オフィスH(あっしゅ)−誠信の交わり、奮闘記

世界から、個性的なアニメーションや独立系作家に役立つ情報を紹介します。

全体表示

[ リスト ]

「ヨーロッパの短編アニメーション特集上映」と
「カナダ・アニメーション・フェスティバル」が
統合レーベル「世界のアニメーションシアター(通称WAT)」としてスタート!


2000年から毎年開催している、イメージ 1
世界の短編アニメーションの特集上映。
本年は、ヨーロッパ、カナダから全29作品が揃いました。

中でも目玉は、本年度のアヌシーと広島という世界四大アニメーション映画祭でダブル受賞を果たした『Angry Man/アングリーマン』
この他にも、映画祭受賞作品から新人作品まで、1分から長くても30分までの様々なジャンルの作品を揃えました。
この機会に是非ご鑑賞ください。

WAT 2010 予告編>>

ヨーロッパショートアニメーション集 
★ 22作品 / 5プログラム
世界最大規模のアニメーション映画祭<アヌシー>で得たネットワークを活用し、フランス、ドイツ、ポーランド、ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、イスラエルから、様々な技法と、幅広いテーマ性のヨーロッパの最新作22本をセレクトしました。

家庭内暴力を乗り越える父子を描いた『アングリーマン〜怒る男』、イスラエル占領地域での暴力を告発するイスラエルの人権団体B'Tselemの「shooting back」に因む『ホワイトテープ』といった社会問題を扱う作品から、就活に悪戦苦闘する女性の『ミス・リマーカブルの就活』、スウェーデンの人形アニメーション『スポットとスプラッチ』、独創的なグラフィックスが魅力的な『ことばの狩人』、『水泳王ジャンフランソワ』といったアート作品まで。
さらに、ポーランド出身で現在はドイツで活躍する、ベルリン映画祭銀熊賞受賞のクレイアニメーション作家イザベラ・プリュシンスカの最新作を含む4本を上映。

そして、現在注目されているアニメーション専門校2校の学生作品を特別に紹介します。
ドイツのバーデン・ヴュルテンベルク州フィルムアカデミー(FBW)、デンマークのアニメーション・ワークショップ(TAW)です。
TAWは独立系作家の制作を支援する"オープンワークショップ"を20年来運営しており、そこで生まれた作品群の一部を今回日本で初公開します。

プログラムと作品紹介>>

第11回カナダ・アニメーション・フェスティバル(CAF)  ケベック編 

★ 7作品 / 2プログラム
11回目となる「カナダ・アニメーション・フェスティバル(CAF)」は、ケベック州モントリオールに拠点を置く、独立系制作会社5社によるTVアニメーションの特集です。
カナダはアニメーションの制作、配給に力を持っており、長年、米国だけでなく、特にフランス語圏であるケベック州はフランスとの結びつきが強く、アヌシーのような国際映画祭には、カナダ作品が必ず登場し、高い評価を得ています。

今回の「ケベック特集」は、私がアヌシーで知り合った製作者達の協力で実現しました。
ゲーム産業が活況なケベックは、映画テレビ産業を振興する州政府の組織があり、制作会社の海外進出を支援しています。
今回の上映作品の制作会社は、いずれも国際共同制作実績がある、商業アニメーションのエキスパート達です。世界175カ国に販売された『トゥーピーとビヌー』から、日本アニメ風の学園コメディ『マイライフミー』、特別プレミアとなる児童向け新シリーズ『プチ・ラパン・ブラン』まで、多彩なラインアップです。

そして、第72回アカデミー賞受賞作『老人と海』は、日本、カナダ、ロシアの国際共同制作の金字塔として特別上映します。

プログラムと作品の紹介>>

メディアで紹介されたWAT2010>>


世界のアニメーションシアター WAT2010 
Worldwide Animation Theater - WAT 2010
■会期:
2010年11月13日(土)〜12月10日(金)
火曜日定休/11月23日(祝)上映あり

■会場:
短編映画館トリウッド
〒155-0032 東京都世田谷区代沢5-32-5-2F
Tel03-3414-0433

■入場料金:
当日券  1プログラム 一般900円/学生800円
当日券 2プログラム 一般1,600円/学生1,400円
当日券 3プログラム 一般2,100円/学生1,800円
一日券 一般4,000円/学生 3,500円

タイムテーブルやプログラムはトリウッドのHP>>

さらに>>

■主催:
WAT事務局

■協賛:
コロムビアミュージックエンタテインメント株式会社
東京国際アニメフェア2011

■後援:
カナダ大使館
駐日欧州連合代表部
スウェーデン大使館
デンマーク大使館
ドイツ文化センター
ノルウェー王国大使館
フランス大使館

■協力:
Bureau du cinema et de la television du Quebec
CarpeDiem Film & TV
Pascal Blais Studio
Spectra Animation
Wizzfilms Inc./Mokko Studio
ZABELLE Inc.
(株)IMAGICA TV
Norwegian Film Institute
Swedish Film Institute
トリウッド

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事