海洋戦略研究

軍事戦略、管理思想、情報、金融経済、国際情勢、ロジスティックス、IT技術等を考察、良質な軍事、管理、情報知識の提供を目標!

海洋戦略

すべて表示

海軍軍備管理論(31)

 ここから両国の領海における無害通航に関する見解が異なった。同協定第8条及び第2共同声明は、無害通航権の問題を除外しているようにみえた。そこで無害通航に関する問題点は、米国(国務省・国防総省海洋法代表)・ソ連(ユーリー・リバコフ外務省条約局長を含む。)間で行われた個別交渉で解決された。この交渉を通じてソ連代表は、無害通航権の問題を外交的に解決することを望んでいた。事実、リバコフは、過去2年以上にわたる問題解決の示しながら協調的な雰囲気で達成する二国間海洋法協議が最適で、それ自体問題解決に有用であり、満足すべき解決策を求め続ける最高の形式だると述べた。米国務省もリバコフの見解と同じであった。交渉は秋まで続き、領海通過に関する無害通航権に対して適用される国際法規則の相互に受け入れられる解釈を明らかにする共同声明を準備することができた。1989年すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

 井沢元彦『逆説の日本史24明治躍進編帝国憲法と日清開戦の謎』小学館、2018年、1,550円+税は、明治政府の骨格とも言うべき大日本帝国憲法制定の裏には、英国流の民権拡張を主張する大隈重信・福沢諭吉と、プロシア流の王権拡張を企てる伊藤博文・岩倉具視の熾烈な主小津権争いがあり、その陰で暗躍したのが、明治国家形成のグランドデザイナー井上毅であり、次いで朝鮮問題 ...すべて表示すべて表示

 18日英議会の委員会は、交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブックについて、フェイク(偽)ニュース拡散への対応を怠り、個人情報のプライバシーを侵害した「デジタルギャング」だと厳しく批判する報告書を発表した。  報告書は、IT企業各社と虚偽情報を巡り1年半にわたり行った調査の結果を108頁に纏めたものである。「フェイスブックのような企業には、自社が法に勝 ...すべて表示すべて表示

中国、海警局増強継続

2019/2/18(月) 午前 11:15

 中国の習近平指導部は、領有権を主張する尖閣諸島に関して態度を硬化させたままである。中国メディアが「第2海軍」と呼ぶ海警局の公船による尖閣諸島周辺での領海侵犯は今年も続いている。安倍晋三首相が昨年10月に北京を訪れ、習国家主席と「互いに脅威とならない」と確認したが、尖閣を巡る緊張は常態化したままである。  海上保安庁によると、11日海警局の4隻の船舶が尖閣 ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事