天然温泉|ホテル函館ひろめ荘ブログ@北海道

ブログ始めました!「お気に入り登録」お願い致します。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1

駆け足で季節が進んでいるかのように日中の気温も上がり、雪解けも進んでますます春めいてきているここ函館南茅部。

漁港の市場には釣りあげられた「サクラマス」が水揚げされていました。

イメージ 2

釣れる日、釣れない日、けっこう波があるそうなんですが、漁師さんに聞いたら、時化が来る前がよく釣れるそうです。

潮の流れ、海水温など条件があるんでしょうね。

現在、当ホテルでは先日もこのブログにてご紹介しましたが、ご宿泊の夕食にてこの「サクラマス」のみそ焼きをお出ししています。

イメージ 3

南茅部に春の訪れを告げるサクラマス。

噛むごとにみそだれとの美味しさのハーモニーが口に広がり、お客様からも好評です。

そして、空は晴れ渡り、潮が引いた海岸ではこの季節の風物詩「ふのり」採取が行われていました。

イメージ 4

気温が上がってきているとはいえ、まだまだ寒く、ましてや冷たい風が吹き抜ける海岸で海の水も冷たいのですが、こうしてざるをもって手摘みされているんです。

イメージ 5

成長しきる前のこの時期のものが風味も良いということで昔から行われてきた「ふのり」摘み。

寒い中、みなさんご苦労様です。

そして、現在、この「ふのり」を衣に混ぜてエビを絡めて揚げた天ぷらもご夕食でお出ししています。

イメージ 6

こちらも他にはない美味しさだと好評ですねぇ。

イメージ 7

そして、「ふのり」摘みをされている海岸の沖に見える何艘もの小さな船。

これはここ南茅部の特産品、上質な出汁が取れる真昆布の養殖施設で養殖真昆布漁家の皆さんが施設の手入れ作業を行っているんです。

イメージ 8

今年に入ってからは大雪を降らせた低気圧の通過も多く、海の時化も多かったので、なかなか沖に出られず、今は急ピッチで作業が行われています。

イメージ 9

そして、合わせて行われているのが、育ち始めて長さも2mを越えるほどに成長した「若芽真昆布」の採取です。

イメージ 10

こちらの漁家さんは船いっぱいにして戻ってきました。

主に出汁を取るための成長した「真昆布」の収穫時期は夏ですが、この早採りの「若芽真昆布」は主に食べるためのもの。

海岸線を車で走るとこの「若芽真昆布」が干されて風になびいている光景が見られます。

イメージ 11

この光景もこの時期の風物詩ですね。

当ホテルの売店では、この「若芽真昆布」を使いやすく加工した商品、「磯のたより」(能戸フーズ)を販売しています。

イメージ 12

イメージ 13

袋から手で適度に割って取り出し、水で戻したのち、サラダにトッピングしたり、和え物や昆布ソーメンにしてお召し上がりください。

イメージ 14

歯ごたえがあって、みずみずしくフレッシュ感があって、「真昆布」の若芽ならではの美味しさをご堪能いただけます。

これらは厳しい冬が終わり、暖かい春から新たにスタートする南茅部の元気の源。

みなさんも是非、2種類の源泉かけ流し天然温泉と南茅部の春のパワーを味わいにいらしてください。

※海岸での「ふのり」摘みは地元漁協の組合員のみに限られております。
※「サクラマス」のご提供はその日の入荷状況により変わる場合もございますので予めご了承ください。

【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

3月も下旬、ここ函館南茅部はまだまだ山に残雪が見られますが、記録的な積雪も急速に雪解けが進んでいます。

そして、春のあたたかな陽射しが降り注ぐ中、当ホテルから車で約10分のところにある弁天島のダイビングサービス「グラントスカルピン」(臼尻町)さんにはこの日も東京、仙台、函館市街地からのお客様がお見えになっていました。

