天然温泉|ホテル函館ひろめ荘ブログ@北海道

ブログ始めました!「お気に入り登録」お願い致します。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1

例年より早い寒さと雪が訪れて、一ヶ月が経ち、だいぶ冬の生活になじんできましたが、やはり温泉があることに幸せを感じます。

さて、近づいてきた2017年から2018年への年末年始。

当ホテルではこの年末年始にご用意する年末年始限定の夕食をどのような内容にするか連日、スタッフで話し合い、試食し、料理の組み合わせなどの検討をいたしております。

イメージ 2

海の幸、山の幸の食材のバランス、縁起もの、旬のもの、ビジュアルなどさまざまな角度から検討しています。

イメージ 3

その検討する上で、ベースにあるのは奇をてらわず、一年の疲れを癒し、そして、あらたな年のはじまりに希望が湧いてくる素朴さとやさしさと力強さがある内容で「癒される贅沢」をキーワードにスタッフみな真剣に取り組んでおります。

お客様の笑顔があふれる夕食のひと時を生み出すために。

そして、毎年のことですが、連泊されるお客様もけっこういらっしゃいますので、内容は数パターンでご用意します。

イメージ 4

イメージ 5

年末年始までもう少しお時間がありますので、まだまだ熟慮を重ねてまいりたいと思います。

是非、ご期待ください!!

現在(12/22)、年末年始のご予約につきましてはオーバーブッキングを避けるためにネットからのご予約を終了している日がほとんどになっておりますが、お部屋をご用意できる日はまだ何日かございますので、ご希望のお日にちがネット上で終了になっていても大変お手数ですがお電話にてご確認いただければ幸いです。
キャンセル等もございますのでお部屋をご用意できるかも知れません。

【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

例年より早く降った雪が根雪となり、雪景色が日常風景となったここ函館南茅部。

今年もまた、函館市街地と南茅部地区を結ぶ道道83号線の終点にイルミネーションが灯り始めました。

周りはもう白い雪。

点いたり消えたり流れるイルミネーションの光が雪を彩り、幻想的な演出になっています。

そして、バイパス道路に出て、当ホテルへ向かってくる途中でも一般家庭で装飾されたキレイなイルミネーションが数ヶ所ありますが、当ホテルへドリンク類を納品していただいている酒屋の「うえやま商店」さんでも店の横で光のオブジェが並んでいます。

イメージ 2

今やプロジェクションマッピングと絡めてド派手なイルミネーションが日本中でこの冬をにぎやかにさせていますが、こういうほっこりした感じも良いですね。

当ホテルでもささやかなクリスマスツリーを今年もロビーにご用意いたしました。

イメージ 3

今年の寒いクリスマス、年末ウィークは南茅部でほっこりとお過ごしください。

2種類の源泉かけ流し天然温泉でさらにほっこりと。

イメージ 4

心温かく体も温かく日々の疲れを癒してください。

【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

函館市のこの冬の観光キャンペーンのキャッチフレーズが「冬に恋。」だそうですが、昭和の終わりから平成のはじめのバブル期に某スキー・ショップがTVで流していたCMを思い出し、広瀬香美さんの歌が聴こえて来そうですね。

スキーと言えば、当ホテルから車で約40分のところにある「函館ゴンドラ・函館七飯スノーパーク」さんが、先週の土曜日(12/09)にここみなみ北海道のどこよりも早く、今シーズンの営業を開始しました。

イメージ 2

オープン日にはこの日を心待ちにしていたスキーヤー、ボーダーの方々がたくさんいらっしゃってましたねぇ。

以前、このブログにて今シーズンの営業開始は、降雪マシーンを使って人工雪を降らせ、中腹からのコースで先行オープンする予定とお伝えしていましたが、早々と訪れた冬と降雪で、初日から天然雪で山頂からの滑走可能でオープンされました。

イメージ 3

こちらのスキー場は眼下に噴火湾を望み、ちょっと山頂に雲がかかってますが左手に秀峰「駒ヶ岳」の雄姿を見ながらの滑走が醍醐味。

イメージ 4

うかがったのがちょうどお昼時だったので、山頂の「PEAK CAFE」さんでハンバーグセットいただきました。

イメージ 5

1,000m近い山の上で、こんな手作りの美味しいハンバーグがいただけるなんて嬉しくなります。

まわりのお客様には、海外からいらしているようでしたが、スキー、スノボのブーツではなく普通のブーツの方々もいらしたのでこちらのカフェを目的にゴンドラに乗ってこられたんでしょうね。

イメージ 6

「函館七飯スノーパーク」さんの営業は来年3月まで行われます。
・「函館ゴンドラ・函館七飯スノーパーク」さんのオフィシャルサイトはこちら

さて、天然雪で思う存分スキーとスノボを楽しまれたあとは、2種類の源泉かけ流し天然温泉で汗を流して、疲れを癒していってください。

♪ぜっこーちょー、真冬のこーい!

