京都を感じる日々★マイナー観光名所、史跡案内Part1

写真容量の関係で、過去の記事をかなり削除していますが、よろしくお願いします。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

阪急電鉄西院駅から西へ約一キロ、右京区西院日照町にある西院・野々宮神社は、「西四条斎宮(にししじょうさいぐう)」とも称する神社です。

西院という地域は、西院・春日神社(西院春日町、阪急電鉄西院駅の西)を除けば有名な史跡の少ない地域で、さらに西の梅津や西京極と共に「京都の郊外」といった雰囲気があります。この神社の周囲にも、自動車教習所や中学校、変電所、集合住宅等がありますが、木々に囲まれた神社の境内に入ると、周囲の喧騒を忘れさせる静けさが漂っています。
また、野々宮神社は、江戸時代から西院・春日神社の御旅所となっていて、十月第二日曜日に行われる春日神社の春日際では、神輿二基が千人もの供奉を従えて渡御し、この地で祭典が営まれます。(野々宮神社のHPを引用させていただきます。)


さて、野々宮神社の祭神は、倭姫命(やまとひめのみこと)と布勢内親王(ふせないしんのう)のニ女神で、共に天皇の代理として伊勢神宮に仕える斎王となりました・・倭姫命は、第十一代・垂仁天皇の皇女で、伊勢神宮を創建したという伝説的な皇女として知られます。また、布勢内親王は、第五十代・桓武天皇の皇女で、平安時代としては初めて伊勢へ下った斎王になります。


神社の創建時期は不明ですが、元々この地は、平安時代に伊勢神宮の斎王に選ばれた皇女が、伊勢へ下向するまでの間、心身を清めるための潔斎所「野宮(野々宮)」が築かれた聖地で、各地に残る「野宮(野々宮)」の名称はこの地が発祥ともいわれています。
桓武天皇の皇女で斎王となった布勢内親王を祀るように、平安時代最初の「野宮(野々宮)」があった由緒ある場所ということのようです。


「野宮(野々宮)」の場所は、天皇の即位毎に定められていたために、京都にも嵯峨野周辺に幾つかの跡地とされる神社があります。
最も有名なものとしては、嵐山にある観光地として知られる野宮神社(右京区嵯峨野宮町)が思い浮かびます。この野宮神社の地は、第五十三代・嵯峨天皇の皇女仁子内親王を最初として「野宮(野々宮)」として用いられたと伝えられています。
また、同じく嵯峨野にある斎宮神社(右京区嵯峨宮ノ元町)、斎明神社(神明神社、右京区嵯峨柳田町)も野宮跡といわれ、これらの三つの神社は黒木の鳥居(白木もありますが)が印象的です。


一方、西院・野々宮神社のHPによると、この野々宮神社は、現存する「野宮(野々宮)」跡の中で最もその風情を留めているということです。
確かに、黒木の鳥居は無いとはいえ、他の「野宮(野々宮)」ゆかりの神社のある嵯峨野とは違って訪れる人はほとんどいません。このような末社や社務所も無い、木々に覆われた広い静かな空間が、本来の禊の場「野宮(野々宮)」のイメージに近いものなのかもしれません。


さて、平安時代以後、この「野宮(野々宮)」の地は、倭姫命と布勢内親王を祀る神社となり、その後、皇室や公家から庶民にいたるまで広く崇敬を集めたと伝えられます。また、古くは機織の守護神として織女の信仰が厚く、その後は、ニ女神の徳の偲んで広く女性の守護神として崇敬を集めているということです。
そして、江戸時代以降は、西院・春日神社の御旅所とされ、毎年十月の春日神社の祭典には、天皇の勅使をはじめ多くの公家が参列したといわれ、現在も十月第二日曜日の春日祭では、春日神社宮司斎主のもとに祭典が営まれています。 また、現在の社殿は、安永四年(1774)十一月二十八日に、後桃園天皇より宮中・賢所を拝領して造営されたものということです。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ご参拝になり、野々宮大神様の御神徳によりますますのご安寧を祈りあげます。遅くなりましたが、ご参拝に際してご挨拶まで。
西四條斎宮 西院野々宮神社
西院春日神社

2009/5/22(金) 午前 0:29 西院春日さん

西院春日神社様、態々拙いブログをご訪問いただきまして、ありがとうございます。また、西院を訪れる機会がありましたら参拝に寄らせていただきます

2009/5/22(金) 午後 1:20 [ hir**i1600 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事