この時期のみなさんのお目当ては「ごっこ」。

そうです、先月まで当ホテル朝食でもお出ししていたみなみ北海道の冬の味覚「ごっこ」を撮影にいらっしゃってるんです。

イメージ 2

このとぼけたような顔をしたちょっとグロテスクな「ごっこ」。

これまでもこのブログにてご紹介していますが、厳寒の冬にこのみなみ北海道沿岸の浅瀬に産卵のためにやってくる魚ですが、漁としては今シーズンはほぼ終わっており、当ホテル朝食バイキングでの「ごっこ汁」も終了していますが、海中ではまだまだその産卵の様子が見られるそうです。

海の中での「ごっこ」はこんな感じなんですね。

イメージ 3
撮影:佐藤長明(グラントスカルピン)

産んだ卵を50日も守るそうで、やはり、おかに上がった時とは表情が違いますね。

あたりまえですが、生き生きとしています。

そして、ダイビングにいらしたお客様をもっと喜ばせているのが、卵からかえった「ごっこ」の赤ちゃん(稚魚)。

イメージ 4
撮影:佐藤長明(グラントスカルピン)

こんなに可愛いんです!

で、またいい写真撮りますねぇ。

「グラントスカルピン」のオーナーである佐藤長明さんは水中カメラマンとして有名な方なんです。

イメージ 6
(グラントスカルピン・オーナー 佐藤長明さん)

それゆえ、ここ「グラントスカルピン」さんにいらっしゃるほとんどのお客様の目的は水中撮影だそうです。

イメージ 5

さっ、みなさん装備と注意事項確認後、カメラを持って海に向かいます。

イメージ 7

なにやら凄そうな機材をお持ちですね。

イメージ 8

「グラントスカルピン」さんでは、船でポイントに向かうのではなく、海岸の斜路からアプローチしていきます。

みなさんゆっくりと順番に海の中へと消えて行きました。

オーナーの佐藤さんに聞いたら、今年のこの3月の海は、海藻類が例年に比べ少なく、「ごっこ」を見つけやすいとのこと。

また、まだ春濁りもなく海中はクリアだそうですよ。

「ごっこ」の赤ちゃんは6月まで見られるそうですから、是非、撮影にいらしていただきたいですね。

ここ恵み豊な南茅部の海は「ごっこ」の他にもさまざまな海洋生物、海洋植物が見られますからダイビングしにいらしてください。

そして、ダイビングをして冷えて疲れた体は当ホテルの2種類の源泉かけ流し天然温泉でゆっくりと温まり、疲れを癒してください。

イメージ 9
(グラントスカルピン)

・「グラントスカルピン」オフィシャルサイトはこちら


【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

当ホテルから車で約20分の鹿部漁港。

1999年、この漁港にCM撮影のためにひとりの男が降り立ちました。

それはハリウッド映画にも出演した日本を代表する俳優であり、北海道を舞台にした数々の映画に出演した名優「故・高倉健」。

イメージ 2

北海道を愛し、北海道が似合う俳優さんでしたよね。

現在、五稜郭公園のすぐそばにある北海道立函館美術館において、企画展「追悼特別展 高倉健」が開催されいます。

東映でのデビューから独立後の出演作品を年表で追い、写真と映画のハイライト映像で構成された内容で、高倉健さんの俳優の歩みをじっくり見ることが出来ます。

記憶に残る、数々の映画と名場面ですが、やはり健さんと言えば、北海道を切り離して語ることが出来ません。

イメージ 3

こうして見ると、北海道全域にわたって映画を撮られているんですね。

函館においても代表的な「海峡」(1982年)や「居酒屋兆治」(1983年)の他に「飢餓海峡」(1965年)、「続網走番外地」(1965年)、「大脱獄」(1975年)でも撮影が行われています。

