天然温泉|ホテル函館ひろめ荘ブログ@北海道

ブログ始めました!「お気に入り登録」お願い致します。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1

2017年の秋も深まり、夜明けも遅くなってきた函館南茅部。

特にこの日は雨上がりで暗く、イカが水揚げされてくる時間の漁港はまだ深夜といった感じでした。

しかし、この10日ほど、南茅部はスルメイカ(真いか)が豊漁です!

イメージ 2

それも大きく立派な形がメインで入っています。

イメージ 3

函館市街地の漁港ではイカが無いという話も聞こえてきますが、さすがは豊穣の海、奇跡の海岸・南茅部。

イカの街・函館の最後の砦です!

朝食バイキングでの「朝どれイカ刺し食べ放題!!」もお客様に大変喜ばれています。

イメージ 4

ありがたいですねぇ。

イメージ 6

早朝の朝ぶろで頭と体を目覚めさせ、集中力も増してきたところで朝食会場へ。

イメージ 5

思う存分、美味しいイカ刺しご堪能ください!!

※「朝どれイカ刺し食べ放題!!」はその日に時化などにより漁が無かった場合は、前日に確保しておいたものに代わることもありますので予めご了承ください。

【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

ついに、ここ函館南茅部も紅葉がピークを迎え、自然のアートが完成といった景色になっています。

イメージ 2

当ホテルも見事な紅葉に囲まれ、一年に一度のアーティスティックな世界に様変わりしています。

イメージ 3

イメージ 4

この光景を楽しみに連日、たくさんのお客様にいらしていただいております。

ありがたいですねぇ。

やはりこの景色の中で入る温泉は格別なものがあります。

イメージ 5

イメージ 6

1F大浴場屋内の重曹泉の浴槽から見える光景です。

そして、こちらは屋外の露天風呂、硫黄泉の浴槽から見た光景です。

イメージ 7

イメージ 8

もう、日中でも空気が冷たく、寒さを覚えるくらいになりましたけど、イオウの香りの中、温泉に浸りながら風に揺れる枝からハラハラと舞う枯れ葉に目を奪われ、心も体もあたたかくなってきます。

写真を撮っていたら、毎年、この時期に長期滞在される常連のお客様がちょうどいらして、「小鳥のさえずりが聞こえるときがあるんだけど、それがまた風情があっていいんだよ」とおっしゃっていました。

近年、本州のほうでは気候変動なのか春と秋がなくなり四季が崩れてきているというお話も聞くことがありますが、ここにはまだしっかりと日本の四季があり、季節ごとの素晴らしい景色と風情を堪能することが出来ます。

そして、秋の紅葉と言えば、もう結構知られて人気になっているのが、函館市街地からここ南茅部地区を結ぶ最短ルートである道道83号線、通称「川汲峠(かっくみとうげ)」の紅葉も見事な彩りになりました。

特に注目ポイントである「矢別ダム」周辺の紅葉は彩りといい、ロケーションも素晴らしいです。

イメージ 9

イメージ 10

そして、近年、インバウンドでいらっしゃる外国人旅行者も増えている紅葉スポットが道道43号線沿いの大沼国定公園周辺です。

イメージ 24


イメージ 11

大沼国定公園にはこの日も中華圏からのお客様がたくさんいらしてましたね。

イメージ 12

周遊道路も見事な紅葉で、レンタサイクルで風を感じながら楽しまれている方もけっこういらっしゃいました。

イメージ 13

これは大沼国定公園をパノラマで観ることが出来る「日暮山展望台」からの景色です。

イメージ 14

そして、これは以前、このブログでもご紹介させていただいた「流山牧場・PAARD MUSEE(パド・ミュゼ)」さんから望む「駒ヶ岳」の景色です。

山頂には雪が見られます。自然の醍醐味を感じますね。

さらには夏季営業されている「函館七飯ゴンドラ」さん。

イメージ 15

こちらもなんと!900mを越える山頂にゴンドラで昇ってみたら、雪でした!

先日の台風21号の影響でやってきた11月中旬並みの寒気がこちらでも雪を降らせたそうです。

イメージ 16

ひと足早い雪の上を散策されているお客様もいらっしゃいました。

そして、人気のカフェ・レストラン「PEAK CAFE」にもお客様がいらして、雪を目の前に紅葉の下界を見下ろし、駒ヶ岳の雄姿を眺めながらお食事を楽しまれていました。

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

優雅な気分になりますねぇ。

イメージ 20

ゴンドラの中腹、ちょうどこのあたりが秋と冬の境目でしょうか。

さて、これから冬を迎えて、こちらの「函館七飯ゴンドラ」さんではスノーパークとしての営業が始まるわけですが、今年は12月9日(土)から降雪機を使った人工雪で中腹までの営業開始を予定しているそうです。

そのあとは自然の降雪を待って頂上までのオープンになるそうです。

イメージ 21

先ほどの「流山牧場・PARRD MUSEE(パド・ミュゼ)」さんでは冬も「ネイチャーホースライディング」で馬に乗り、雪の大沼を楽しめるそうですし、「大沼国定公園」ではワカサギ釣りもありますね。

イメージ 22

そして、ここ奇跡の海岸「南茅部」では種類豊富な美味しい魚がますます獲れ、特にマダラが旬を迎え、いち段と美味しくなります。

イメージ 23

みなみ北海道のイーストサイドはここから冬も楽しみいっぱいです!

