雀百までなんとやら

しばらくお休みします。レス遅れますが、コメントは今までどおりどうぞ

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1


先日、亡くなられた羽田健太郎さん。
ハネケンさん」の愛称で親しまれ、
音楽についてなんの学もないわたくしのような者でも
とっても身近な存在に音楽を置いてくださった、
そんな印象とともに
あの笑顔とソフトな語り口がわたくしは好きでした。

先日、ラジオでばんばひろふみさんが
ハネケンさんとのあるエピソードを語っておられました。
ばんばさんのマネージャーさえ知らなかったというほど、
いままで一切語らなかったとのことでした。

まず、ばんばさんとハネケンさんの接点があったのだろうか、
という疑問が真っ先に頭をよぎるのでしたが、
スタジオミュージシャンとしては、もう古くから
ポップスの感覚をもったクラシック育ちのピアニストとして
レコーディングには引っ張りだこの存在だったそうです。
音楽に境目をつけないハネケンさんらしいキャリアですよね。

ご存知でしょうか、
ばんばひろふみさんのミリオンセラーとなった「SACHIKO」。
この曲のピアノ演奏はすべてハネケンさんだというのです。
レコードにもクレジットされていないので
この事実を知る人も当時レコーディングに立ち会った人たちだけらしいです。
もう二十数年前(三十年前の手前)の曲です。
その頃から、上に述べましたように、引っ張りだこだったハネケンさんですから、
レコーディングスケジュールも綿密に組まれたのですが、
その一日だけ、ようやくブッキングできたとのことです。
ハネケンさんはピアニストとしてレコーディングに参加される予定で、
アレンジ(編曲)は別に担当者がいたそうですが、
その「SACHIKO」だけ、アレンジをするのを忘れて、
ぶっつけ本番状態になったとのことです。
そこで、ハネケンさんが、
イントロはこういうのはどう?
間奏はこんなのでどう?
という感じでその場でつくってくださったということです。
もし、担当者がアレンジを忘れずにつくっていたら
ハネケンさんの才能を作品として残すことができなかったのかもしれないということです。
あの名イントロが生まれなかったら、
「SACHIKO」のミリオンセラーはなかったのかもしれないのです。
いずれにしても、ハネケンさんのピアノとばんばさんの歌が
こうしていま残っていることを
この曲が大好きなわたくしとしてはうれしいこと極まりないことでした。

ばんばさんもこのことを今まで一切語らなかったということでしたが、
二十数年の時を経ても色あせることない名エピソードだと感じられました。
いや、二十数年の時を経て、熟成され珠玉の名エピソードになったのかもしれませんね。

その当時のアレンジ担当者の方もいまは故人となっておられるとのことです。
きっと天国でお二人が顔をあわせて、ニンマリしておられることでしょうね。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事