その高倉健さんがイメージ・キャラクターとして出演した1999年の北海道観光キャンペーンのポスター。

イメージ 4

このポスターも会場でご覧いただけますが、このロケ地になったのが、冒頭の鹿部漁港なんです。

その当時の様子を知るのが、鹿部漁港のすぐそばにある道の駅「しかべ間歇泉公園」の「浜のかあさん食堂」のみなさん。

イメージ 5

イメージ 6

先日、その時の話を聞いたんですが、ポスターの中で高倉健さんが手にしているのは、この海岸線では定番の郷土料理、スケソウダラの「三平汁」だそうで、これを用意する依頼を撮影サイドから受けて、朝から準備したそうなんですが、なかなか撮影も始まらず、ましてや誰が来るかも教えてもらえない、完全シークレットだったそうで、いい加減、文句が出始めたころに車がやってきて、降りてきたのが高倉健さんだったので、みな信じられない驚きだったそうです。

そして、ポスターにある場面が撮られたわけですけど、その待ち時間の間も気軽に記念撮影に応じてくれて、「準備大変だったでしょう」とねぎらいの言葉もいただけたそうで、その出来た人柄にもみな感銘を受けたそうです。

この機会に是非、北海道立函館美術館の「追悼特別展 高倉健」をご覧になり、鹿部漁港で健さんが見た風景を共有して、「浜のかあさん食堂」で美味しい定食を食べながら、直に健さんに会った話をかあさん方から聞いてみてはいかがでしょう。

イメージ 7

そして、当ホテルの2種類の源泉かけ流し天然温泉にゆっくりと浸りながら、記憶にある北海道を舞台にした健さんの映画の場面を巡らせてください。

※「北海道立函館美術館」での「追悼特別展 高倉健」は2018年3月31日までになります。
詳しくはこちら



【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

まだまだ冬に閉じ込められているここ函館南茅部。

今シーズンは本当に気温が低くい日が続き、雪も多いですね。

だからこそ芯まで温まる温泉がうれしい!

イメージ 2

そして、2月も下旬になりました。

雪に覆われたままの漁港では3月から解禁になるタコ・えびかご漁の準備が行われています。

イメージ 3

イメージ 4

氷点下の気温の中、みなさん、ご苦労様です。

今シーズンの大漁を祈っています!

そして、海岸線ではこの季節の風物詩「ふのり」採取が始まっています。

イメージ 5

潮が引いた後の岩肌にじゅうたんのように生えている「ふのり」。

まだ成長しきっていないこの時期のものが風味、食感が良いため、採取されるわけですが、それは手摘みで行われます。

イメージ 6

寒い中、腰をかがめての作業は体に堪えます。

みなさん、また、作業が終わったあとには冷え切った体を温めに当ホテルの温泉へ日帰り入浴にいらっしゃることでしょう。

こうして、この温泉は、当ホテルが出来る遥か昔より、地元の人々に愛され続けています。

そして、採取された「ふのり」はというと、ポピュラーな食べ方としてはみそ汁の具材に使うことでしょうか。

イメージ 7

この時期ですと摘み立ての生を使いますね。

それも美味しいのですが、当ホテルで昨年も夕食の「揚げ物」で大好評だったのが、衣にこの「ふのり」を混ぜて、エビを絡めて揚げた天ぷらです。

イメージ 8

「ふのり」の風味にエビの甘さが相まって、恵み多き南茅部の海の幸をご堪能いただける逸品です。

今年もまた3月か4月にお出しできると思います。

そして、漁協の市場をのぞくと、釣り漁で漁獲されたサクラマスが水揚げされています。

イメージ 9

南茅部に春の訪れを告げる「サクラマス」。

まだまだ小ぶりなものが中心ですね。

漁はこれからです。

これも昨年、夕食の「焼き物」で好評だった「サクラマス」のみそ焼き。

イメージ 10

噛むほどに口に広がる旨味と甘味。

こちらも3月か4月にお出しできるかと思います。

あたりはまだ冬景色ですが、豊穣の南茅部の海を見ると季節は変わりつつあることを実感します。

函館の冬の終わりの旬の美味しさ、是非、味わいにいらしてください。

※海岸での「ふのり」摘みは地元漁協の組合員のみに限られております。
※「サクラマス」のご提供はその日の入荷状況により変わる場合もございますので予めご了承ください。

