海洋戦略研究

軍事戦略、管理思想、情報、金融経済、国際情勢、ロジスティックス、IT技術等を考察、良質な軍事、管理、情報知識の提供を目標!

全体表示

[ リスト ]

 米陸軍は、兵士の自殺や鬱病が増加していることを受けて兵士の感情適応能力を高める訓練プログラムを初めて導入する。
 特に外地で移動を続ける戦闘部隊は持続的なストレスに曝されることが多いため、ストレスが精神にダメージを与える前に対処できる能力を兵士に身に付けさせるプログラムを開発した。
 現役兵士に加え全ての予備役、州兵は、10月1日から、感情、精神、身体の状況をチェックする「耐性テスト」が義務付けられる。
 同プログラムの責任者ローンダ・コーナム准将によると、テスト回答は秘密扱いとされ、兵士の昇任などの影響することはない、一方、各兵士にはテスト結果が示され、これに応じたストレス耐性訓練を受けることになるという。
 米軍の自殺者は、2007年115人、2008年128人と増え、2009年前半だけで既に88人である。
 米軍は、自殺や鬱病を防止するため精神力を鍛えるプログラムを導入せざるを得なくなった。
 イラク・アフガニスタン戦争も6年を超え、撤退の目途も付いていない。これでは兵士の疲労損耗も続き、医療費も嵩むことになる。
 結果的に米軍の戦力も薄くなり、戦争経済も悪くなり、米国財政も赤字になる。

註:「米軍、米兵の精神力鍛えるプログラムを導入」http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2633713/4483729
  「フラッギング」http://blogs.yahoo.co.jp/hiromichit1013/59610327.html
  「外傷性脳損傷」http://blogs.yahoo.co.jp/hiromichit1013/58716910.html
  「米軍兵士自殺1月24人」http://blogs.yahoo.co.jp/hiromichit1013/58589738.html
  「戦場での心的外傷代替療法」http://blogs.yahoo.co.jp/hiromichit1013/57212466.html
  「抗欝剤を服用して闘う米兵士」http://blogs.yahoo.co.jp/hiromichit1013/57115806.html
  「世界を不幸にするアメリカの戦争経済」http://blogs.yahoo.co.jp/hiromichit1013/55930652.html

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

精神力以前に「やるべき事がある」と思うのは私だけでしょうか・・

最近、米国に「日中戦争のノリ」を感じるこのごろですね。日本も「補給・情報・核の傘・傭兵斡旋で『同盟履行』と見做す」とアメリカが言ってきた時、どうするのでしょうか?

2009/8/25(火) 午後 6:14 [ tero19632001 ] 返信する

顔アイコン

tero19632001様、米陸軍ができるのは対処療法です。上位のやるべきことをするのはオバマ大統領しかできないでしょう。

2009/8/25(火) 午後 6:47 [ hiromichit1013 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事