全体表示

[ リスト ]

鬼火焚きと七草粥

松の内さいごの日  ↓鬼火焚き
イメージ 1
              ↓七日正月の粥に入れる七草
イメージ 2

  師走の月にお宮さんの前の広場に建てた鬼火小屋。
  暗闇の早朝6時に点火。十分に枯れ上がった笹葉のついた竹は一気に燃え上がった。

  火の粉や灰を被り、今年の五穀豊穣、家業繁栄、無病息災、学業成就などを祈願する。
  今年もいい年でありますように。残り火で餅を焼き食べる。今朝は冷え込みも少ない。

  七日正月で七草粥。この山間地の里は七草の生産地で東京まで出荷されている。
  ダムの駅には鉢植えの七草が展示されていた。春の緑は胃にやさしいお粥さん。

  春の七草はゴギョウ、ナズナ、セリ、スズシロ、スズナ、ホトケノザ、ハコベラの七草。
  昨日はセリ御飯だったな。セリは近所で摘むことができる。

  今日はのんびり炬燵のお守り。婆さんの妹が、やっと閑ができたとやってきた。
  ぜんざい作ってお餅を焼いて。またまた2人でべちゃべちゃお喋り。爺は2階で爺タイム。


この記事に

閉じる コメント(6)

こんばんは!
芹ご飯ておいしそうですねぇ!
芹が詰めるなんていいですね。
芹を摘みに行って,確認のため図鑑とネットで調べてみたら,どうも鬼ゼリのようで,食べませんでした。

2018/1/7(日) 午後 7:13 ひろ(legcurl) 返信する

顔アイコン

七草粥ですね。 我が家は雑炊で。 おぜんざいも作りました。

2018/1/8(月) 午前 2:20 [ シニアライフ イン LA ] 返信する

鬼火焚き・・・こちらで言うとんどさんの事ですよね
新しい町内会役員の最初の仕事がとんどさんですが、お飾りをするお宅が少ないので直ぐに終わりそうです
お餅が焼けるほど灰が残りそうにありません(笑)
その灰を家の周りに振りまくと蛇が入って来ないとか・・・・・
だんだん正月の行事も省略されてゆきます。

2018/1/8(月) 午前 8:54 ままねこ 返信する

顔アイコン

ひろさん<セリご飯は春の味ですね。
この時季に毎年食べています。美味しいです。
七草粥も食べて、冬ごもりもあと少し。
雪が降るのも下旬頃かな。

2018/1/8(月) 午後 4:04 ひろ爺 返信する

顔アイコン

シニアライフインLAさん<お正月に食べ過ぎた胃に七草粥です。
雑炊もいいですね。茶碗一杯食べてもご飯にすればほんの少し。
胃にやさしいです。中国では朝食に雑炊メユーがありますね。

2018/1/8(月) 午後 4:10 ひろ爺 返信する

顔アイコン

ままねこさん<どんど焼きとか各地で行われていますね。
大きな竹小屋を焼きますから、餅を焼くには火種は十分です。
半焦げになった竹の先を三角形に折り曲げて家の門前に立て
魔除けとします。

2018/1/8(月) 午後 4:19 ひろ爺 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事