京都を感じる日々★マイナー観光名所、史跡案内Part1

写真容量の関係で、過去の記事をかなり削除していますが、よろしくお願いします。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

下京区七条御前上る西七条北東野町にある小さな天満宮が綱敷行衛天満宮(つなしきゆきえてんまんぐう)です。「つなしきゆきえ」とは発音し難いので、一般に「つなしきいくえい」とも呼ばれているようです。

綱敷行衛天満宮は、元々綱敷天満宮と行衛天満宮というこの西七条村に祀られていた二つの天満宮でした。綱敷天満宮は現在地付近に、行衛天満宮はさらに西に鎮座していて、共に洛陽天満宮二十五社の一つに数えられていたようです。その後、昭和九年(1934)に、この二つの天満宮は合併され現在地に鎮座することになりました。

綱敷天満宮は、京都以外にも西日本各地にも鎮座している天満宮で、以下のような伝説に由来する天満宮です・・・菅原道真が九州筑紫(福岡県)に左遷され博多に上陸した際、激しい風雨に遭って避難しましたが、土地の者たちは敷物が無いために船の綱を巻いて円座を作って道真の御座としたということです。
また、この時に、一夜にして道真の髪が白髪になったとも伝えられ、道真は白髪姿の自身の姿を写した画像(綱敷天神像、一夜白髪の御影といわれます)にしました。そしてこの神像を祀ったことから綱敷天満宮の名が付けられたと伝えられます。

一方、近衛天満宮は、元々は「靱負(ゆきえ)天満宮」が正しいとされ、平安京の右京を南北に通る「西靱負小路」に面していたことから、社名となったと考えられています。西靱負小路は、別名「猪隅通」とも呼ばれ、北野天満宮の南門から南区の唐橋を経て、吉祥院天満宮に通じる道で、道真はこの道を通って吉祥院へ向ったということです。
また、近衛天満宮は、前にブログに採り上げた文子天満宮(下京区間之町通花屋町下る天神町)の伝承とは異なりますが、道真の乳母と伝えられる多治比文子の旧宅がこの西七条にあったことから、その跡地に創祀されたとも伝えられているようです。

尚、綱敷行衛天満宮は、現在は松尾大社の境外末社ということです。また、現在の本殿は寛政年間(1789〜1801)の建立で、その保護のために本殿覆屋が昭和九年(1934)に建てられ、その後、平成十六年(2004)に修復されています。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事