天然温泉|ホテル函館ひろめ荘ブログ@北海道

ブログ始めました!「お気に入り登録」お願い致します。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全72ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

今年も沢山のお客様にご利用いただいたお盆休み。

みなさまありがとうございます!

このお盆休みは前半比較的お天気に恵まれましたが、後半になって台風10号の通過により、お天気が崩れ、ここ函館南茅部は雨、風、時化にみまわれましたが、大きな災害になることなく済みました。

そのあと一日、夏の暑さが戻り、良いお天気に恵まれましたが、この一週間、低気圧が連続して通過し、冴えないお天気が続いていました。

でも、ようやく高気圧に覆われ、空に青空がもどってきています。

イメージ 2


そこにはお盆前までのうだるような暑さはなく、朝晩は半袖ではちょっと肌寒く、夏の終わりを感じさせます。

そして、早朝の漁港市場を覗けば、朝どれのスルメイカ(真いか)が水揚げされています。

イメージ 3

今シーズンもここまでこの朝どれの一番イカを使った当ホテルの朝食バイキング「朝どれイカ刺し食べ放題!!」を楽しみにいらしたリピーターのお客様をはじめ、沢山のお客様に喜ばれております。

今シーズン、台風10号の影響やその後の時化で何日か朝どれをご提供出来ない日もありましたが、大謀網(定置網)の網起こしがあれば、イカは獲れており、ほぼ毎朝、ご提供出来ております。

今年はブリが少ないこともあり、総じて水揚げは少ないもののイカはこのまま続きそうです。

イメージ 8

おーっと、市場には秋の味覚「秋味(鮭)」も入り始めていました。

当ホテルでこの「秋味(鮭)」は9月からの夕食メニューに登場する予定です。

そちらも楽しみにしていてください。

イメージ 4

甘味、旨味、歯ごたえ抜群の当ホテルの朝どれイカ刺し。

イメージ 5

たまらなく美味しいですね。

お盆のころから、だいぶ夏バテだとおしゃられるお客様が増えております。

よく栄養ドリンクのCMなどでタウリン1,000㎎配合などのうたい文句を聞いたりしますが、肝臓機能を活発にすると言われているタウリンを多く含んでいるのがこのイカです。

この朝どれのイカ刺しを食べられて、2種類の源泉かけ流し天然温泉に入って、リフレッシュした笑顔でご出発されていくお客様をお見送りするのがなによりうれしい今日この頃です。

イメージ 6

イメージ 7

この夏の疲れがたまってる方、是非、当ホテルへいらしてリフレッシュして行ってください。

みなさまのお越しを心よりお待ちいたしております。


【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

開く コメント(0)

イメージ 1

2019年、令和元年のお盆休みがスタートしました!

当ホテルではリニューアル12周年を記念したイベントを開催してみなさまをお待ちいたしております。

まずは、1Fレストラン磯亭のランチ営業が、8/10(土)、11(日)、12(月)の3日間は通常営業からお得な食べ放題「ランチバイキング」に変わります。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

温泉入浴付ですから、ゆっくりとご滞在してお楽しみください。

そして、1Fロビーでは豪華景品をご用意したイベントを開催!!

イメージ 5

イメージ 6

こちらも8/10(土)、11(日)、12(日)の3日間の開催です。

参加無料!是非、ご参加ください。

みなさまのお越しを心よりお待ちいたしております。

【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

開く コメント(0)

イメージ 1

暑さ絶好調の8月。

ここ函館南茅部の早朝の前浜を眺めると、基幹産業である「函館真昆布」の養殖真昆布の収穫が行われています。

養殖漁家さんに聞くと、このお盆を前に収穫を終えるところがけっこうあるようです。

南洋で連発している台風がやってくる前に収穫が終えられると良いですね。

イメージ 2

この南茅部の真昆布の特徴は他の産地のものと比べると、昆布自体の品種も違うのですが、その優れている点は出汁の香り、インパクトは弱いものの素材の味、調味料を活かし、料理を深い味わいに仕上げ、美味しさの余韻を長くさせることです。

