月の下旬ころから群れが押し寄せ、連日漁港ではその水揚げで大賑わいです!

一ヵ所の大謀網(定置網)施設につき数十トン単位での水揚げになっています。

イメージ 2

9月に入ってからは丸々と太った立派な魚体が増えてきています。

イメージ 3

この南茅部の天然のブリは身が赤みがかり、脂もサラッとしていてしつこさがなく、噛むほどに芳醇な旨味が口に広がり美味しさ満点!!

そして、ブリは栄養価の高い魚としても知られていますよね。

当ホテルでは現在、その美味しさも栄養も満点の南茅部の天然ブリを夕食でのお刺身や煮物などでお出ししています。

イメージ 4

イメージ 5

その美味しさを是非、味わいにいらしてください。

南茅部のまんてんブリを食べて、2種類の源泉かけ流し天然温泉に浸って日頃の疲れを癒し、鋭気を養ってください!

※天然ブリはその日の入荷状況によってお出しできない場合もございますので予めご了承ください。

【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

この記事に

開く コメント(0)

全51ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事