天然温泉|ホテル函館ひろめ荘ブログ@北海道

ブログ始めました!「お気に入り登録」お願い致します。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1

昨年から夏季の営業を再開された「函館七飯ゴンドラ」さん。
(当ホテルから車で約40分)

山頂の高原では大沼国定公園や秀峰「駒ヶ岳」の夏の景色を楽しめるのはもちろんのこと、噴火湾に面した緑豊かなみなみ北海道東海岸沿いに連なる山々を眺めることが出来ます。

イメージ 2

イメージ 3

そして、冬のスキー・シーズンに合わせて昨年の12月、山頂にオープンしたのが、カフェ・レストランの「PEAK CAFE」です。

イメージ 4

イメージ 5

洗練されたおしゃれなお店です。

イメージ 6

スキーヤ―、スノー・ボーダーがそのままの恰好で利用できるよう、内装はシンプルながらレンガの床と木のテーブル、椅子で温かみがあり、ガラスの壁面で周りを見渡すことができます。

そして、こちらでいただいたのがプレート・ランチをデザート、ドリンク付きで。

イメージ 7

食材の宝庫、七飯の美味しいお肉に野菜、そして、噴火湾でとれた魚介類と素材も良く、さらにハンバーグやソース、ドレッシングに至るまで手作りだそうで美味しかったです。

イメージ 8

日本における西洋果物栽培発祥の地・七飯でとれたブルーベリーを使ったデザート・ケーキも手作りだそうで、これもまた美味しかったですね。

しかし、山のお天気は良く変わると言いますが、この日も雲が多く、時折、陽射しが照り付け、駒ヶ岳や下界の七飯、鹿部の平野が見られることもありましたが、総じて雲に視界を遮られる時間帯が長く、眺望を存分に楽しむことはできなかったのですが、でも、ゆっくりと流れる雲に時の流れもゆるやかに感じられ、900mを超す標高で時折顔をのぞかせる下界の景色や駒ヶ岳のシルエットを見ながら食事を楽しんでいるなんて、なんだか優雅で贅沢な気分にさせてくれました。

イメージ 10

そして、夕暮れ時を迎え、山頂の雲は消え、夕陽のオレンジ色があたりを染め始めたので、これは旅行雑誌「じゃらん」で「一生に一度は見るべき夕日絶景BEST.2」に選ばれた絶景を見られるかと期待して展望台へと上がってみましたが、確かにロケーションは抜群です!

しかし、残念ながら雲がかかり、次回のお楽しみとなりました。

イメージ 9

雲が無ければ、手前に大沼・小沼があり、その先に沈んでゆく夕陽の絶景が見られたはずです。

でも、十分、日常から解放された気分で楽しむことが出来ますよ。

みなさんも是非、この贅沢な気分での食事と眺望を楽しんでみてください。

山頂の高原を散策されるのであれば女性の方はヒールはやめてください。また虫よけスプレーも忘れずに。

・「函館七飯ゴンドラ」オフィシャルサイトはこちら

8月6日(日)にはこちらの「函館七飯ゴンドラ」さんを会場に「第4回大沼べごっ子まつり」も開催されるそうです。
・「第4回大沼べごっ子まつり」の詳細はこちら

さて、みなみ北海道の景観と美味しい食事を楽しまれたあとは当ホテルの2種類の源泉かけ流し天然温泉をゆっくりとお楽しみください。

【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓



この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

連日のようにお客様から「まだか、まだか」とお問合せいただいておりました当ホテル朝食バイキングの「朝どれイカ刺し食べ放題!!」。

昨年は大不漁の中、ここ南茅部には少ないながらも水揚げがありましたので実施することが出来ましたが、今年はもう、つい数日前まで今シーズンはあきらめて、別な内容を考えようかという内部の話になっておりましたが、来ました!スルメイカ!

まだまだ漁としては全然少ないですが、良い形が大謀網(定置網)で水揚げされるようになりました!

そこで急きょ、今年も朝食バイキング「朝どれイカ刺し食べ放題!!」始めました!!

イメージ 2

朝一番にあがった鮮度抜群のスルメイカ(真いか)のイカ刺しを是非、ご堪能ください!

