天然温泉|ホテル函館ひろめ荘ブログ@北海道

ブログ始めました!「お気に入り登録」お願い致します。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全53ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

当ホテル1Fロビーにあるお土産売店コーナーの一角で、この度、蝦夷杉(えぞすぎ・道南杉)で作った食器類の販売を開始しました。

イメージ 2

制作者は当ホテルから車で5分ほどの地元・臼尻町在住の岡田 功氏。

イメージ 3

岡田さんの本業は木こり。

イメージ 4

臼尻町のこの山で蝦夷杉(えぞすぎ・道南杉)の伐採と再造林を行っているのですが、その作業のかたわら制作工房を持ち、創作活動をされているんです。

現在、日本の山林でこのように伐採が行われているところを見ることがあるかと思いますが、中には環境破壊と勘違いされる方もいらっしゃるかも知れませんので、ちょっとお話しすると、日本国内において戦後、人口造林振興策がとられ、その時に植樹されたスギ、カラマツなどが現在、伐採、再造林期を迎えています。

ここ南茅部エリアにおいてもそのほとんどの森林が人工造林でこの伐採、再造林作業が行われています。

当ホテルへお車でいらっしゃる際にバイパス道路沿いなどでご覧になられるかと思いますが、岡田さんも日々、この作業を黙々と行っています。

さて、その岡田さんのお住まいと工房は当ホテルと道の駅・縄文ロマン南かやべ(函館市縄文文化交流センター)との中間でバイパス道路沿いにあります。

イメージ 5

イメージ 6

工房へお邪魔したら、蝦夷杉(えぞすぎ・道南杉)の伐採時に出る間伐材を燃料にした薪ストーブが暖かく迎えてくれました。

そう、岡田さんが制作されている食器類はこのような間伐材を利用して制作されているんです。

近年の伐採、再造林で出るこの間伐材の利用というのが今、全国的に取り組まれていて、これもその一つ、自然環境を大切にするエコライフですよね。

岡田さんもここ南茅部の漁師さんと同様、自然と向き合い、資源を大切にするひとりです。

その岡田さんの作業場がこちら。

イメージ 7

大きな窓から陽の光が入り、明るい工房です。

そして、岡田さんが手がけているのが「ウッドターニング」という技法です。

イメージ 8

鉄工所で言うところの旋盤と同様に材料を固定し、回転させながら削り出していきます。

イメージ 9

かなり集中力が必要です。

この後には、やすりで削るなどのさらなる工程があります。

そして、出来上がったハンドメイド作品がこのようになるわけです。

イメージ 10

蝦夷杉(えぞすぎ・道南杉)は全国のスギの中でも年輪が詰まっていてしっかりした木材であることから、建築材として注目が高まっており、さらにこの蝦夷杉(えぞすぎ・道南杉)があるみなみ北海道は国内におけるスギの北限だそうです。

岡田さんが作ったこのサラダボウルやお皿は軽くて、見た目にもそうですが、持った感じも蝦夷杉(えぞすぎ・道南杉)のやさしさが伝わってきて幸福感が湧いてきますねぇ。

当ホテルにお越しの際は是非、お土産にそしてご自宅用にもお買い求めください。

【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

12月に入り、まだ一週間だというのに景色も気温も冬のど真ん中といったここ函館南茅部。

それはそれできれいな雪景色が見られたリ、美味しいものが食べられたリ、何より温泉が気持ちイイです!

そんな中での当ホテルでは、この12月は夕食のお刺身に旬のヒラメをお出ししています。

イメージ 2

早朝の漁港の市場を覗けば、ヒラメは年中見ることはできますが、やはりこの時期はサイズといい、食感、脂の乗りも格別です。

イメージ 3

こちらは現在、グレードアップ・プランでの夕食でお出ししているお刺身の盛り合わせ(3名様分)。

イメージ 4

そして、こちらがその旬のヒラメになりますが、コリコリとした食感、噛むほどに口に広がる甘味、旨味とも一年を通して最高ですね。

その味わい、是非、体験しにいらしてください。

また、この12月のお鍋にはこれもまた旬のマダラが入ったみそ仕立てのお鍋をご用意させていただきました。

イメージ 7

冬だからこそ味わえる美味しさです。

イメージ 5

冬の味覚を堪能し、そして、2種類の源泉かけ流し天然温泉に入って寒さを吹き飛ばす。

イメージ 6

これこそ温泉の醍醐味です。

この12月みなさまのお越しをお待ちいたしております。

【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

今年も7月の終わりからなんとか実施することが出来た朝食バイキングでの「朝どれイカ刺し食べ放題!!」ですが、12月に入ってもまだここ函館南茅部の大謀網(定置網)にはスルメイカ(真いか)が入ってきています。

が、しかし、漁のほうはだいぶ薄くなってきてますね。

大謀網(定置網)自体の終漁も毎年、クリスマスの頃で終わりですから、当ホテルでの「朝どれイカ刺し食べ放題!!」も終了が近づいてきています。

来年もまた実施できるかは現状ではわかりません。

食べ納めしておきたいお客様はお急ぎください。

イメージ 2

ご予約お待ちいたしております。

【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

リニューアルからおかげさまで10周年を迎えた当ホテルでは今年のクリスマスも恒例の「ディナーバイキング」をご用意。〈各日限定70名様〉

現在、ご予約受付中です。

・25品以上の和洋中のお料理 ・牛ステーキや前浜産のお刺身 ・総料理長特製カレーやパスタなど地産地消にこだわったメニュー

みなさまのご予約を心よりお待ちいたしております。

【ディナーバイキング】

60分食べ放題☆彡

■お一人様¥2,300(温泉入浴付) 小学生¥1,000 幼児¥70

■日時:2017年12月22日(金)17:30〜19:30
          12月23日(土)17:30〜19:30
          12月24日(日)17:30〜19:30

■各日限定70名様

【お問合せ・ご予約はこちら】
ホテル函館ひろめ荘
フリーダイヤル:0120-188-160
  

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

週初めに今シーズン初の積雪を観測したここ函館南茅部でしたが、水曜日にはすっかり無くなったのもつかの間、また寒気に見舞われ、朝には雪景色になっていました。

当ホテルの温泉から見る景色もご覧のように木々は雪の枝になっています。

イメージ 2

これは1F大浴場の露天風呂ですが、乳白色の硫黄泉と雪景色もまた良いもんです。

イメージ 3

このまま根雪になるとは思えませんが、この週末は天気予報では雪マークが出ていますから、この先、数日はこの雪見風呂が楽しめることでしょう。

イメージ 4

季節はもう冬。

四方を山に囲まれた当ホテルはすっかり日が陰るのも早くなりました。

イメージ 5

まずは内湯の重曹泉でこの景色を眺めながら、ぽかぽかに体を芯まで温めて、それから露天風呂へ向かうとピリッ!お肌を刺激して、冷えないうちに硫黄泉に浸かる。

その幸福感は温泉の醍醐味ですね。

ホテル2F大浴場の露天風呂(重曹泉)もご覧の通り塀の上に雪が積もっています。

イメージ 6

ご宿泊のお客様でご希望があれば函館市内および近郊のご指定の場所まで無料送迎させていただいておりますので道路状況を気にすることもありませんよ。

イメージ 7

雪の景色と2種類の源泉かけ流し天然温泉を存分に楽しみにいらしてください。

※無料送迎バスの運行につきましてはバスの台数と運転手の数に限りがございますので、他のお客様と乗り合わせの形で、限られた時間内での送迎となりますので、詳しくはご予約の際におたずねください。

【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

この記事に

開く コメント(0)

全53ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事