京都を感じる日々★マイナー観光名所、史跡案内Part1

写真容量の関係で、過去の記事をかなり削除していますが、よろしくお願いします。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

京都市西京区の大枝という地域は、中国地方から丹波を経て京都に繋がる旧山陰道(国道9号線)沿いにあり、自動車の往来の多い9号線沿いには飲食店を中心とする数多い商業施設が立ち並んでいます。
有名な神社仏閣を中心とした京都観光ガイドでは、京都市内への通過点的な扱いで、ほとんど登場しない地域ですが、幾つかの興味深い史跡も点在しています。
今回はこの大枝地域から兒子神社(ちごじんじゃ)を採り上げます。


兒子神社は小さな神社ですが、参道は真っ直ぐに伸び、境内は背後のなだらかな山に溶け込んで広がっています。また、周辺には多くの花木や楓が植えられていて、季節ごとの花を楽しめます。この地区の神社の中では開放感がある親しみやすい印象の神社です。


さて、京都市西京区大枝塚原町、旧山陰道(国道9号線)の北側の山沿いにある兒子神社(ちごじんじゃ)は、境内の案内板によると、祭神は兒子大國御魂神で、聖徳太子の幼時の像が祀られているところから、兒子神社と呼ばれているということです。
創建時期等は不明ですが、寛文十一年(1671)の「境内七反五畝十歩、境内に四末社あり」との古記録があることから、少なくとも江戸時代前期に遡ると考えられています。その後、明治六年(1873)に村社となっています。

また、平安時代の延喜式の「乙訓郡十九座(大五座・小十四座)」の一つ、「乙訓郡茨田神社」に比定する説があり、大枝の古名の「宇波多(うわた)」と「茨田(うわた)」が同音であることを根拠としていますが、実際は不明です。また、西にある大枝神社(大枝沓掛町)の由緒書によると、元々は大枝神社も聖徳太子の幼児像を祀っていたとされ、両社が深い関係にあったことが伺えます。

境内には、稲荷神社、猿田彦神社、聖社、水神社・山神社が点在し、区民の誇りの木に選ばれているクスノキ、ツブラジイの大木もあります。また、五月中旬には例祭(子供神輿神幸祭)が行われます。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事