【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

午前10時、無料送迎、出発のお時間です。

イメージ 2

この時、お客様の笑顔が見られて、リラックスされたご様子でワゴン、バスに乗り込み、元気なお声を聞けることが、お見送りの際の至福であり、ちょっと寂しくも、またのお越しと再会のときを楽しみに未来への希望を持つ瞬間でもあります。

こうしてまた、今度は、当日ご来館のお客様のお迎えの準備を始めるわけです。

そのような毎日ではありますが、しかし、今年の雪は多いですね。

イメージ 3

もう記憶にないくらい、いつまで降るんだろうと思える今日、この頃ですが、自然というのは素晴らしいもので、このような状況だからこそ見られる風景が作られ、滅多に見られない光景に目が奪われます。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

自然が作り出す造形ですから、刻々と景色は変わり、これらが必ず見られるわけではありませんが、寒ければ寒いほど、雪が降ったら降ったで、このような光景に出会えるんです。

当ホテルでは、ご宿泊またはご宴会でのお客様の無料送迎を行っております。

イメージ 9

送迎車は大、中、小、合わせて4台のバス、ワゴン車で函館市内および近郊までご自宅またはご指定の場所までお迎えにあがっています。

ご利用につきましては要予約とさせていただいており、また、車の台数とドライバーの人数に限りがございますので、他のお客様と乗り合わせという形、さらにはお迎えの時間に関しましては、原則、チェックインの時間(15:00)までにホテル到着ということになりますので、12:30〜14:00ころのお時間となり、それ以降をご希望される場合は16:00以降で調整させていただくことになります。

詳しいお迎えの時間に関しては、前日、夕方に運行ルート決定後、ご予約いただいたお客様へご連絡させていただくことになります。

ちなみにJR函館駅であれば13:00ころ、函館空港で13:20ころ、JR新函館北斗駅になりますと函館空港方面のお客様がホテル到着後になりますので15:40ころになります。

その間、函館市内および近郊のお客様のご自宅をまわらせていただくことになります。

疲れを取りに温泉行きたいけど、もう、雪は多いし、道路も悪いしと外出を躊躇される方も多いかと思いますが、大丈夫です!

無料送迎をご利用ください。

函館市内、基本的にはご自宅まで伺いますが、2月17日現在、車が入っていくのが困難な場所もあったりしますので、その際は、大変お手数ですが、車が停まれる場所まで歩いて来ていただくこともあるかと思いますので、その場合、ご協力のほど宜しくお願い致します。

また、道路もわだちになっているところがかなりあり、乗車中、ガタガタと揺れることもあります。

それもまた、車内でワイワイ言いながら、楽しんでいただける心の余裕を持っていただけたら幸いです。

そして、2種類の源泉かけ流し天然温泉がみなさまをお待ちいたしております。

イメージ 10

イメージ 11

ゆっくりと日頃の疲れを癒しにいらしてください。

特に北海道内、東北、北陸などのお客様は、この冬の雪かきでまいった体を癒しにいらしてください。

そして、この時にしか見られない景色を楽しみにいらしてください。

また、現在、当ホテルでは、これは雪国の方にはなんの魅力もないと思いますが、寒冷地の冬の生活を体験していただこうと、「雪かき体験」を実施しております。(雪が無くなり次第終了)

ご希望される方は、チェックインの際にフロントへお申し出ください。

体験された方には、当ホテル総支配人より、特典があります!

イメージ 12

現在、当ホテルがある南茅部地区の道路の状況はこのように函館市街地より、走りやすい状況になっています。

あと、もう少しだと思いますが、この冬、みなさまのお越しを心よりお待ちいたしております。

【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

この記事に

開く コメント(0)


.


みんなの更新記事