料理の味に出しゃばらず、料理の味の土台をしっかりと固めているといったところでしょうか。

現在、ご宿泊の夕食メニューでお出ししている「ブリしゃぶ」ではその優れた出汁を特に体感していただいております。

イメージ 3

イメージ 4

濃厚な真昆布出汁に脂の乗ったブリをくぐらせ、ミディアムレアの状態で引き上げ、ポン酢でいただくのですが、ブリの美味しさをより美味しく、そして、付け合わせの野菜もより美味しく真昆布出汁が味を引き立ててくれています。

お盆から(10日〜)は、メニューがスペシャルディナーに替わりますので、「ブリしゃぶ」も変更になりますが、この南茅部の真昆布の出汁がベースになっているお料理がみなさまをお待ちいたしております。

是非、その味わいが深く、余韻が長い美味しさをご堪能いただければ幸いです。

当ホテルのお土産売店コーナーでは、この南茅部産「函館真昆布」の商品を数多く販売いたしておりますので、お帰りの際には是非、お買い求めください。

イメージ 5


【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

開く コメント(0)

イメージ 1

7月の終わりから連日暑い日が続いていますね。

そんな夏にはやはり自然とのふれあいが心地よかったり、刺激があったり、ドラマティックで楽しみも多いですよね。

当ホテル周辺も緑が隆々とし、日中の日なたはうだるような暑さですが、木陰は涼しくそよぐ風の音に癒されます。

そして、毎日のようにクワガタがエントランス周辺だったり、露天風呂で発見されています。

イメージ 2

これも当ホテルの夏の風物詩です。

夏休みでいらしたお子様にも大変喜ばれています。

そして、これだけ暑いとやはり海です!

もうすでに地域外からも沢山の人々がこの南茅部もあるみなみ北海道の東海岸へ避暑にいらしています。

イメージ 3

そんなみなみ北海道東海岸の夏模様をご紹介したいと思います。

イメージ 4

ここは、現在、テレビドラマで主演をされている北海道のスーパースター・大泉洋さんの出世番組「水曜どうでしょう」で紹介され、一躍全国に知られるようになった、みなみ北海道東海岸の南端、太平洋と津軽海峡のミックスゾーンに面した「水無海浜温泉」です。

ここはその名の通り、海岸から温泉が湧いているんです。

この日も丁度、潮が引いていて家族連れで楽しまれている光景が見られました。

これが潮が満ちてくるとこうなってきます。

イメージ 5

石で囲っている浴槽?が水没し、波を被ります。

「水曜どうでしょう」では、その波を被りながら入浴している大泉洋さんが衝撃的な面白さでした。

そして、ここから北上したところにあるのが、このブログでも度々ご紹介している「椴法華(とどほっけ)」地区にある「銚子サーフビーチ」です。

イメージ 6

イメージ 7

ここはサーフィン専用のビーチで一般の海水浴は出来ませんが、このロケーションです。

イメージ 8

イメージ 9

水際を裸足で歩き海岸の散歩は構いません。

目の前に広がる海は太平洋、水平線の彼方に地球のスケール感を感じます。

イメージ 10

きれいな海水に足を浸けているだけで体がクールダウンしてきます。

くれぐれも泳がないでくださいね、海に慣れているサーファーの方々はよくわかっていますが、ここは遠浅ではなく、急に深くなり、離岸流も速いので一気に沖へ持って行かれます。

