海洋戦略研究

軍事戦略、管理思想、情報、金融経済、国際情勢、ロジスティックス、IT技術等を考察、良質な軍事、管理、情報知識の提供を目標!

海洋戦略

すべて表示

海軍軍備管理論(18)

2 運用(operational)制限   軍事活動を規制することによって、危機的な状態を生じさせないことを期待する。   しかし、この措置を巧みに利用すれば、相手側の運用・行動を一方的に規制・せいげんすることができる。 (1)他国の艦艇等に対する行為を規制する措置    例:米ソ海上事故防止協定第3条(艦艇のとるべき措置)及び第4条(航空機のとるべき措置) (2)部隊展開を規制する措置(プレゼンス・演習の制限、海外基地への接近制限、兵力引き離しを含む。)    例:モントルー条約(1936年)第12条(潜水艦通航制限)及び第14条(通航兵力最大総トン数制限) (3)特定地域における特定兵器(核兵器等)を規制する措置    例:南太平洋非核地帯条約(1985年)第3条(核k爆発装置の放棄) (4)特定地域における軍事活動をすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

『日本のドン血と弾丸の抗争』

2018/11/16(金) 午後 2:11

 大下英治『日本のドン血と弾丸の抗争』さくら舎、2018年、1800円+税は、第1章で稲川会の稲川聖城が、右翼の大立者児玉誉士夫と手を組み、児玉の力の源泉になっていく様を描き、第2章で稲川会の石井隆匡あ経済ヤクザとなる様を描き、第3章で広島ヤクザの下克上を共政会の山田久会長を中心に描き、第4章で伝説のインテリヤクザ安藤組組長安藤昇を描き、第5章で山口組三代目 ...すべて表示すべて表示

米、2正面作戦敗北?

2018/11/16(金) 午後 1:18

 14日米議会の超党派の委員会は、米国の国家安全保障戦略と米軍は危機に直面しており、ロシアか中国と戦争になれば敗北する恐れがあると警告する報告書を発表した。  民主党と共和党の議会指導部経験者2人でつくる「国家防衛戦略委員会」は、米連邦議会の委託でドナルド・トランプ政権の「国家防衛戦略」(NDS)を調査していた。  トランプ政権は、ロシアや中国との「大国 ...すべて表示すべて表示

 14日ノルウェー政府の情報によれば、北大西洋条約機構(NATO)は、ノルウェーで先に実施した大規模演習でロシア軍が全地球測位システム(GPS)信号の妨害を図ったことを明らかにしたという。  同演習「トライデント・ジャンクチャー」は11日に終了した。冷戦終結後ではNATOとして最大規模の演習で兵員約5万人などが動員された。NATO非加盟のフィンランドやスウ ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事