宿泊は当ホテルですよ♪

・「函館七飯ゴンドラ」さんのご紹介ブログはこちら

・「流山牧場・PARRD MUSEE(パド・ミュゼ)」さんのご紹介ブログはこちら

【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

11月並みの寒気がやってきているということでここ函館南茅部も朝晩はめっきり冷え込んでいます。

しかし、山々の紅葉は一段と彩りよく進んでいます。

当ホテル周辺の雰囲気もかなり変わりました。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

今週末くらいから見ごろになるでしょうか。

昨年は8月末の超強力台風10号がこの南茅部をかすめ、三連発で台風が北海道に上陸したこともあり、紅葉の時期には結構、葉が落ちてシーズンを迎えましたが、今年はかなり迫力ある自然のアートを楽しめるのではないかと思います。

イメージ 5

枯れ葉の舞を眺めながらの露天風呂は秋の風情があって、心も体も温まると思います。

ちょっと台風21号の動きが気になりますが、昨年のようにこのあと台風がやってこなければ11月上旬まで別世界を楽しめそうです。

是非、紅葉の美しい南茅部にいらしてください。

【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

10月に入り、このみなみ北海道ではスケソ刺し網漁が解禁になりました。

イメージ 2

近年は不漁続きでしたが、今年は出だしから好調のようです。

イメージ 3

漁港の岸壁ではスケソウダラを網から外す作業が行われています。

この光景も南茅部の季節の風物詩。

そして、この光景が見られるようになると今年も終わりが近づいていると感じるようになります。

しかし、その作業は寒風にさらされ、冷たいコンクリートの上で手作業で行いますから大変なんです。

作業終了後は冷え切った体を温めにみなさん当ホテルの日帰り入浴にいらっしゃいます。

イメージ 7

今シーズンも当ホテルの2種類の源泉かけ流し天然温泉で疲れを癒していただいて日々の作業を頑張っていただきたいです。

そして、スケソウダラと言えば「たらこ」ですね。

イメージ 4

「たらこ」の街、隣町の鹿部町でも今年は出だしから好調でホッとしているようです。

当ホテルではその鹿部町で加工された美味しい「たらこ」を販売いたしておりますので、いらした際は是非、お買い求めください。

そして、海から山に目を移すと、これまで隆々とした緑色の森林でしたが、トーンが変わり、彩りがカラフルになり始めました。

イメージ 5

紅葉の見ごろまでもう少しですね。

イメージ 6

当ホテルの周辺も秋の風情に変わりつつあります。

アーティスティックな紅葉と秋の味覚を楽しみに是非いらしてください。

【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

山々の緑もだいぶ色が薄くなり、赤や黄色に変わりつつある南茅部。

空気も冷たく駒ヶ岳もくっきり見えるようになりました。

刻一刻と秋の深まりを実感します。

やはり今年も紅葉の見ごろは10月20日ころから始まりそうですね。

食欲の秋、収穫の秋、スポーツの秋、芸術の秋、実りに満ちた秋の行楽シーズンの到来です!

南茅部の早朝の漁港にはさまざまな美味しい魚が水揚げされています。

イメージ 2

当ホテルで大好評の朝食バイキング「朝どれイカ刺し食べ放題!!」のスルメイカ(真いか)にサバ、トラフグ、ヤリイカなどが次々に選別されていきます。

イメージ 3

こちらは秋の味覚の代表格のサケ。

イメージ 4

そして、ヒラメと人気が二分するほどの美味しいカレイの「マツカワ」。

イメージ 5

美味しさ満点!栄養満点!の天然ブリ「まんてん」。

イメージ 6

今や高級になったホッケ。

イメージ 7

これから旬を迎え、当ホテルでもお鍋や真昆布締めのお刺身でご提供するマダラ。

豊富な魚種が水揚げされる恵まれた漁場の南茅部の海。

スケソウダラもこれからですね。

そして、芸術で言えば、クールジャパンとして日本が世界に誇る縄文土偶(JOMON DOGU)、縄文土器(JOMON DOKI)を展示公開している「函館市縄文文化交流センター」

イメージ 8

イメージ 9

米国のスミソニアン博物館での展示で欧米人に芸術性の高さを評価され国宝の道が開かれた北海道唯一の国宝「中空土偶」。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

縄文土器もアートとしてとらえられています。

イメージ 13

食べるものがあり、見るものがあり、そして、当ホテルが誇る2種類の源泉かけ流し天然温泉があります。

イメージ 14

すべての秋が揃う南茅部でこの秋を満喫してください。

【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

この記事に

開く コメント(0)


.


みんなの更新記事