どっかいきたいな

夢のトワイライトエクスプレスに乗ってきました…

全体表示

[ リスト ]

 今回、私が乗ったトワイライトエクスプレスって、こんな列車なんです。それを今回は簡単にご紹介。

 トワイライトエクスプレスは全車寝台の寝台特急です。乗るためには、
1、乗る区間に応じた乗車券
2、乗る区間に応じた特急券
3、希望するクラスの寝台券
が必要です。ただの切符だけでは乗れませんので気をつけましょう。

 大阪と札幌の間を走っていて、日本海側の線路をひた走り、青函トンネルを抜けて、噴火湾ぞいを走ります。始発から終着までの所要時間は21時間〜22時間程度かかります。

 札幌行きの場合は、親不知のあたりで日没となり、翌朝噴火湾で日の出を見ることができます。列車名のトワイライトエクスプレスの由緒はここからとられてものだそうな。

 客室の種類は、全部で5種類あります。
一番豪華な A寝台2人用個室 スイート
1人用の個室では最上級の A寝台1人用個室 ロイヤル
1人から個室確保ができる B寝台1人用個室 シングルツイン
2人旅行ではぴったりな B寝台2人用個室 ツイン
グループ旅行や安い寝台料金魅力の B寝台

 好みに応じて、寝台をチョイスできます。が、寝台券の取得難易度はおおむね上から順番にやさしくなるように感じます。A寝台を狙う場合はかなり執念深く獲りに行かねばなりません。それはまさにハンティングといってもいいでしょう。

 共用の施設はこんなものがあります。
3号車 レストランカー ダイナープレヤデス
 車内のお食事やアルコールの販売を一手に引き受ける大切な場所です。車掌さん以外のクルー(客室乗務員・調理師)の基地ともいえる場所です。
4号車 サロンカー サロンデュノール
 日本海側に向けて、いすがいっぱいある車です。景色を楽しむのによいところです。
4号車 シャワースペース
 2部屋あります。3号車のダイナープレヤデスで予約してシャワーカードを買ったら使えます。
7号車 ミニサロン
 革張りのいすが4つありました。

 次からは、写真をいっぱい撮ってきたのでいろいろ詳しくご紹介していきます〜。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

うらやますぃです・・・( ̄∇ ̄;)

2008/2/13(水) 午後 9:25 [ うにょーん( ̄∇ ̄;) ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事