京都を感じる日々★マイナー観光名所、史跡案内Part1

写真容量の関係で、過去の記事をかなり削除していますが、よろしくお願いします。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

土御門家ゆかりの史跡が続きますが、下京区梅小路石橋町にある稲住神社(いなずみじんじゃ)は、土御門家の祖といわれる安倍晴明を祭神とする神社です。

境内にある駒札によると、この神社のある付近は、明治以前には池がある広場だったということで、農家が稲束を積んでいたことから、「稲積社」と呼ばれ、これが転じて「稲住神社」という社名となったようです。神社の創建由来については不明で、元々江戸時代から土御門家屋敷内に安倍晴明を祀っていたものか、土御門家の屋敷跡だからと後に安倍晴明を祀るようになったのかも判明しません。


ともかく、前回の梅林寺の時に詳しく書きましたが、この梅小路(梅小路八条)一帯は、平安時代以来、陰陽道を以って朝廷に仕えた土御門家の邸宅があった地域でした。駒札を引用すると、その屋敷は一町(約百十メートル)四方あって、北部が住居、 南部が祭場となっていました。そして、この祭場には、祭壇や本宮、権殿その他の建物があり、 代々の天皇の即位に当っては、聖寿の長久を祈る天曹地府祭を行なったということです。
また、貞亨元年(1684)に、貞亨暦を作って幕府の天文方となった渋川春海(しぶかわはるみ しぶかわしゅんかい)は、暦を完成させる際に、陰陽頭だった土御門泰福(つちみかどやすとみ)に協力を求めて、共にこの地に星台を建て渾天儀で天体を観測してその正確を証明した場所でもあるということです。


境内には奥に本社、手前に魔王尊社があります。本社には安倍晴明の他にも、龍王や弁財天、薬一大明神等を合祀しているようです。また、木の根をご神体とした魔王尊社が境内中央に斜めに鎮座しているのが特徴的で、一見、小屋か何かが無造作に配置されているような印象もあります。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

この日記には直接関係ありませんが、私の興味のある地下についてコメントいたします。

藤原氏や村上源氏とは違って、
安倍氏の中で明治維新時に堂上家として残った家は宗家の土御門家と倉橋家の2家しかありませんが、
おそらくこのほかにも多くの安倍氏傍流が地下として明治を迎えることになったものと思います。
京都には公卿、堂上に関する史跡、観光名所は五万とあるのですが、
地下、地下官人、官家士族といった、公家でも身分の低い家々に関連する場所を見つけたいと思いつつ、
今までなかなかこれぞといったものを発見したことがありません。

2008/9/20(土) 午後 9:13 [ hig*_p*ste2*00 ]

安倍氏傍流の歴史というのも面白いですね。本流の土御門家の資料は明治以降は宮内庁にまとめて献上されたそうですが、より下流では、陰陽道の衰退により、多くの資料が散逸して失われてしまったことが惜しまれます。現在では民間宗教など一体化して影響を残しているものもあるでしょうが、その史跡となると個人宅に密かに受け継がれているレベルかもしれませんね・・資料等は古書市場に出てくることもあるかもしれませんが。

2008/9/30(火) 午後 6:00 [ hir**i1600 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事