海洋戦略研究

軍事戦略、管理思想、情報、金融経済、国際情勢、ロジスティックス、IT技術等を考察、良質な軍事、管理、情報知識の提供を目標!

全体表示

[ リスト ]

 17日ボーイングは、新型機F−15SE(Silent Eagle)の試作機を発表した。
 F−15SEは、「第4世代」の戦闘機テクノロジーが投入されて再設計が行われたF−15Eの特徴に加えて、レーダー波吸収素材を使用、コンフォーマルタンク型のウェポンベイ(武器庫)、アビオニクスのデジタル化、ステルス性向上のためのVティル型垂直尾翼など「第5世代」の戦闘機テクノロジーを投入したものである。
 ボーイングでは、F−15SEは、従来機種に比べてレーダー反射率が大幅に低減、また、コンフォールタンク(CFT)型ウェポンベイの装備により主翼下に兵器の装着を行う必要がなくなり、戦闘攻撃任務においてもクリーン・ウィングを保つことができると述べている。
 そうかもしれないが、それではコンフォールタンクの燃料がないので航続距離が伸びないのではないだろうか。
 ボーイングは、CFTを胴体内兵器搭載用にするか、あるいは兵器を胴体外部に装着して燃料搭載量を最大化して航続距離を得るかは任務に応じて選択することが可能としている。
 ボーイングは、F−15SEのフロンタル・アスペクト・ステルス性能は輸出版のF−35と同性能だとも説明している。
 額面どおりであれば、コスト・パフォーマンス面では、F−22やF−35を上回る機体となる可能性もある。
 なんといっても、今から40年近く前に初飛行した第4世代の戦闘機が、最新のF−35のステルス性能と同じだとすれば、わざわざ高い費用を支払ってまでF−35を導入する必要性はなくなってしまう。
 ボーイングは、F−15SEを世界市場に輸出しようとしているが、F−35と同様のステルス性能となれば、米国政府の許可が必要となることから、容易に販売できないという声も上がっている。
 最も驚いているのは、F−35の導入を決定している諸国であろう。F−35と同等の性能で、しかも安いときている。
 ボーイングの戦闘機生産の生き残りを賭けたセールスである。
 ますます日本のFX選定も複雑になってきたようである。

註:「ボーイング、ステル性を向上させた『F−15SE』を発表」http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200903201740
  「F−15の新型機、F−15『ストライク・イーグル』のナゾ」http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200903201830
  「新たに国際市場向けコンフィギュレーションF−15戦闘機『F−15サイレントイーグル』を初公開」http://www.boeing.jp/ViewContent.do?id=43542&Year=2009&aContent=
  「F−15(戦闘機)」http://ja.wikipedia.org/wiki/F-15
  「F−15E(航空機)」http://ja.wikipedia.org/wiki/F-15E
  「米空軍F−22日豪輸出?」http://blogs.yahoo.co.jp/hiromichit1013/58742070.html
  「FX選定見直し」http://blogs.yahoo.co.jp/hiromichit1013/58084099.html

この記事に

閉じる コメント(14)

顔アイコン

元々大型で、スペースに余裕があるので、最新のテクノロジーを搭載しやすいから誕生したんでしょうね。

2009/3/21(土) 午後 1:21 ank*zu*d* 返信する

顔アイコン

ankozunda様、そうだと思います。拡張性に余裕があったのでしょう。

2009/3/21(土) 午後 1:24 [ hiromichit1013 ] 返信する

顔アイコン

これは、いわば「高機能なF−5」と認識するべきでは・・

まあ、値段の割には「性能的にお得」とも見えますが、兵頭二十八さん曰く「戦闘機は『値段=性能』で、『お得な戦闘機』は存在しない」らしいですし、一概に飛びつくのは・・

2009/3/21(土) 午後 2:19 [ tero19632001 ] 返信する

顔アイコン

F−15の保守的ゆえに高くまとめられた機体デザインや拡張性の高さこそ、ある種の先進性だったんだと今になって思います。
F−35自体はまだまだ不透明な部分が多いので単純比較は無理だけど

2009/3/21(土) 午後 2:21 [ きゅうり魔人 ] 返信する

顔アイコン

でも、零戦52型同様「改造が過ぎて、却って弱くなる」のは真っ平御免・・

2009/3/21(土) 午後 2:33 [ tero19632001 ] 返信する

顔アイコン

F-35と同等性能と言うのは、かなりコマーシャルトークも入っていると思います。もっともF-22の輸出が無いのなら、それなりのセールスバリューはあるの思います。もっともあくまで従来のF-15よりまし、その程度では・・・

2009/3/21(土) 午後 2:52 [ flingscottomomi ] 返信する

顔アイコン

F-35と同等は大げさだと思います。
フロンタル・アスペクト・ステルス性能のみ輸出版のF−35と同性能と言うことは従来の4.5世代機と同等であり、一方向に反射波を集中させるボウタイステルスの5世代機には敵わないと思います。
それなりに安いのは魅力ですね。

2009/3/21(土) 午後 4:59 [ あくび ] 返信する

顔アイコン

F-15は、今で空戦の能力だけなら第一級のものを持っています、「これでステルス性があれば・・・」のと冗談が本当になった感じです。ただコンフォーマルタンクのつなぎ目など従来もままの様な感じ、どこまでステルスがあるのかは疑問です。
もっとも、インド、台湾、イスラエル、韓国あたりは買うかもしれませんね。そして日本はどうでしょう・・・・。

2009/3/21(土) 午後 5:19 [ flingscottomomi ] 返信する

顔アイコン

ファントムの半没式みたいにミサイル搭載時の空力特性改善を狙ったのでしょうか。

アビオニクスも含め、タイフーンと同程度にはなるのかも知れませんが・・・ 削除

2009/3/21(土) 午後 5:42 [ ぬくぬく ] 返信する

顔アイコン

tero19632001様、そのとおりです。ヒョッとしてお買い得かもしれません。それ相応の性能で安ければです。

2009/3/21(土) 午後 5:47 [ hiromichit1013 ] 返信する

顔アイコン

きゅうり魔人様、それはそのとおりです。意外に安定して使いやすいかもしれません。

2009/3/21(土) 午後 5:50 [ hiromichit1013 ] 返信する

顔アイコン

Flingscottomoi様、そうかもしれません。F−22がダメで、F−35が入手困難となれば、要撃及び戦闘爆撃機としてF−15後のつなぎで導入し、その後、F−35の導入というのもあるかと思います。

2009/3/21(土) 午後 5:52 [ hiromichit1013 ] 返信する

顔アイコン

あくび様、それ相応の性能で安いのが魅力です。そうすれば品揃えができます。

2009/3/21(土) 午後 5:54 [ hiromichit1013 ] 返信する

顔アイコン

ぬくぬく様、CFTは空気抵抗を考えてのことでしょう。

2009/3/21(土) 午後 5:59 [ hiromichit1013 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事