海洋戦略研究

軍事戦略、管理思想、情報、金融経済、国際情勢、ロジスティックス、IT技術等を考察、良質な軍事、管理、情報知識の提供を目標!

海洋戦略

すべて表示

海軍軍備管理論(47)

(2)ソ連の立場   ア ゴルバチョフ・ソ連共産党書記長     1986年7月28日ウラジオストックで、次のように演説した。     ‖席人里砲ける海軍、特に核兵器を装備した艦船の活動を縮小することについての交渉開始を提案する。対潜兵器分野での競争の制限、特に太平洋の特定海域での対潜活動の抑制に関する合意は安定の強化に役立つだろう。それは本質的な信頼醸成措置になり得るだろう。    ◆_罅垢魯ぅ鵐浜里鯤刃唾和咾砲垢襪燭瓩慮鮠弔鮑導することに、相変わらず断固として賛成である。     ソ連は、極東地域での信頼醸成措置と武力不行使についての討議を実践面に移すべき時が、もうとうに来ていると考えている。比較的容易な措置、例えば、太平洋での海上交通の安全保障及び国際テロリズムの防止措置から、それを開始することができる。     つすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

ホルムズ海峡機雷

2019/6/16(日) 午前 8:37

 機雷を敷設しても、それは無差別攻撃となる。船舶を特定するためには、磁石付き機雷となる。   注:「兵頭二十八の放送形式」(2019年6月16日) http://sorceress.raindrop.jp/blog/2019/06/   「ホルムズ海峡、イラン米ドローンにミサイル攻撃か?」 http://blogs.yahoo.co.jp/hiromi ...すべて表示すべて表示

 13日中東オマーンワンでタンカー2隻が攻撃を受けた件で、米当局者は、攻撃の数時間前にイラン側が上空を飛ぶ米無人機を発見し、地対空ミサイルを発射したと述べた。ミサイルは無人機に命中せず海上に落下したという。  更に、同当局者は、米MQ−9無人機はこれに先立ち、イラン側がタンカーに接近する様子を観察していたとも述べた。ただ、無人機がイラン艇による実際の攻撃の ...すべて表示すべて表示

ホルムズ海峡、タンカー攻撃

2019/6/14(金) 午前 9:20

 13日午前6時45分ホルムズ海峡近くのオマーン湾で航行中のタンカーが2度に渡って攻撃を受けた。乗員21人は避難して無事である。  また、他のタンカー1隻も攻撃された他の情報もある。  安倍首相のイラン訪問中の出来事であり、政治的な狙いとの憶測もでている。  サウジ等は、イエメン・フーシ派の攻撃(ミサイル攻撃、タンカー攻撃、ドローン攻撃、巡航ミサイル攻 ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事