ピーノ! ピーノ! まっちゃんの本“松”転倒記

インディ開幕!ブログも復活! Yahooブログのラストスパート!

全体表示

[ リスト ]

やっぱり‥‥。

今日、トヨタが今年限りでF1から撤退すると記者会見を開いて発表しました。
おそらくみなさんも山科代表の男泣きを、TV画面を通してご覧になったんではないでしょうか?

F1撤退に至った理由や今後の方針などに関しては、おそらくいろんなメディアで報じられるので、
あえてここで書く必要もないでしょう。

ならば、現場主義のまっちゃんならではの視点で‥‥。

まずは、TMGやトヨタで今までF1に携わって来られたみなさん。8年間おつかれさまでした。
勝てずに去る辛さを、お察しします。
許されるならいつまでもF1で戦っていたかったはず。
悲願の1勝への思いが、世界的な経済不況に屈してしまったと思いたくはありませんが、
戦う場にいなければ、それは永遠に叶わないものになってしまうわけですから。
おそらくは突然にその結論を聞かされたと思いますが、山科代表以上に涙された方もいるかもしれません。

ちょっと勘ぐった見方をしてしまうと、アブダビで可夢偉選手があれだけの好走をし、
来年に向けてがんばるぞ〜という上昇気流を掴んでいたのに、今日撤退を発表したということは、
アブダビのレース前に上層部の中では撤退が決まっていたのではないでしょうか?

ということは、トヨタの中にアブダビが最後のレースとわかっていた人と、
わかっていなかったという人がいたことになりますね。

意見はいろいろあるのでしょうけど、出来たのならF1の現場で働くすべての人たちに、
今日が最後のレースだと伝えてアブダビを戦って欲しかった。そう思うのです。

なぜなら、僕がすがすがしくレースを終えたBMWのスタッフの笑顔と涙を見たからです。
「ありがとう! また会おうな! 新しい所でもがんばれよ!」 とシャンペンとビールを片手にレース後に語りあっていた彼らには、終わって悔いなし! というように思えたのです。

ですが、トヨタのスタッフにはそれが出来なかった。むしろ来年への大きな期待を抱えたまま、
今日の撤退という結果を聞かされた。それはわれわれの想像以上に残念だった事でしょう。

山科代表の男泣きにすべてが映っているように思いました。
しかし最終戦の形がどうだったであれ、もう結論が覆ることはないのです。

トヨタのみなさん、本当におつかれさまでした。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ん〜悔しかったんでしょうね・・・山科代表。

トヨタアレルギーの私も思わず「ほろり」と来ました。

2009/11/5(木) 午前 5:51 [ ジェット ラグ ]

顔アイコン

toyotaってつくづくそんな企業だと思います、人を人と思わない。
だから屈指の大企業なんでしょうけど。。
私のアレルギーも治まりそうです!
現場のみなさま、オツカレサマでした。

2009/11/5(木) 午前 8:38 [ - ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事