天然温泉|ホテル函館ひろめ荘ブログ@北海道

ブログ始めました!「お気に入り登録」お願い致します。

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全65ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

今シーズン一番の寒波がやってきているここ函館南茅部。

しかし、雪はそれほどでもありません。

そして、この寒い中、海を眺めると、前浜ではみなみ北海道の冬の味覚「ごっこ」の刺し網漁が行われています。

イメージ 2

イメージ 3

漁師さんたちは厚着をして、防寒対策をしながら氷点下の海へ出ています。

イメージ 4

このブログにお付き合いいただいている皆さんにはもうお馴染みだと思いますが、厳寒の冬にみなみ北海道の沿岸の浅瀬に産卵のためにやってくる「ごっこ」。

正式には「ホテイウオ」と呼ばれていますが、今年もやってきてくれましたね。

そして、この「ごっこ」で作る「ごっこ汁」がこのみなみ北海道の冬の味覚であり、これを食べないと一年が始まった気がしません。

イメージ 5

当ホテルでも朝食バイキングにてこの「ごっこ汁」のご提供が始まりました。

イメージ 6

グロテスクな身体にとぼけた表情。

その身のほとんどはぷにゅぷにゅとしたゼラチン質で1㎜大の卵のつぶつぶ感がアクセントとなって美味しいです。
出汁がまた独特でまさに郷土料理といった味わいです。

そして、寒い日ほど美味しく感じます。

「ごっこ汁」のご提供は漁にもよりますが3月中頃まではご提供できるかと思います。

是非、この厳寒のみなみ北海道で冬の味覚、郷土料理の「ごっこ汁」を味わってみてください。


【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

2019年の年明けから当ホテルの1Fロビーでは、お客様からご縁をいただいた三味線と扇子が飾られています。

そのデザインは、これまで数々のアニメやゲーム作品でキャラクターデザインを手がけられ(タイムボカンシリーズ他タツノコプロ作品、ファイナルファンタジーシリーズなど)、イラストレーター、舞台美術、衣装デザインなども有名な日本を代表するクリエーター「天野喜孝(あまのよしたか)」さんが手がけられ、制作は神奈川県の相模原市に本社がある三味線工房の「小松屋」さん。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

これはデザイン・三味線マニアの方々には必見の作品ではないでしょうか。

そうではないお客様も当ホテルへいらしたら、くつろぎのひと時にちょっとご覧になってみてください。

こちらの作品は「小松屋」さんで販売されています。
・「小松屋」オフィシャルサイトはこちら

2019年も少しずつ変化を遂げているホテル函館ひろめ荘です。

【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

この記事に

開く コメント(2)

イメージ 1

平成最後の年末年始も終わり、2019年も本格的に動き出しました。

当ホテルではこの年末年始も沢山のお客様にお越しいただき、新時代に向けたうれしいスタートとなりました。

ありがたいことです。

そして、この年明けからここ函館南茅部はとにかくお天気に恵まれて清々しい日々が続いています。

よどみのない澄んだ青空に白い雪。

最低気温が−7℃という日もあったり、雪が降り積もることもありますが、ご覧の通り、1月7日現在で雪は昨年に比べたらぜんぜん少なく無料送迎バスも支障なく運行出来ています。

イメージ 2

当ホテル前の道路もこのような感じです。

そして、この冬のみなみ北海道は当ホテルから車で約40分のウィンターリゾート「大沼国定公園」が素晴らしい。

みなみ北海道を代表するリゾート地、七飯町の大沼地区は秀峰「駒ヶ岳」をランドマークに四季折々の景観や遊びがあり、一年を通して楽しめるのですが、冬もまた冬ならではの楽しみがあります。

このブログでもご紹介しているスキーリゾート「函館七飯スノーパーク」さんもそうですし、氷結し雪が積もった大沼の湖面越しに見る雪化粧の駒ヶ岳の景観も良いですね。

イメージ 3

「大沼国定公園」にはこの日も海外からのお客様を中心にたくさんの観光客の姿が見られました。

イメージ 4

どうです、この景観です。

イメージ 5

やはり冬は空気が澄んでいるので山もはっきりと見ることが出来ます。

手前の純白の雪の平原が大沼の湖面なんです。

この風景の中に居ると心が清らかな気分になります。

そして、冬の「大沼国定公園」の楽しみは観るだけじゃないですよね。

イメージ 6

始まっていました「ワカサギ釣り」!

イメージ 7

こちらは夏場は遊覧ボートや貸しボートをされている「大沼合同遊船」さんですが、冬は恒例で「ワカサギ釣り」を営業されています。

イメージ 8

凄い人気です!

イメージ 9

氷の厚さは15㎝を超えているそうで、今年は雪が少ないおかげで氷の成長も良く、昨年よりも早く、1月3日から氷上での釣りが出来たそうです。

雪が覆ていると保温効果があり氷の成長が悪いんですね。

このまま順調に氷の成長が続けば一週間後くらいからは、更なる楽しみの氷上スノーモービル、そり体験も出来そうだとのことです。

そして、こちらではワカサギの天ぷらや唐揚げが食べられます。

イメージ 10

これは「ワカサギの天ぷら」。

塩と一味をかけていただくんですがめちゃくちゃ美味しい!

ワカサギって甘いんですよ。

イメージ 11

鮮度も良くって、これもここでしか食べられない冬の大沼の美味しさですね。

そして、大沼公園内には「ワカサギ釣り」の釣り場が3ヵ所あります。

イメージ 12

こちらでもたくさんのお客様が楽しまれていました。

釣り場は、それぞれロケーションが異なり、料金も異なります。

やっぱり冬も大沼、七飯は楽しいですね!

