「長柄堂画廊」日誌 水彩画だらけの皐月

透明水彩画に魅入られて9年目。細密な表現からぼかしにじみまで幅広い技法を身に 付けようと東奔西走右往左往。

Rose Week

イメージ 1

夕方からの高校のクラス会に合わせ、山下公園のバラを見に行きました。
丁度Rose Week in Yokohama 開催中。

正に見頃で、バラ好きの観光客でいっぱい。

遠景に氷川丸を入れて横浜らしく描いてみました

この後同級生たちと港の見える丘公園に登り、イギリス館のバラ園を鑑賞し、

はみなとみらいでイタリアン

天気に恵まれた楽しい一日でした。

15000歩

開く コメント(0)

王者の復活

イメージ 1

先日のマスターズは凄かったですね。

正に神懸かり

プレーもドラマの展開も。  

想像を超えた能力。

スーパースター。

王者の復活です。

人物画の練習には最適の魅力的人物。

報道された写真を参考に描いてみました

開く コメント(0)

レンゲの庭

イメージ 1

昨日は青木先生のスケッチ講座で、遥々武蔵小金井の「江戸東京たてもの園」という所に行ってきました。

武蔵野の面影濃厚な広大な敷地に、放っておけば壊されてしまったであろう貴重な建造物が移築され、保存されています。

偉業ですね

これは元は信濃町にあったドイツ人の邸

ちょっと田園調布駅舎に似ています。

シロツメクサの群生が美しかったので描きました。

このシロツメクサって、関東では「レンゲ」といっていたはずなのに、いつからシロツメクサに?

ユーミンの「守ってあげたい」の歌詞でも「日暮れまで土手に座りレンゲを編んだ」とありますが。

開く コメント(0)

リクヴィル・ハウス

イメージ 1

皆様、新しい元号「令和」の時代も、引き続き宜しくお願いいたします。


先日、四谷の「美術愛住館」というギャラリーにAndrew Wyeth展を観に行きました。

ここはあの故堺屋太一さんの住居だった建物です。

なんと便利な場所に立つ、豪邸!

草に覆われた丘に建つオルソン・ハウスの数々の描写

寂寥、寂寞、荒寥、没落、孤独、その他。

どこかで似たような家を見たな、という記憶を辿ってみると、一昨年訪れたアルザスのリクヴィルの村外の一軒家。

似たような家がありました。

しかし寂寞感は漂いませんでした。

開く コメント(0)

石神井公園

イメージ 1

スケッチ同好会の月例会で電車を乗り継ぎ、石神井公園に行って来ました。

固定観念で、新宿ー池袋ー西武電車と思い込んでいましたが、なんと!今では元町・中華街と所沢が乗り換えなしでつながっているではありませんか

これには驚きました。

いったいどこをどう通ったらつながるのか。今度よく調べてみます。

公園は、昔の豊嶋氏の居城跡で、武蔵野の豊かな水と緑に囲まれた長閑な所でした。

魚つり禁止!と大きく看板が出てるのに、かなり大勢のオッチャンたちが釣り糸を垂らしていました。

これはいったいどういう事?

モラルの崩壊?

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事