【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

当ホテル1Fロビーにあるお土産売店コーナーの一角で、この度、蝦夷杉(えぞすぎ・道南杉)で作った食器類の販売を開始しました。

イメージ 2

制作者は当ホテルから車で5分ほどの地元・臼尻町在住の岡田 功氏。

イメージ 3

岡田さんの本業は木こり。

イメージ 4

臼尻町のこの山で蝦夷杉(えぞすぎ・道南杉)の伐採と再造林を行っているのですが、その作業のかたわら制作工房を持ち、創作活動をされているんです。

現在、日本の山林でこのように伐採が行われているところを見ることがあるかと思いますが、中には環境破壊と勘違いされる方もいらっしゃるかも知れませんので、ちょっとお話しすると、日本国内において戦後、人口造林振興策がとられ、その時に植樹されたスギ、カラマツなどが現在、伐採、再造林期を迎えています。

ここ南茅部エリアにおいてもそのほとんどの森林が人工造林でこの伐採、再造林作業が行われています。

当ホテルへお車でいらっしゃる際にバイパス道路沿いなどでご覧になられるかと思いますが、岡田さんも日々、この作業を黙々と行っています。

さて、その岡田さんのお住まいと工房は当ホテルと道の駅・縄文ロマン南かやべ(函館市縄文文化交流センター)との中間でバイパス道路沿いにあります。

イメージ 5

イメージ 6

工房へお邪魔したら、蝦夷杉(えぞすぎ・道南杉)の伐採時に出る間伐材を燃料にした薪ストーブが暖かく迎えてくれました。

そう、岡田さんが制作されている食器類はこのような間伐材を利用して制作されているんです。

近年の伐採、再造林で出るこの間伐材の利用というのが今、全国的に取り組まれていて、これもその一つ、自然環境を大切にするエコライフですよね。

岡田さんもここ南茅部の漁師さんと同様、自然と向き合い、資源を大切にするひとりです。

その岡田さんの作業場がこちら。

イメージ 7

大きな窓から陽の光が入り、明るい工房です。

そして、岡田さんが手がけているのが「ウッドターニング」という技法です。

イメージ 8

鉄工所で言うところの旋盤と同様に材料を固定し、回転させながら削り出していきます。

イメージ 9

かなり集中力が必要です。

この後には、やすりで削るなどのさらなる工程があります。

そして、出来上がったハンドメイド作品がこのようになるわけです。

イメージ 10

蝦夷杉(えぞすぎ・道南杉)は全国のスギの中でも年輪が詰まっていてしっかりした木材であることから、建築材として注目が高まっており、さらにこの蝦夷杉(えぞすぎ・道南杉)があるみなみ北海道は国内におけるスギの北限だそうです。

岡田さんが作ったこのサラダボウルやお皿は軽くて、見た目にもそうですが、持った感じも蝦夷杉(えぞすぎ・道南杉)のやさしさが伝わってきて幸福感が湧いてきますねぇ。

当ホテルにお越しの際は是非、お土産にそしてご自宅用にもお買い求めください。

【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

12月に入り、まだ一週間だというのに景色も気温も冬のど真ん中といったここ函館南茅部。

それはそれできれいな雪景色が見られたリ、美味しいものが食べられたリ、何より温泉が気持ちイイです!

そんな中での当ホテルでは、この12月は夕食のお刺身に旬のヒラメをお出ししています。

イメージ 2

早朝の漁港の市場を覗けば、ヒラメは年中見ることはできますが、やはりこの時期はサイズといい、食感、脂の乗りも格別です。

イメージ 3

こちらは現在、グレードアップ・プランでの夕食でお出ししているお刺身の盛り合わせ(3名様分)。

イメージ 4

そして、こちらがその旬のヒラメになりますが、コリコリとした食感、噛むほどに口に広がる甘味、旨味とも一年を通して最高ですね。

その味わい、是非、体験しにいらしてください。

また、この12月のお鍋にはこれもまた旬のマダラが入ったみそ仕立てのお鍋をご用意させていただきました。

イメージ 7

冬だからこそ味わえる美味しさです。

イメージ 5

冬の味覚を堪能し、そして、2種類の源泉かけ流し天然温泉に入って寒さを吹き飛ばす。

イメージ 6

これこそ温泉の醍醐味です。

この12月みなさまのお越しをお待ちいたしております。

【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

この記事に

開く コメント(0)


.


みんなの更新記事