京都を感じる日々★マイナー観光名所、史跡案内Part1

写真容量の関係で、過去の記事をかなり削除していますが、よろしくお願いします。

全体表示

[ リスト ]

三宝寺

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

右京区鳴滝松本町にある三宝寺(三寶寺)は、鳴滝方面では了徳寺と並んで知名度の高いお寺のようです。観光名所というより信仰の寺ですが、観光ガイド本で採りあげられる場合もあって注目したいお寺です。



三宝寺(三寶寺)は正式には、金映山妙護国院三宝寺と号する日蓮宗の寺院です。
寛永五年(1628 寛永六年とも)、右大臣菊亭(今出川)経季と中納言今城(中山冷泉)為尚が、後水尾天皇の内旨により、中正院日護上人を開山に迎え創建し、山号は後水尾天皇より賜わったと伝えられます。以降両家の菩提寺として栄え、最盛期には境内塔頭13を数えたと言うことです。また貴族や文化人の信仰を集め、茶道千家・千宗旦門下の四天王のひとり山田宗徧も塔頭の涼池院に住んで茶道の研究に努めたと言うことです。
その後、幕末維新の激動や東京遷都により公家等が京都を離れ東上した事等によって、保護者を失い一時衰退荒廃しますが、昭和四年(1929)、昭和天皇の即位式の建物を下賜されて移築し本堂とし、妙見堂や大黒堂を改築・再建して現在に至っています。





さて、山門を入ると、中央に本堂・方丈・庫裏等が並び、右手から石段が千体佛釈迦堂、大黒堂、妙見堂等へと続いています。
境内正面の本堂は、昭和五十六年(1981)、宗祖日蓮上人七百遠忌の際に増改築等の大修理を加えたもので、開山日護上人の作と伝えられる釈迦如来像をはじめ、日蓮、日朗、日像三上人の御真骨を奉安し、多宝如来・日蓮大聖人・子育鬼子母神等も祀ります。

石段を登ると、鐘楼(「忍辱の鐘」と呼ばれます・・・本山本法寺の開山で、将軍足利義教から迫害を受けたことで知られる「鍋かむり」日親上人の作で、三世日逞上人の代に、本法寺より譲り受けた鐘です。)を経て、昭和五十九年(1984)に再建された千体佛釈迦堂に至ります。
この釈迦堂には、日護上人の作と伝えられる半丈六尺の釈迦如来坐像が安置され(写真)、周囲に三寸立像の釈迦一千体が祀られています。「世継ぎの釈迦佛」と呼ばれ、子授けの仏様として信仰されているようです。
さらに石段を登ると、三十番神堂(日本の代表的な三十神を祀る)や最上稲荷殿(大黒天福寿尊の眷属として稲荷神を祀る)(写真)を経て大黒堂に至ります。
平成七年に再建された大黒堂には、三面大黒福寿天祀ります。伝教大師最澄作と伝えられる仏像で、秘仏として60年に一度、甲子の年に開帳されるそうです。

石段を登りつめると奥の院になる、昭和四十七年(1972)再建の妙見堂があります。
前に少し書きましたが、「洛陽十二支妙見」の「鳴滝の妙見宮」「戌の妙見様」として知られます。堂内には開山日護上人の作と伝わる北辰妙見大菩薩を祀り、開運厄除け、方除け等の神として信仰を集め、又願が叶うところから「満願妙見宮」とも呼ばれていると言うことです。特に戌歳生まれの人の守護神として、犬が子を多く生み安産に通じるところから安産祈願所としても有名で、近くには「子宝犬」の石像も置かれています(写真)

また妙見堂のすぐ下には、「縁結びの塔」があります。(写真)
これは、豊臣秀頼、淀君、国松丸の供養塔ですが、いつしかこの塔を撫でて願えば、良縁を得られると信仰されてきました。三宝寺の開祖・菊亭経季の夫人・古奈姫が秀吉の側室淀君の姪(古奈姫の養母常高院は淀君の妹)に当たるところから、この供養塔は古奈姫が建てたと考えられているようです。





また、参道を外れ、山道を進むと、茶道宗偏流の流祖山田宗偏(1627〜1708)が若き日、塔頭「凉池院」に住し茶室「四方庵」を建てていた跡地に十世山田宗偏家元によって記念碑が建てられています。(写真)山田宗偏は、後年江戸に入り赤穂義士の大高源吾に吉良邸の茶会の日を教え討ち入りを助けたことで有名な人物です。また、山田宗偏を顕彰して建てられた茶室「松宝庵」があります。

その他、境内墓地には仁孝天皇皇子・寂光院の墓(写真)や菊亭(今出川)家、今城(中山冷泉)家の墓等があります。また、宝暦年間(1751〜63)に京都御苑内の旧今出川邸より移植した「車返しの桜」があります。美しさのあまりに天皇が車を返したと言われる名桜で、円山公園の枝垂れ桜と姉妹の名桜と言うことです。また境内中心にある楊梅(やまもも)も樹齢七百年の古木として注目されます。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事