京都を感じる日々★マイナー観光名所、史跡案内Part1

写真容量の関係で、過去の記事をかなり削除していますが、よろしくお願いします。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

先日、「二十五菩薩お練り供養法要」が、京都市東山区にある泉涌寺の塔頭の即成院で行われました。


この行事は、毎年10月の第3日曜日に行われるのですが、普段は静かな即成院の境内に多くの参拝者が集まり賑わいました。


この法要は、即成院の本堂を極楽浄土、地蔵堂を現世に見立てて、長さ50メートル、高さ2メートルの極楽に掛かる雲を想定した橋を掛けて、地蔵菩薩を先頭に、金色の菩薩面と金襴の装束を身に付けた二十五の菩薩が、練り歩く行事です。


阿弥陀如来の来迎によって極楽浄土へ導かれる様子を絵巻物のように現実に再現したもので、尺八の御師匠を先頭に、行者衆、お稚児衆、ご詠歌衆、僧侶等が極楽浄土の本堂と現世の地蔵堂の間を3度ほど往復し、御本尊に献花や献供御供えします。そして、最後に二十五菩薩が登場します。


次回にもう少しだけ続けます。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事