こちらへのアクセスは近郊の方々はマイカーでいらっしゃいますが、地域外からだと天候や道路状況が気になり車を躊躇される方もいらっしゃると思いますが、JRがあります。

イメージ 13

こちらの「JR大沼公園駅」には特急も停まりますので徒歩でいらしても大丈夫!

そして、当ホテルへは無料送迎バスがあります。

イメージ 14

ただし、無料送迎バスに関しましてはバスの台数とドライバーに限りがございますので、送迎のお時間につきましては要相談ということになり、事前のご予約が必要ですので、宿泊をご予約の際にご相談ください。

イメージ 15

そして、大沼に行ったらやっぱり立ち寄ってしまう大沼名物「大沼団子」の老舗「沼の家」さん。

ちょうど、普段から当ホテルへもお客様をご案内いただいている函館市街地のタクシー会社「道南ハイヤー(スマイル・タクシー)」さんが、お客様をお連れになっていました。

あっ、冬のみなみ北海道の交通手段には「観光タクシー」というのもアリですよ。

函館市街地からこうして大沼公園や当ホテルまで周遊観光で送客いただけますし、暖かい車内で安心して移動が出来て、ドライバーさんならではの隠れたおもしろスポットをご案内いただけたりします。

先日、新千歳空港が猛吹雪で2,000人が空港内に足止めされたというニュースがあり、大変な思いをされた方もいらっしゃったと思いますが、けっこう函館へ移動して帰られた方が多かったと聞きました。

それは新幹線の駅「JR新函館北斗駅」と「函館空港」があるからです。

飛行機がダメなら鉄道がありますので、是非、みなみ北海道へいらしてください!

そして、当ホテルの2種類の源泉かけ流し天然温泉もご堪能ください。

イメージ 16

イメージ 17

みなさまのお越しを心よりお待ちいたしております。

・「函館七飯スノーパーク」さんのご紹介ブログはこちら

・「道南ハイヤー(スマイル・タクシー)」さんのオフィシャルサイトはこちら



【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

みなみ北海道にウィンタースポーツ・シーズン到来!!

当ホテルから車で約40分の「函館七飯スノーパーク」さんが、今シーズンの営業を始めています!

イメージ 2

しっかりと圧雪もされて抜群のコンディション。

これからはパウダースノーも楽しめるでしょう。

イメージ 3

頂上レストランの「PEAK CAFE」のテラスには雪だるまもありました。

イメージ 4

この日は「シーフード・ドリア」をいただいてきましたが温まりますねぇ。

イメージ 5

美味しかったです。

イメージ 6

山のお天気は変わりやすく、晴れたなぁと思ったら、すぐに空は雲に覆われ、雪が舞います。

こちらの「函館七飯スノーパーク」さん、これまでもご紹介しておりますが、その魅力は、なんといっても晴れ渡った時に見える駒ヶ岳の雄姿とその右手に見える噴火湾へ向かって滑走するロケーションの素晴らしさ。

イメージ 7

イメージ 8

そして、今では「PEAK CAFE」でのお食事を楽しみにいらっしゃるお客様も増えています。

イメージ 9

イメージ 10

こちらの「ハンバーグステーキ」も人気ですね。

また、この日も感じましたが、外国からのお客様も増えていますね。

ご家族のようでしたが、娘さんと奥さんらしきお二人が、レンタルでのスキー道具、ウェアを着込まれていましたが、お父さんと息子さんらしきお二人は普通の靴でいらしてましたね。

だんだんインターナショナルになってきましたね。

イメージ 11

こちらのお二人は姉妹で、ご両親と仙台から旅行でいらしているとのこと。

地域外からのお客様もますます増えていますね。

イメージ 12

当ホテルにもこちらへのアクセスに関しましてお問い合わせが増えています。

イメージ 17

そこでこの度、当ホテルでは連泊で4名様以上に限らせていただきますが、こちらの「函館七飯スノーパーク」さんまで送迎バスによる送迎を開始いたしました。

イメージ 13

イメージ 14

ただし、送迎バスの台数とドライバーに限りがございますので、送迎のお時間等につきましては要相談・要予約となります。

詳しくはこちらのフリーダイヤルでおたずねください。
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)

思いっきりスキーとスノボを楽しまれたあとに入る当ホテルの2種類の源泉かけ流し天然温泉は格別ですよ。

イメージ 15

イメージ 16

冬の楽しみいっぱいのみなみ北海道。

みなさまのお越しを心よりお待ちいたしております。

・「函館七飯ゴンドラ/スノーパーク」オフィシャルサイトはこちら


【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

当ホテルから車で約7分のところにある函館市南茅部支所。

函館市街地からこの南茅部地区を結ぶ、道道83号線と海岸沿いに走る国道278号線バイパス道路の丁度交差点すぐそばになるのですが、その前広場で毎年恒例のウィンター・イルミネーションが今年もスタートしました!

平成最後の冬、今年は昨年より光量がアップしているそうで、確かに輝きがひときわ明るく思えます。

そして、バイパス道路沿いにある当ホテルお取引先の「うえやま商店」さんのクリスマス装飾もなんだか昨年よりも増えた気がします。

イメージ 2

そのうち「ラッキー・ピエロ」さんに負けないくらいになるでしょうか。

当ホテルへいらした際には是非、ご覧になってください。

南茅部支所前のウィンター・イルミネーションは来年1月中旬まで輝いているそうです。


【ひろめ荘宿泊のご予約はこちら】
 
お電話でのお問い合わせ・ご予約は
フリーダイヤル 0120-188-160 (7:30〜21:00)
 
ご予約、心よりお待ち申し上げます。
 
ホテル函館ひろめ荘オフィシャル・サイトはこちら



このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
ここをポチッと押してください。
     ↓

この記事に

開く コメント(0)

全65ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事