いかの街・函館の最後の砦、奇跡の海岸「南茅部」。

このまま冬まで漁が伸びてくれることを祈ります。

※朝食バイキング「朝どれイカ刺し食べ放題!!」のご提供はその日の漁模様によりますので予めご了承ください。

【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

この記事に

開く コメント(2)

イメージ 1

連日猛暑日が続いているここ函館南茅部ですが、さあ!今年も函館の花火大会が始まります!

例年通り先陣を切るのは「函館港花火大会」です。

主催の「函館新聞社」さんは今年、創刊20周年を迎え、その記念大会でもあり、例年以上にスペクタクルでファンタジックな花火大会を開催し、観覧者の方々を楽しませてくれることでしょう。

昼間の暑さもドカン!ときれいな花火と演出で忘れさせて、函館の夏の夜空を彩ってほしいですね。

詳しくは「函館新聞社」オフィシャルサイト・函館港花火大会公式ページをご覧ください。


【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓


この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

梅雨空が数日続いたあと、この4日ほどは爽快な初夏の青空が広がるここ函館南茅部。

イメージ 2

地域の親睦と海の豊漁、安全を祈願する地元の神社でのお祭りも秋に執り行われる古部地区を除くすべての神社で例大祭が終わり、南茅部の前浜は夏の真昆布漁本番モードに入っています。

しかしもうすでに養殖真昆布「早採り」の水揚げが始まっており、陽が昇る前から養殖真昆布漁家さんは沖に出て、船いっぱいに真昆布を積んで戻ってきて、干す作業を行っています。

イメージ 3

まだ昆布としては「早採り」という規格になるのですが、もうすでに長さ、幅ともに十分で厚みもあり、今年は例年以上の出来の良さだそうです。

イメージ 4

このあと「本採り」が始まるともっと厚みの増した真昆布が水揚げされてくることでしょう。

旨味が豊富で味わいが深く、やわらかく、そして、美味しさの余韻が長い上質な南茅部産真昆布。

イメージ 5


その美味しい出汁はもちろん当ホテルの料理における味の要でもあるわけですが、その真昆布を北海道ローカルではありますがテレビ番組の「どさんこワイド179(STV)」さんで紹介されるそうで、先日、早朝から取材ロケが行われていました。

イメージ 6

養殖真昆布「早採り」の水揚げ模様から料理での活用方法まで紹介されるそうです。

放送は2017年7月13日(木)の夕方4時ころだそうですので、道内のみなさんには是非、ご覧いただきたいです。

そして、その最上級真昆布を育む豊穣の海・奇跡の海岸「南茅部」に是非、お越しいただいてその風土に培われた美味しさを当ホテルでじっくりと味わってください。

イメージ 7



【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

当ホテルから車で約75分、また、北海道新幹線の駅「JR新函館北斗駅」からは車で約10分のところにある北斗市の「谷観光農場」さん。

例年ですと6月のあたまから「いちご狩り」が始まるのですが、今年は春先の気温などが影響し、いちごの生育が遅れ3週間遅れで「いちご狩り」が始まりました。

イメージ 2

やはり小粒な感じは否めませんが、それでも赤く色づいたいちごは糖度が増していて美味しいです。

イメージ 3

しかし、そのいちごもそろそろ終わりだそうで、そこからバトンを受ける形で始まったのが「さくらんぼ狩り」です。

イメージ 4

こちらは例年通り順調に実り、食べごろに赤く色づきました。

イメージ 5

甘くてみずみずしく美味しいです!

即売コーナーでは完熟したこのさくらんぼのほかに農場内で栽培されている野菜類も販売されており、どれも採れたて新鮮で美味しいですね♪

イメージ 7

トマトもご覧のように大地の栄養分と水分をいっぱいに吸収し、太陽の陽射しを受けてパンパンに実っています。

イメージ 6

こちらの農場はまわりに陽射しを遮るものがなく、とにかく広い空の下、自然と大地のパワーに触れて美味しい恵みをいただけます。

海も良いですけど山も良いですね♪

みなみ北海道の美味しい果物、野菜を是非、味わいに行ってみてください。

・「谷観光農場」オフィシャルサイトはこちら

果物狩りを楽しんで心地よく汗もかいたなら、当ホテルの2種類の源泉かけ流し天然温泉でゆっくりと汗を流してください。

【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓


この記事に

開く コメント(0)


.


みんなの更新記事