お子さんをお連れの場合は絶対に目を離さないようにしてください。

イメージ 11

そして、ここはさっきの「銚子サーフビーチ」から海岸線を西に走り、トンネルを二つ抜けてきたところにある「獅子鼻岬」(南茅部地区)。

ここもトンネル入り口横から海岸に降りることが出来、潮が引いているときの散策は楽しいですね。

イメージ 12

散策する際は、足は濡れてもいいようにサンダルで行きましょう。

岩やコンクリートの階段は海苔や海藻で滑りやすくなっていますから気を付けてください。

イメージ 13

そこにあるのは天然の水槽です。

よく見てみると小さい魚や小さいカニが居たりします。

イメージ 14

しかし、ここは魚というよりは栄養いっぱいの海藻ワンダーランドの観察が楽しいです。

足もとには十分気を付けてくださいね。

海藻でその下が見えず一歩間違えると海中へ転落することになります。

イメージ 15

これは近年、水溶性食物繊維が豊富でヘルシー食材として人気になっている「がごめ昆布」と「ワカメ」です。

でも勝手には採らないでください。

海の資源として漁協の管理物ですので、勝手に採ると密漁になります。

欲しい方は是非、当ホテルのお土産売店コーナーで販売いたしておりますので、そちらでお買い求めください。

自然と向き合うってことはこういう景色が見られたリ、癒されたりするわけですけど、それと隣り合わせで危険もありますので十分にご注意していただくことが必要です。

そういう意識もまた危険を察知する感性を養うことにもなります。

災害が多発する日本列島、そういう感性は大事ですよね。

ともあれ、磯遊びはくれぐれも安全に。

イメージ 16

続いて、ここは夜明け間もない早朝の南茅部の漁港。

鮮魚の移動販売の方々が大謀網(定置網)の網起こしで獲れたて「いか」を積んだ船の帰港を待っています。

当ホテルもその中に混じり、朝どれ一番の「いか」を待っています。

イメージ 17

この日も大漁でした。

そして、いつものようにお魚屋さん方から、「お客さんが楽しみに遠くから来てんだろ」と朝どれ一番の鮮度の良いものを譲っていただき、車に積んだら調理場へ直行です。

イメージ 18

大好評の当ホテル朝食バイキング「朝どれイカ刺し食べ放題!!」はこうして、地元の方々のご協力でご提供させていただいております。

ありがたいことです。

さあ!令和元年の夏の思い出は、みなみ北海道東海岸で作ってください。

潮風をいっぱい浴びたあとは、当ホテルの2種類の源泉かけ流し天然温泉でさっぱりとしてください。

イメージ 19

イメージ 20

みなさまのお越しを心よりお待ちいたしております。

【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓



開く コメント(0)

イメージ 1

お客様にご好評いただいている当ホテル料理の味の要、ここ函館南茅部の特産品である「函館真昆布」の養殖真昆布の水揚げが今シーズンの最盛期を迎えています。

養殖真昆布漁家さんは大体深夜の2時ころから準備を始め、日が昇る前から2度、3度と沖の施設から立派に育った真昆布を収穫してきます。

茶褐色に分厚く実った真昆布です。

これが乾燥するとこうなります。

イメージ 2

そして、これが素材の美味しさを活かすことに優れた最高の真昆布出汁を生み出してくれるんです。

そんな真昆布漁の模様も含め、この函館、みなみ北海道の夏の美味しい情報の取材に北海道ローカルで朝と夕方に放映されているワイドショーの「どさんこワイド179(STV)」さんがいらっしゃり、当ホテルも取材を受けました。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

リポーターは札幌でモデルとして活躍されているアルマン芽生(めい)さん。

人気の宿泊プランの夕食メニューから真昆布出汁を体験していただき、そして、「どさんこワイド179(STV)」さんでは2年前の「温泉紅白」でもお取り上げいただいた当ホテル自慢の源泉かけ流し天然温泉にも入っていただきました。

イメージ 6

この模様は北海道ローカルだけになりますが2019年8月7日(水)「どさんこワイド179(STV)」の16時台に他に大きな事故、災害、スキャンダルが無ければ放映されるそうです。

是非、ご覧になってください。

「どさんこワイド179(STV)」 は(月)〜(金)、15:48〜19:00 チャンネルは5chです!

番組ホームページはこちら


【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

開く コメント(0)

全72ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事